• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“塀の中”で見えた「依存なき自立」観の罪深さ

「自立」は、「依存」の先に存在する

2016年6月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回はいつか書こうと思いながら、なかなか書く機会のなかったことを取り上げようと思う。

 テーマは……、仕事、雇用、高齢化、介護、家族、教育、人権、差別、自立――。

 この現代社会のキーワードすべてがテーマでもあり、見る角度によって景色が大きく変わる問題……。今、こうやってパソコンに文字を打ち込みながらも、どれをテーマにすればいいのかわからないくらい、私の脳内も混沌としている。

 ただ、“そこ”での経験はあまりにも衝撃的で、“そこ”は「ニッポンの縮図」で。知っているつもりの無責任さ、当たり前と思っていることの恐さ、無意識の“壁”を痛感させられた。

 はい、そうです。“そこ”とは、「塀の中」。あの塀の中です。

 昨年、縁あって累犯受刑者や暴力団員が入所する刑務所を訪問したのだが、“そこ”には今私たちが直面している社会問題が、そのまんま存在していたのである。

 なので、私が実際に見て、感じて、考えたことを、できるだけストレートに書き綴るので、みなさんもそれぞれの視点で考えてみてください。

私が“塀の中”にお邪魔したきっかけ

 きっかけは、ある日届いた一通のメールだった。

「私は○○刑務所で、キャリア支援を行っています。この刑務所は、累犯受刑者や暴力団員が入所する刑務所です。通常のキャリアカウンセリングでは対応が難しいため、試行錯誤をしながらテキストを作成したり、道徳的な授業に取り組んでいます。

 

 刑務所内でのキャリア支援は、再犯を防ぐ為にとても重要です。

 安倍内閣は、増え続けている出所後2年以内の再犯率を今後10年で20%減少させると共に、実協力雇用主を今の3倍に増やすという、数値目標を打ち出しています。

 この刑務所も少しずつですが、離職率や再犯率が下がりつつあります。ただ、犯罪を繰り返す者はさまざまな問題をかかえています。この刑務所で仕事に関する講義をする担当者は私ひとりです。相談する相手もなく、自己流です。

 河合さんのように、専門でキャリア研究をされている方のアドバイスを伺えたらと、思い切って連絡をしてみました。機会があれば是非、刑務所へのご訪問も検討してください」

 お恥ずかしい話ではあるが、私はそれまで再犯率が上がっていることも、塀の中でキャリア支援というものが行われていることも、協力雇用主という制度も、仕事に就いていることが再犯率を下げることも知らなかった。仕事と生きる力の研究やコラムを散々、書いているのに、情けないことだ。

 ただ、何か私にお役にたてることがあるなら、と思い、塀の中にお邪魔したいと即返信した。

 基礎情報だけお伝えしておくと、一般刑法犯全体の再犯率は平成9年以降、一貫して上昇を続け、平成26年には過去最高の47.1%に達している(平成27年版「犯罪白書」)。また、仕事に就いている人の再犯率が7.6%であるのに対し、無職者は28.1%と4倍にもなる。また、刑務所に戻る人の7割超が無職であることもわかっている(平成21~25年度「保護統計年報」)。

コメント26件コメント/レビュー

数字が間違えていたらすみません。
犯罪者数が人口の0.2%くらい再犯率が6割だとしたら、60年間で犯罪者となる確率は5%くらいでしようか。
全体の犯罪者数が減るなか、高齢者の犯罪者数は平成元年の7倍で増え続け、全体の4分の1と聞きました。
自分が犯罪者になると思ってないですが、高齢者になったとき、自分に限らず知り合いが(×_×)というのは増えるのでしょうね。(2016/07/18 21:51)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“塀の中”で見えた「依存なき自立」観の罪深さ」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

数字が間違えていたらすみません。
犯罪者数が人口の0.2%くらい再犯率が6割だとしたら、60年間で犯罪者となる確率は5%くらいでしようか。
全体の犯罪者数が減るなか、高齢者の犯罪者数は平成元年の7倍で増え続け、全体の4分の1と聞きました。
自分が犯罪者になると思ってないですが、高齢者になったとき、自分に限らず知り合いが(×_×)というのは増えるのでしょうね。(2016/07/18 21:51)

書いていただいてよかったと思いました。
たしかに感傷に流れているかもしれませんが、河合さんがその現場で感じたこと、心の揺れがそのまま伝わってきて、心を震わされました。
今回の記事では触れられていませんが、知的障害がある受刑者もたくさんいると聞きます。最後の福祉が刑務所になっている現状を変えていくために、何ができるのかを考えています。
感謝の気持ちをお伝えしたくて、初めてコメントをしました。ありがとうございました。(2016/07/18 17:58)

19番目のコメントの方へ
「真のビジネスエリート」と「ビジネスエリート『様』」は違うのですよ。
「意識の高い人」と「意識高い系の人」が別物のように。
河合さんはどっちだ?と言われると微妙なのですが…(2016/06/30 17:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長