• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学 クラッシャー上司、口癖は「お前のため」

レビュー

とても参考になった
 

62%

まあ参考になった
 

24%

参考にならなかった
 

12%

ぜひ読むべき
 

62%

読んだほうがよい
 

16%

どちらでもよい
 

21%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

河合様の、福島被災地支援の実例で、他の地域の人たちと比べるようなコメントを控えた方が良いと言った地元の方の意見は、言われるまで気づかなかったと思います。他人の気持ちは本当には理解できない事例ですね。かと言って、何もしない方がもっと良くないでしょう。互いの思いや意見を自由に言える環境づくりがとっても大事だと感じました。(2017/03/26 17:15)

いつも連載を楽しく拝見していますが、河合さんはナビゲートも上手いですね。
博士としての議論もできる。河合批判をやりがいにしてる輩は、今回はコメントできないでしょう。
こりゃ、かなわんな、ってね。次回も楽しみにしています。(2017/03/22 12:31)

A:松崎氏の部下教育  B:被災者への支援  C:夫婦間の関係、これらを一括りにして【共感性】を論じては混乱を招くでしょう。
・部下・被災者・妻(夫)にに対して、『自分がしてあげられる事』『自分が果たさなくいはならない責任』の濃度が異なり過ぎます。
次回の結論を楽しみにしています。(2017/03/21 22:34)

共感は2種類に分けられると思います。
①自分の思いの共感
 押し付けのリスクがあります。
②他者の思いの共感
 勘違いのリスクがあります。
どちらもリスクが有るものの大事なことだと思います。(2017/03/21 14:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授