• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

灰色の“自己啓発残業”へ誘う「過剰適応」の罠

暗黙の指示によるグレーな労働が意識の高い若手を追い込む

2017年2月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年12月。23歳の新人看護師が亡くなった。
 遺体で発見された一人暮らしのアパートには、遺書が残されていた。

「自分が大嫌いで、何を考えて、何をしたいのか、何ができるのかわからなくて。苦しくて、誰に助けを求めればいいのか、助けてもらえるのか、全然わからなくて。考えなくていいと思ったら、幸せになりました。甘ったれでごめんなさい」

 その2日前。夜勤を終えた彼女は、
「11月30日。看護師向いてないのかもー。あー自分消えればいいのに、なんてねー」
と、SNSでつぶやいていたという。

 彼女はなぜ、死を選ばなければならなかったのか――。

 母親は「娘が自殺したのは長時間労働などで、うつ病を発症したことが原因」だとして、勤務先病院の運営主体であった国を提訴。

 その初弁論が、2017年2月3日札幌地方裁判所で開かれ、「帰宅後の、娘の自宅での仕事は一切、時間外として考慮されていない」とする原告(母親)に対し、国側は答弁書で請求を退けるよう求め、争う姿勢を示した。つまり「労災は認められない」と主張したのだ。

 看護師の女性は2012年4月からKKR札幌医療センターに勤務していたそうだ。その翌月の5月の時間外労働は、約91時間。

 5月13日にはLINEで、「この前の初めての夜勤で、事故起こしたんだよね。全盲の患者さんの薬の量、間違ったんだ。それがもう、とどめって感じで」とのやりとりを、友人との間でしていたことが確認されている。

 6月以降も“時間外”は続き、6月は85時間、7月は73時間、8月は85時間で、9月は70時間、10月は69時間、11月は65時間。この中には夜勤も含まれている。

 さらに彼女は帰宅後も、業務に不可欠な知識をフォローアップするため毎晩毎晩、机に向い続け、睡眠時間は2、3時間程度だった。

 作成が毎日義務付けられていた、先輩看護師との間の記録には「なんでその処置が必要か、根拠について確認してください」「知らない時は調べる」といった記述も残されており、彼女が“ひとりの看護師”として、きちんとした仕事をするために寝る間を惜しんで勉強していたことをうかがい知ることができる。

 つまり、今回の裁判のポイントは、時間外労働の長さに加え、仕事に必要な知識を補うための「自宅での仕事」をどう捉えるのか――というのが一つ。また、先の勤務には夜勤も含まれているので、心身に負担がかかる夜勤の捉え方もポイントとなる。

コメント36件コメント/レビュー

自殺の話題がメディアで取り上げられるたびに、どうして日本人はこうも自殺に肯定的・自殺者に対して批判的なのだろうと思う。昔からの文化・考え方、というが、それは「病んでいる」と思う。確かに個人が何を考え、どうしようが自由であるといえるが、何かがきっかけで「病んでしまっている」としたら、治したい、改善したいと思うのがいわゆる一般的な人間としての考え方だと私は思っている。

自殺は周りの人をも悲しめる。自分ひとりが良いと思っていても、誰かが悲しむと信じている。そのことをわかってほしい。

ちなみに私は米国の大学病院で看護師として働いた経験があるが、持ち帰り残業はなかった。新しいことがあれば、勤務時間中に勉強会があったし、いつでもだれにでも相談できる環境にあった。そういった労働環境を日本でぜひ実現して欲しいと思う。(2017/05/12 18:20)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「灰色の“自己啓発残業”へ誘う「過剰適応」の罠」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自殺の話題がメディアで取り上げられるたびに、どうして日本人はこうも自殺に肯定的・自殺者に対して批判的なのだろうと思う。昔からの文化・考え方、というが、それは「病んでいる」と思う。確かに個人が何を考え、どうしようが自由であるといえるが、何かがきっかけで「病んでしまっている」としたら、治したい、改善したいと思うのがいわゆる一般的な人間としての考え方だと私は思っている。

自殺は周りの人をも悲しめる。自分ひとりが良いと思っていても、誰かが悲しむと信じている。そのことをわかってほしい。

ちなみに私は米国の大学病院で看護師として働いた経験があるが、持ち帰り残業はなかった。新しいことがあれば、勤務時間中に勉強会があったし、いつでもだれにでも相談できる環境にあった。そういった労働環境を日本でぜひ実現して欲しいと思う。(2017/05/12 18:20)

亡くなった方に鞭を打つようで心苦しいが、不特定多数に拡散しかねないLINEで友人相手に仕事のミスを愚痴る行為自体、下手をすると損害賠償の減額理由になりかねないと思いますが…。
医療従事者だけがアクセスできる掲示板というものが存在したと思いますが、そういう所でこういう注意が必要だよとお互い励まし合うならまだしも、患者の個人名さえ特定されかねないような情報漏洩行為は真剣に勘弁してほしい。つながりたい世代だか何だか知りませんが、医療従事者なら患者のプライバシーを遵守することは最初に厳しく教えられるはずです。(2017/02/18 14:47)

【 もし、雨が降ってきても、 ・足りない知識を補うサポート体制が現場にあったり、・ ・ ・ ・ ・ ・ ・趣味を持てる余裕がある生活をできたり、etc、etc…】
これら、『現場の善き事』は多くの会社が『利益最優先』の掛け声のもとに『現場の無駄』として廃止し、架空利益として配当に変えてしまいました。
また、『本当の付加価値』も生み出せなくなってしまった企業でありながら従業者の給与は向上させなくてはならない大企業構造が『弱い者』から【傘】を奪ってしまう大きな一因となっているのではないでしょうか。
どなたかが書いていましたが、強欲な株主達と経営者を初めとした大多数の穀潰しが、有能で誠実な人間をすり減らしているのが今の日本。
決裁者が既得権を振り回して現場を破壊する事を停止して、改めて仕事・利益のシェア状況を改善すれば活力ある現場が蘇る可能性があるのではないでしょうか。(2017/02/15 23:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長