• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

衆院厚労委のALS排除に見る日本の深刻な在り様

「特別扱い」の先にはない、日本に必要な「合理的配慮」

2016年5月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回はまず、参議院インターネット審議中継にアクセスし、ページ左側の「厚生労働委員会」をクリック、「開会日:2016年5月23日」→「発言者:岡部宏生」と進み、動画をご覧頂きたい(ポイントだけ見たいと言う方は、動画ページ下部「発言者一覧」にある「岡部宏生(参考人 一般社団法人日本ALS協会副会長)」をクリックしてください)。

 これはALS(=筋委縮性側索硬化症)の患者で、日本ALS協会副会長の岡部宏生さんが、23日の参議院の厚生労働委員会に参考人として出席したときの様子である。

 私はこれほどまでに、コミュニケーションの真髄を教えてくれる映像を見たことがない。岡部さんと介護者の方の間に存在する信頼感、質問する政治家たちの岡部さんへの敬意、そこにいるすべての人が、岡部さんの「内なる声」に必死に耳を傾けている。

 いつもはヤジが飛び交い騒がしい委員会が、厳粛な空気に包まれ、温かいというかなんというか、感動した。

 ついつい私たちはコミュニケーション不全の原因を、伝える側だけの問題に矮小化させてしまいがちだが、受け手が「この人は何を伝えようとしているのだろうか?」とアンテナを張り巡らし、相手のしぐさ、表情、紡ぎ出された言葉、その一つひとつに込められた相手の“メッセージ”を受け止めようとする姿勢が必要不可欠。

 立場を超えた敬意なくして、満足のいく会話も、共通理解も、真のコミュニケーションも、成立しない。それを是非、みなさんに感じて欲しくて、冒頭から映像をご覧頂いた次第だ。

コメント5件コメント/レビュー

私は、ALSがどういう事態かは知っている。水をかぶるビデオが流行ったのは覚えている。しかし、そのビデオがALSがらみだったかどうかは覚えていないし、当時も「何かのため」だったことは報道で知っているが、『だったらビデオじゃなく寄付しろよ』と映像に出ていた有名人に対して心の中でつぶやいたことも覚えている。「単なる罰ゲームとでも思っていた」人もいただろうが、私はそういう不愉快な事案としてビデオを覚えている。●
記事でどうしても判らなかったことが一つ。私の頭が悪いだけだとしたら、そう指摘して欲しいが、そのうえでなお詳細な解説が欲しい。『社会モデルには特別枠が存在しないため、「差別ではない、区別だ」という言い訳が通用しない。』がどうしても理解できない。雇用や教育には、悪意がなくとも定員という制度があり、「特別枠が無い」以上は、成績や適性など差別とは言えない内容で雇用側に選択権の行使はできるはずで、結果論で「それは区別」のはずだという私の解釈がおかしいのだろうか。(2016/05/31 17:40)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「衆院厚労委のALS排除に見る日本の深刻な在り様」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は、ALSがどういう事態かは知っている。水をかぶるビデオが流行ったのは覚えている。しかし、そのビデオがALSがらみだったかどうかは覚えていないし、当時も「何かのため」だったことは報道で知っているが、『だったらビデオじゃなく寄付しろよ』と映像に出ていた有名人に対して心の中でつぶやいたことも覚えている。「単なる罰ゲームとでも思っていた」人もいただろうが、私はそういう不愉快な事案としてビデオを覚えている。●
記事でどうしても判らなかったことが一つ。私の頭が悪いだけだとしたら、そう指摘して欲しいが、そのうえでなお詳細な解説が欲しい。『社会モデルには特別枠が存在しないため、「差別ではない、区別だ」という言い訳が通用しない。』がどうしても理解できない。雇用や教育には、悪意がなくとも定員という制度があり、「特別枠が無い」以上は、成績や適性など差別とは言えない内容で雇用側に選択権の行使はできるはずで、結果論で「それは区別」のはずだという私の解釈がおかしいのだろうか。(2016/05/31 17:40)

後半の文章、素晴らしいご説明だったと思います。
ストレングスモデルやエンパワメントといった考えですね。

いつでもこういった事を考えながらお仕事をしないとと思っています。
これらを学んだことにより企業の価値や本来のCSRの意義を見出して、
人生に豊かさを持てるようにもなりました。

社会的不利という様々な因子を持つ方々にその方なりの力を発揮していただけるように、
企業側も環境への配慮を行っていきたいと思います。

そんな余裕を考えられるほど社会は甘くないという人もいるかもしれませんが、
そこを考える余裕無く日々に忙殺されるのであれば、私達の人生も寂しいものです。(2016/05/31 11:38)

障害者の方々、そして支援なさっている方々の苦労を考えると、衆院厚労委の段取りの悪さに関し、非常に心が痛みます。
ただ、第三者がその状況を批判するなら、その対象者は誰なのかを明確にしないとあらぬ誤解を生むだけです。
「戦争に負けたから、今の日本人も犯罪者なのですか?」
そのぐらいの誤解を生みかねない記事ですよ。(2016/05/31 10:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長