• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上司の虐待を擁護するニッポンの闇

指導とパワハラの境界線はどこだ

2017年7月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 パワハラに関する報道が、相次いでいる。

 豊田真由子衆院議員の“暴言劇場”はあまりにも衝撃的だったが、今度は創業100年の老舗農業機器メーカーで、前社長のパワハラによって30人以上の社員が辞めていたことが報じられた(以下、ソースはこちらなど)。

 問題になった前社長は、創業家出身の4代目だ。

 「おまえなんか死ね」
 「生きている意味がない」
 「アホか、ぶっ飛ばすぞ」
 「オマエなんかいらない」
 「こんな親に育てられる子どもはかわいそうだ。ろくな人間にならない」

 などなど、2006年に社長に就任して以来、社員たちは「毎日、パワハラに耐え、パワハラから逃れる日々だった」という。

 同社長の愚行はセクハラにも及び、入社面接で「性交渉したことがあるのか?」「彼氏がいるのか?」と聞いたり、複数の女性新入社員と女性社員用の寮で共同生活するなどやりたい放題。

 ……なんということだ。尋常ではない。

 「バカかお前は! 死ね! 生きている価値ないだろう」(by 豊田議員)――。ふむ。全く同じだ。

 なぜ、こんな明らかに「アウト!」という行為が繰り返され、放置されるのか?
 豊田議員の一件では、「録音するのってどうよ?」と秘書の行為を非難する人が少なからずいた。

「暴言は言わせる方にも問題がある」という意見

 しかも、これが“運転手のミス”のあとのやり取りだったことが報じられると、
 「運転手がミスしたからでしょ? 指導とパワハラの境界線って難しいよね~」
 と、テレビのコメンテーターたちは顔をしかめ、細田博之自民党総務会長に至っては、
 「高速道路の逆走が原因」
 とわざわざ説明し、ワイドショーでは
 「逆走はあったのか? なかったのか?」
 なんて不毛な議論が繰り返される始末だ。
 「あんな男の代議士なんかいっぱいいる。(豊田代議士を責めるのは)かわいそうだ」
 と、自民党の河村建夫元官房長官が述べ、あわてて撤回したあとでさえ、
 「政治家ではめずらしいことではない」
 と“暴言を擁護”する政治評論家もいた。  

 私はこういった「暴言・暴行」に一定の理解を示そうとする人々に、一抹の薄気味悪さを感じている。

 秘書が100人近く辞め、“ピンクモンスター”とまで呼ばれながらも放置された豊田議員。今年2月の取締役会で解任されるまで10年間もトップに居続けたられた4代目社長。こうした人たちがボスの椅子に座り続けることができたのも、ひょっとするとこういった“擁護派”の存在が関係していたのかも、などと思ったりもする。

 彼らはたいてい、昔の理不尽な上司部下関係を美化し、
 「昔は、上司からの暴力なんて日常茶飯事」だの、
 「何度も蹴りを入れられたけど、ある意味ああいう行為って、愛情表現だし」だのと、
 「あの頃は良かった」と懐かしそうに振り返る人たちである。

 ………だからパワハラがなくならないんだな、きっと。と暗澹たる気持ちになる。

コメント39件コメント/レビュー

すいませんが、豊田氏の件は告発した方が悪いと思います。
むしろ、年齢的な問題が気になります。豊田氏の告発者と
加計学園の元文科相の告発者、また東芝やシャープの旧経営陣は
同じ年齢ぐらいでは?
組織内の合意が絶対化されて外部要因の変動や上部組織の指示を
無視するのは大日本帝国下の帝国陸軍と同様です。
本来は「目的に対する機能集団」であるはずなのに「存在するために
存在する集団」に転化していまうという・・・・・
憲法9条の死守よりこの日本の組織で起こりうる問題の再発防止の方が
死んでいった英霊の供養になるような気がします。(2017/07/17 03:59)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「上司の虐待を擁護するニッポンの闇」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

すいませんが、豊田氏の件は告発した方が悪いと思います。
むしろ、年齢的な問題が気になります。豊田氏の告発者と
加計学園の元文科相の告発者、また東芝やシャープの旧経営陣は
同じ年齢ぐらいでは?
組織内の合意が絶対化されて外部要因の変動や上部組織の指示を
無視するのは大日本帝国下の帝国陸軍と同様です。
本来は「目的に対する機能集団」であるはずなのに「存在するために
存在する集団」に転化していまうという・・・・・
憲法9条の死守よりこの日本の組織で起こりうる問題の再発防止の方が
死んでいった英霊の供養になるような気がします。(2017/07/17 03:59)

同じ説明を10回、私の説明ではだめなのかと思い、ほかの人間に2人に代わり代わりで指導してもらい、それで、10回目のあとに、「でだからこうするのですよね」と、やってはいけない考え方・・・いわゆる、「会社を赤字にさせる方法」を平気で続けようとする。

こういう社員はアホ、バカ、働く価値無しといってもいいと私は思いますよ。人間、聖人君子ではありません。

あ、ちゃんと教育しているときの録音記録はしています。(2017/07/16 12:16)

セクハラってのは、仕事上の力関係を、
プライベートなど仕事以外での人間関係に持ち込むことですよね。
ですから、それが不当であることについて、識別しやすい。

それが仕事上のパワハラとなると、途端に難しくなる。

話に出てくる新人女性も、その曖昧さを逆手にとって、
逆ねじを食わせてきている。
しかしこれは、素行に問題がある学校の生徒が、
「体罰」という言葉で、教師を威嚇するのと同じような構図に見えます。

読み返してみましたが、河合さん自身は、彼女に対する評価は書いてらっしゃらないですね。

「虐待」と「指導」を明確に区別すべき、とは、確かに第1歩ではありますが、
その運用は、ブラックリスト方式であるべきです。
判断基準は、ブラックリストに引っかかるかどうか。
引っかからなければ、それはすべて許容する、というふうに。

ホワイトリスト方式は、拡大解釈がよい結果を生むのならいいのですが、
先にも書いたとおり、問題のある側が、自己正当化に使う可能性があります。
例えば、法律における努力義務は、努力していると主張さえすれば、
努力の結果が出ていなくても、何ら咎められることがありません。
これは、サボタージュを見逃すことにつながります。

会社や学校での指導する、される関係においては、
指導の正当性を照明することを、指導する側に求めてはならないと考えます。
もちろん、技量や内容に対するチェックは必要ですが。(2017/07/14 13:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長