• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

噓と無責任こそ、出世へのファストパス?!

「他責型」と「無責型」、あなたはどっち?

2017年6月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数週間、無責任さをやたらと見せつけられているようで、私は少々うんざりしている。ええ、そうです。“総理のご意向”文書から始まった加計学園を巡る問題での、お偉い方たちの対応である。

 安倍晋三首相の対応はもとより…

 菅義偉官房長官の「怪文書」発言や前川喜平前文科省事務次官への「個人攻撃」。
 「文科省から出向してきた人で、陰で隠れて本省の方にご注進したようなメール」と部下を切り捨てた山本幸三・地方創生担当相。
 「知らぬ存ぜぬ」の萩生田光一官房副長官。
 文科省との調査結果を真っ向から否定する藤原豊審議官。
 さらには、
 「内容は正確性を著しく欠いていた」と、なぜか謝罪した松野博一文科省大臣。
 「ここに書いてある事実の部分はどこ?」と聞かれ、しどろもどろの文科省の官僚たち……。遂には「全国どこにでも獣医学部を作ります!」とのトップのお言葉まで飛び出した。

 なんとも……。

 思い起こせばかねてから組織心理学や産業心理学者の中では、「無責任なヤツほど出世する」というのが定説だった。

 っと、いきなり「また挑戦的なこと言いやがって!」と口を尖らせた方もいるかもしれないので、もう少し丁寧かつ正確にいうと…

 「大きな組織では、几帳面さや責任感は昇進にマイナスに作用する」ということが、国内外の調査で確かめられているのである。

 つまり、決して人間性をとやかく言っているわけではなく、組織人としての“特性”。組織のヒエラルキーの階段を昇っていくには、うまいこと責任を回避するスキル(?)が必要だとされているのだ。

コメント37件コメント/レビュー

記事内容はその通りですが、更に付け加えるなら
見た目かな(アンケートには無いが)

イケメンとかダンディーとか言う訳でなく、
なんとなくこの人が上司なら良さそう(偉そう)
の様な非論理的な理由で選ばれたりします。

件の課長さんも接するとその良さが伝わるだけで、書類上では
優秀となってないのでは?
(それを決める上層部に、そのような評価は上がってこないので)(2017/09/19 13:27)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「噓と無責任こそ、出世へのファストパス?!」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事内容はその通りですが、更に付け加えるなら
見た目かな(アンケートには無いが)

イケメンとかダンディーとか言う訳でなく、
なんとなくこの人が上司なら良さそう(偉そう)
の様な非論理的な理由で選ばれたりします。

件の課長さんも接するとその良さが伝わるだけで、書類上では
優秀となってないのでは?
(それを決める上層部に、そのような評価は上がってこないので)(2017/09/19 13:27)

何人かの方々が嘘つきや無責任になってまで出世したくないと投稿されてましたが、全く同感です。出世できればそれに越したことはないでしょうが、仮にできなくてもそれまで、自分の価値観を折り曲げてまで出世に拘る自分を想像するだけで嫌気がさすと思います。どなたか「天知る、地知る・・・ですね」と書かれてましたが、まさにこのことではないでしょうか。
とは言え、逆の立場から見れば、即ち「無責任で嘘をついてでも出世したい」と日々切磋琢磨している側から見れば、何だか見透かされたようでこの上ない不快感を覚えることは確かです。企業人・政治家もそうですが、大体自分に思い当るところがあるからこそ、思わず反論も激しくならざるを得ないのではないでしょうか。(2017/07/08 10:51)

まともな会社なら、期初テーマに対して真摯に取り組むのが評価アップに繋がりますけどね。
「課題をやり遂げる資質があるなら、失敗しかないようなテーマが来ても腐らず、成功できるテーマが来た時に掴み取れる」
ということで。

ただし、テーマの完遂にあたって自分へのダメージを減らそうとするとか他人をこき使うってのはあるでしょう。それが上司から見て許されるかは、上司の裁量ってことになります。未就労者が考えるよりはその判断内容はダーティでしょう。だからといってその部分はファストパスだとも言えないでしょう。(2017/07/02 08:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授