• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学 定年女子より真っ暗、「役職定年女子」の未来

レビュー

とても参考になった
 

58%

まあ参考になった
 

19%

参考にならなかった
 

22%

ぜひ読むべき
 

51%

読んだほうがよい
 

19%

どちらでもよい
 

28%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

役職者の不安な気持ちはわかりますが、でも結局皆さんなんとかなっていますよね。そう考えると、現実的な話というよりは、将来への不安を会社や社会など自分以外に原因を求めている愚痴・雑談レベルの話のように聞こえます。男性から見れば、女性の活躍が進んでいく過程で吐き出される副産物/一種の社会的コストだと思って、冷静に受け止めるしかないかなと思いました。(2017/08/13 12:16)

定年退職になる歳の女性は「女子」ではないよね。
「女子」の文字はキャッチーかもしれないけど、違和感がある。
おじさんは「おじさん」で「男子」じゃないし。(2017/08/13 07:20)

興味深い主張であると思いましたが、第一感では、オーバー・クオリフィケーションが無くなるか減ったら解決する問題ではないなって思いました。ほとんど無関係か関連性は小さい指標なように感じ、今後現実に起きるであろう問題との乖離感が残念でなりません。既に自分自身がそうなので分かるつもりですが、女性は誰かのお世話をして生きる道がまだ残されていますが、同じような境遇の男性なら社会のお荷物以外の何者でもありませんよ。(2017/08/12 17:09)

「夫なし、子供なしの50代女性の部下がいますが~」のコメントを読んで残念に思いました。
その方々が「生き物として何を成すべきかをよく考えなかった」結果そうなったのかなど、貴方には知る由もないはずだからです。
(個人的には、子孫を残す生き物も残せない生き物も両方あって生態系が成り立っていると考えているので、この発想自体が不思議なのですが、一旦それは置いておきましょう)
独身の方や子供のいない方にはそれぞれの背景があり、必ずしも本人の希望通りになるとは限りません。そして、よほど親しい家族や友人にならともかく、会社の上司や同僚にその背景を本音で語ることなどほとんどないと思います。私だったら絶対語りませんよ。
趣味や仕事を楽しんで人生を謳歌しているように見えるその方々にも、職場では決して語らない悩みや見せられない顔があるのかもしれません。

このサイトの読者はいわゆる「勝ち組」に属する方が多いからなのか、人生が希望通りに進む前提でのコメントが目につきますね。私のように努力しても人生の希望を叶えられない劣等生とは全く違う視点で世の中を捉えている方が多いんだな~と、本当に驚かされてばかりです(皮肉じゃないですよ)。(2017/08/10 20:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長