• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

内心、「医者は酷使されていい」と思ってない?

「聖職」視の陰で酷使される勤務医の実態

2016年6月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「せがれが過重労働とパワハラで、体調を壊してしまいましてね。……真面目にやってきたのに、かわいそうで。『人の命は何よりも重い』と教育されてきたけど、医者の命だけは軽いのかもしれません」

 この男性の息子は、某病院の勤務医の34歳。昨年、電車の中で意識を失い、病院に搬送。そこでギリギリつながっていた“糸”が切れた。

 病院を辞め、現在、自宅で療養しているのだそうだ。

 大学病院などの医師を取り巻く環境に激しい“雨”が降っていることはわかっていたけど、実際に雨にびしょ濡れになった方の話を聞くのは初めて。改めて、事態の深刻さを痛感した。

 つい先日も、長崎市の長崎みなとメディカルセンター市民病院に勤務していた男性医師(当時33歳)が2014年に死亡したのは過重労働が原因として、妻ら遺族3人が病院に約3億7000万円の損害賠償を求め提訴した。

 男性は14年4月に同病院に採用され、心臓血管内科医師として勤務。毎月100時間を超える時間外勤務が続き、同12月に自宅で心肺停止の状態で見つかった。死因は著しい疲労の蓄積による、内因性の心臓死だった。

 半年以上、ずっと100時間超って。ひどすぎる。つい先日、「過労死ライン」と呼ばれる月80時間を超えて残業をした従業員がいる企業が2割以上あることを書いたばかりだが(長時間残業放置の俺サマ社長は殺人未遂で問え!)、病院も例外ではない。欧米と比較しても医師の勤務時間は突出して長く、尋常ではないと批判されているのだ。

 ところが、医師の過労死や長時間労働の報道熱は低く、医療ミスとは対照的。件のニュースの扱いも、大きくなかった。

 ひょっとして、「医者はカネをたくさん稼いでるんだから。低賃金で酷使されてるブラック企業の末端労働者とは、ちょっと違うでしょ」的なまなざしが、どこかにあるのでは? などと思ったりもする。

 そこで今回は、「酷使される勤務医の実態」を取り上げ、アレコレ考えてみようと思います。

コメント34件コメント/レビュー

病気の妻を見送りました。
最後までお世話になった大病院の外科の先生が数人いらして、いまでも交流があります。志の高い、素敵な先生方です。ですから今回、興味深く読ませていただきました。
妻の発病から2年あまり、医療現場に密接した生活をしていたため、勤務医はもちろん、看護師さん他スタッフの方々のご苦労、目の当たりにしました。

最初に手術してくださった先生は、手術室に朝8時から翌朝4時まで20時間、終了後に結果説明をしてくださり、少しだけ仮眠を取られたのでしょうが、翌日そのまま仕事をされていました。
先日その先生に、この記事をお見せしたところ「医師は普通の職業とは違う」とおっしゃっていました。確かにそうかもしれません。ですが医師も人間です。人間らしい健康な暮らしを担保することは、必要だと痛感します。

妻の入院は延べ9ヶ月。250日以上、私はほとんど毎日、病院に通いました。
「見舞いに来ない家族ほど、クレームが多い」
その通りです。たまにしか来ない家族は、医療現場の苦労に気づきません。それが現場の医療スタッフを、過度に疲弊させているのでしょう。医療機関だけの問題ではなく、我々一般の患者や家族も「病気は医者が治してくれるもの」という安易な意識を変える必要があります。

「医療にマネジメントのプロを」
本当にそうですね。突然、医師や看護師が急増することはないでしょうから(それももちろん考える必要がありますが)、経営資源を最適化し、労働環境を変えられる人材が必要なのだと思います。ですが、その育成を医学部が担うことが最適なのか、は議論が必要だと感じます。(2016/07/13 02:23)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「内心、「医者は酷使されていい」と思ってない?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

病気の妻を見送りました。
最後までお世話になった大病院の外科の先生が数人いらして、いまでも交流があります。志の高い、素敵な先生方です。ですから今回、興味深く読ませていただきました。
妻の発病から2年あまり、医療現場に密接した生活をしていたため、勤務医はもちろん、看護師さん他スタッフの方々のご苦労、目の当たりにしました。

最初に手術してくださった先生は、手術室に朝8時から翌朝4時まで20時間、終了後に結果説明をしてくださり、少しだけ仮眠を取られたのでしょうが、翌日そのまま仕事をされていました。
先日その先生に、この記事をお見せしたところ「医師は普通の職業とは違う」とおっしゃっていました。確かにそうかもしれません。ですが医師も人間です。人間らしい健康な暮らしを担保することは、必要だと痛感します。

妻の入院は延べ9ヶ月。250日以上、私はほとんど毎日、病院に通いました。
「見舞いに来ない家族ほど、クレームが多い」
その通りです。たまにしか来ない家族は、医療現場の苦労に気づきません。それが現場の医療スタッフを、過度に疲弊させているのでしょう。医療機関だけの問題ではなく、我々一般の患者や家族も「病気は医者が治してくれるもの」という安易な意識を変える必要があります。

「医療にマネジメントのプロを」
本当にそうですね。突然、医師や看護師が急増することはないでしょうから(それももちろん考える必要がありますが)、経営資源を最適化し、労働環境を変えられる人材が必要なのだと思います。ですが、その育成を医学部が担うことが最適なのか、は議論が必要だと感じます。(2016/07/13 02:23)

> 医療費の増大と医師の過重労働などの歪が現れているのです。このままではいずれ制度が破綻します。根本原因は無責任な厚労省の怠慢ではありますが

制度が破綻するであろうことは貴見に同意します。
ただ、こういう事態を招いている根源には、中医協の機能不全があります。厚労省も中医協には逆らえません。議事録によく現れています。
そして、その中医協を牛耳っているのは、開業医の政治団体である日本医師会です。(2016/06/16 15:12)

ヨーロッパの医療制度についてのコメントがありましたが、補足を少々。国によって異なりますが、ある北欧の高福祉国では、医師は通常午前中が診療で、午後は専門技術の向上や研究に時間を使い、定時で帰宅します。医師になるための学費も無料で、公務員であるため給料はそこそこで、過疎地の医師不足に対処するために異動命令にも従わなければなりません。人口当たりの医師数は日本よりはるかに少なく、患者の医療費負担も無いのにこれが実現できているのはなぜか?コメントにもあったように患者はまず看護士が診断・処方し、必要と認められた場合だけ医師が診察する制度となっているからです。慢性病を持つ患者は数か月に1回しか医師の診察を受けることができません。一方、アメリカでは患者は自由に医師の診察を受けることができる代わりに、高額の医療費を負担しなければなりません。日本の現状は、患者にとっての「良いとこ取り」なので、医療費の増大と医師の過重労働などの歪が現れているのです。このままではいずれ制度が破綻します。根本原因は無責任な厚労省の怠慢ではありますが、こういう現実を取材・報道しないマスコミにも責任の一端があります。政治家が自らの票を減らすために行動するとは思えませんので、期待できるのはNBOさんだけです。(2016/06/16 13:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長