• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キチョハナ世代が40代に問う“不都合な真実”

職場崩壊? 新人の珍行動を機に広がる“当たり前”への反乱

2016年4月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も、またまたやってきた! はい、毎年恒例「ありえ~ん」と上司の口をあんぐりさせる新人クンたちである。

 新人クンたちの“珍行動”に呆れるのは、40代以上のオジさん(オバさん)たち……かと思いきや、なんと30歳前後の人たちでも、「おいおい、マジかよ?!」と途方に暮れるほど、年々、“珍”度合いが増していて、「今年はどうなってしまうのか?」と戦々恐々としているらしい。

 以下は、その30歳前後の方たちと懇談会をやったときに報告された、昨年度入社の社員たちがこの1年間の間に起こした、“珍行動”です。
※同じく昨年度入社組が入社1カ月後に起こした珍行動は、こちらからご覧いただけるので、暇つぶしにどうぞ!(上司をビビらせた“社長入院事件!?”新人クンたちの珍行動

「彼氏にふられたので、休みます」

・「部長が会議でパワポを使うので、『パソコンにパワポ入ってる?』と新人に聞いたら『入ってます』というので安心していたのに、実際には入っていなくて部長に散々怒鳴られた。『入ってるって言ってたよね?』と確かめると、『はい。家のパソコンに入ってます!』と元気よく答えた」
⇒「家のパソコンのこと聞くわけないだろ!」

・「意見を求められると『キチョハナ感謝』しか言えない」
⇒「何も貴重な話してないぞ! どこがキチョウだったんだ?」

・「社内広告の撮影で『長靴』が必要だったので頼んだのだが、何時間経っても帰ってこない。心配になり電話をしたら『海に行けばあると思って幕張海岸にきてます!』と返事がきた」
⇒「えっと……会社のとなりのホームセンターに売ってますけど…」

・「『彼氏にふられたので、休みます』とメールがきた」
⇒「僕が休みたくなりました……」

・「社長の訓辞の途中なのに、『時間ですので』と帰ってしまった」
⇒「俺だって、帰りたいっすよ!」

・「残業をさせた覚えはないのに、申告されていたので聞いたところ『会社にきてメークをしているので』と言われた」
⇒「メーク時間は勤務時間なのか!今度からスッピンで来い!」

・「親から電話がかかってきて『残業は絶対させないでプライベートを大事にさせてやってください』と言われた」
⇒「……何も言い返せない自分が情けなかった」

 ふむ。今年も何が起こるか、おおいに期待できる珍行動である。

コメント33件コメント/レビュー

働く者と怠ける者の差が激しくなっている印象ですね。私は
新型鬱とか便利ですよね~(そう言っておけば欠勤しても首にもならず、会社で働かなくても給料が貰えるお得感)
出世?頑張っても7-11の様に縁故や世襲が日本の常識ですので、特に意味ありませんし。(2016/04/09 09:18)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「キチョハナ世代が40代に問う“不都合な真実”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

働く者と怠ける者の差が激しくなっている印象ですね。私は
新型鬱とか便利ですよね~(そう言っておけば欠勤しても首にもならず、会社で働かなくても給料が貰えるお得感)
出世?頑張っても7-11の様に縁故や世襲が日本の常識ですので、特に意味ありませんし。(2016/04/09 09:18)

昭和50年代に新入社員だった私ですが、入社当時今の新人と同じような疑問は多く持ちましたよ。的確な指示のないまま仕事をさせられ、それが終わったと思ったら、定時後にも別の仕事をさせられる。最初に言われてたら、もっと早くすんでたよとか。朝礼や朝の会議は仕事じゃないから始業前にやるのが当たり前だったり、朝早く来て掃除するのが新人の義務だとか。今だったら完全にブラック企業扱いだと思います。今では有名一流企業といってもいい会社だと思いますけれどね。実際先輩に質問したりもしたもんですが、非国民というか非社員扱いのように言われたもんです。当時と今の違いは、世の中の潮流も変わりつつありますが、なんといってもインターネット社会になって、情報が簡単に入手できるようになり、かつ、発信できるようになったというのが大きいと思いますね。当時は自分の疑問がおかしいのか調べるすべもありませんでしたし、ましてや、今のようにSNSでチクるということなんて考えも及びませんでしたからね。5年前ぐらいの入社の人と今の新人の違いはまさにそのインターネットの普及度の違いが出ていると思います。かつては情報を知ることはできましたが、そんなに簡単にブラック情報とかを発信することはできませんでしたからね。今はあっという間に拡散しますからね。(2016/04/09 08:06)

企業には経営目標があり、その目標を達成する為に組織があり人材を配置しています。新入社員も30代・40代社員もその目標を達成する為の分担を担って仕事を行っているはずです。従来の日本型経営はその分担の処理方法の基本を教育、指導しますがあまり細部まで規定せずに『本人裁量の余地』を残します。その『余地』が『個人活躍の場』となり仕事の『やりがい』となります。ところが国際化で導入されたISO方式は仕事をマニュアル化して殆どの部分を『作業』にしてしまいました。『仕事』には『自分の居場所』があったのですが『作業』は『させられる行為』です。そのあたりから仕事は忌むべき行為と考える人が多くなってしまいました。今はジジイの私達は【残業好き】では無くて仕事好きでした。長期休暇より仕事の成果を実感することに快感を覚えました。【日本の労働時間当たりの生産性が、OECD加盟国中21位】とありますが業種別に見れば製造業は7位。金融・不動産などがあまりにも生産性が劣るために総合21位なのです。元日銀総裁の前川氏は生産性の何たるかを理解せずに米国の対日赤字に配慮してリポートを纏め上げて日本生産性に禍根を残しました。(2016/04/06 14:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長