• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「働かなくてもカネがもらえる」から働くんです

「労働の奴隷」からの脱却を、ベーシックインカムを考える

2018年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

身寄りのない高齢者などが住んでいた「そしあるハイム」(札幌市)で火災が発生し、11人が死亡した(写真:共同通信社)

 「豊かになる」とはどういうことなのか。
 ここ数日報じられた様々なニュースを見て、分からなくなった。一体どういうときに「豊か」という言葉を使えばいいのだろう。

 1月31日の夜、札幌市の生活困窮者らの自立支援住宅「そしあるハイム」で起きた火災で、11人が死亡した。大半が生活保護の受給者で、身寄りのない高齢者らが暮らす「最後のとりで」だった。施設の運営会社によれば、「金銭的な余裕がなく、スプリンクラーを付けられなかった」とのこと。

 亡くなった女性(82)は年金が少なく、生活保護を申請していたが、自分の趣味をいかして小物入れや置物のようなものを作り、生活の足しにしていたそうだ。

 痛ましいというか、切ないというか、なんだか悲しすぎて。気の利いた言葉が思いつかない。

 一方、2月7日には、「実質賃金指数が前年を0.2%下回り、2年ぶりに低下」と報じられた。

 名目賃金に当たる現金給与総額(パートを含む)は4年連続で増加したにもかかわらず、だ(月平均額は31万6907円 前年比0.4%)。厚生労働省によれば「賃金の上昇がエネルギー価格の高騰など、物価上昇に追いついていない」のが原因というけど、どうも腑に落ちない。だって景気は拡大しているのだ。

 内閣府が発表した2017年12月の景気動向指数は、それまで最高だったバブル経済期の1990年10月(120.6)を上回り、1985年以降で最高を記録している。

 「一致指数は生産や出荷など製造業を中心とした企業活動の好調ぶりを反映しやすい。主要国が軒並みプラス成長する“グレートモデレーション(大いなる安定)”の下、企業の視点から見た景気回復は、バブル経済期並みの強さになったともいえる」(by 大和総研の長内智シニアエコノミスト)。

 強さ?
 強さってナニ??
 経済は門外漢なので戯言かもしれないけれど、日本の企業の多くは、ただ単に賃金を削って、利益を出す経営しかしてない、ってことなんじゃないのか?

 また、これは私の周りで起きた小さなニュースだが、契約社員で働いていた女性が妊娠したことで派遣会社から依願退職させられた。
 女性は妊娠が分かったとき、派遣先企業の上司に相談したところ「産休・育休をとっていい。正社員もそうしているのだから問題ない」と言われ、安心したそうだ。

 ところが、妊娠していることが派遣元に伝わると、「ゆっくり子育てに専念したほうがいいのでは?」と、依願退職を迫られたという。

コメント48件コメント/レビュー

BIは弱者切り捨てのシステムですよ。今は金持ちから多くとり、少ない弱い人に渡すから、多額のお金を渡せる。
金持ちも貧乏人にも同額渡したらみんなに少額しか渡せない。当たり前の話です。
BI論者は小さな政府、手間が減る等々言うでしょうが、収入把握を止めて直接税を廃止しますか?そこまで行けば手間は減るでしょう。
それは金持ちも貧乏人も少額渡されてあとは福祉もなく放り出される世界です。
大病をしたら貧乏人には死んでくれという世界です、米国がそうですが。(2018/02/13 19:15)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「働かなくてもカネがもらえる」から働くんです」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

BIは弱者切り捨てのシステムですよ。今は金持ちから多くとり、少ない弱い人に渡すから、多額のお金を渡せる。
金持ちも貧乏人にも同額渡したらみんなに少額しか渡せない。当たり前の話です。
BI論者は小さな政府、手間が減る等々言うでしょうが、収入把握を止めて直接税を廃止しますか?そこまで行けば手間は減るでしょう。
それは金持ちも貧乏人も少額渡されてあとは福祉もなく放り出される世界です。
大病をしたら貧乏人には死んでくれという世界です、米国がそうですが。(2018/02/13 19:15)

ベーシックインカム(BI)の話題が出ると、「財源が無い」ことを理由に否定する人がいます。BIの財源が基本的に公務員制度解体であることを説明したほうがよいかもしれません。つまり、BIにより、人を区別してお金を誰にいくら支給するか決めたり、条件を満たし続けているか監視したりする仕事が一切不要になるので、そういう仕事をしていた公務員の給与がBIの財源になるわけです。
私は、特に、働く/学ぶ意欲が逆に増す点でBIの制度に大賛成ですが、実現は不可能だろうなあと感じており、その理由は、全力で抵抗するであろう公務員側こそが、BI導入の可否を決める立場にあるからです。(2018/02/13 18:56)

今の生活保護って0か100かであまりにも極端だと思うので、間を埋めるものとしてBIを入れてみたらいいのではと思います。とりあえずBIで50、自分で稼げる人はそこに上積みしていけばいい。働いたり出来ない人は足りない分を生活保護としてもらう、そんなイメージです。(2018/02/13 16:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問