• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

過労死は「気の持ちよう?!」…怒

職場の責任を個人の責任にすり替えさせちゃダメ!

2017年8月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「似て非なるもの」というテーマで、アレコレ考えてみる。

 まずはこちらからご覧いただきたい。

「ストレスで突然死」仕組み解明…マウスで確認(読売新聞)

ストレス起因の胃腸・心疾患、発症の仕組みがわかった!(日刊工業新聞)

「病は気から」メカニズム解明 マウスの脳に炎症 北大研究チーム(朝日新聞)

 各々の見出しを読んで、どう思いますか?

 「読売と日刊工業のは同じ内容だろ?」
 「うん、そんな気がする。だってどっちも過労死の話でしょ」
 「昨日まで元気だった人が、なぜ、心筋梗塞とかで死んじゃうのかってことか」
 「朝日のは心理実験かなんかかな?」
 「う~ん、ネズミにも“病いは気から”なんてあるのか?(笑) すっげ~な~」

 ええ、そうなんです。読売と日刊工業は「過労死(突然死)のメカニズムの解明」を、朝日新聞は、なんと「ネズミちゃんの世界にも“病いは気から”」があって、そのメカニズムが解明されたことを報じたのです。要するに「ネズミの心理実験」です!

 ………というのは、真っ赤なウソ!(朝日新聞さん、すみません)。

 実はこれ。違うのは見出しだけで、中身は全く同じもの。

ストレスの影響についての画期的な研究

 先週、話題となった北海道大学遺伝子病制御研究所の村上正晃教授らの研究グループが、世界で初めて明らかにした「ストレスが臓器の機能を低下させるメカニズム」に関する内容を報じたものだったのである。

 これまでにもストレッサー(ストレスの原因となるさまざまな刺激)に長時間さらされると、生体に変化が起こり、高血圧症、胃・十二指腸潰瘍、糖尿病、心疾患などを発症することは、心理神経免疫学領域の多くの研究で明らかにされてきた。ただ、その分子的なメカニズムは読み解けていなかったため、村上教授らの研究グループが、その解明に挑んでいたのである。

『他人をバカにしたがる男たち』
発売たちまち大増刷決定!!!

●世の男性をいっせいに敵に回しそうなタイトルになっておりますが、内容は「オジさんとオバさんへの応援歌」です(著者より)

●本の前半部分で「ジジイ化している自分が怒られてる」と思っていたら、最終的に「がんばろうとしているオッサン(私自身)」を鼓舞してくれるものになっていて、勇気をもらうことができました。
(伊藤忠テクノソリューションズ代表取締役社長 菊地 哲)

●「ジジイの壁」にすがりつく現代企業人の病根の原因を学術的に暴き、辛辣なタイトルから想像できる範囲をはるかに超えた深い大作。最終章では男女の別ない温かい眼差しに涙腺は崩壊寸前、気づくと付箋だらけに。
(ヒューマンアーツ株式会社 代表取締役 中島正憲)

●オッサンへのエール、読後感は、一杯目のビールの爽快さです。
(50代 マンネン課長から脱出組)

コメント52件コメント/レビュー

自死とは個人的なもので、原因や要因は他人や社会や職場や家族では計り知れないものだ。
よって、社会の責任も職場の責任も少しはあると言えば有るだろうが、しかし全く無いだろ
うとも言える。
責任論を振りかざされても肩をすくめるだけだ。

結論から言って世間に転がる過労死は「気の持ちよう」で防げることもあると思います。
私は何があろうが、図太く逞しく生き残る諦めない教えを我が子にして来ました。
父はシナ事変からの生き残りだが(故人)、必死の戦闘中でも「絶対に諦めないで故郷に
帰る」強い意志を持っていたから帰還出来たと語っていたからです。

「諦めたら死ぬ、最後まで戦え」が戦場の鉄則で、何度も同じ話で青年のころは辟易した
ものですが、今となっては生き様の神髄の教えを頂いたものと感謝しています。

仕事は戦争じゃない?
いやいや、戦場ですよ、人生は戦いですよ、一所懸命に生きることなんですよ。

筆者は「必死」になったことありますか?
死ぬか生きるか半々の状況です。
この時、絶対条件として強い生きる意志が無ければ乗り越えられません。

経験すれば解りますが、きっと「必死」を経験すれば「意志の力」を
理解出来ると思いますよ。(2017/09/05 17:51)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「過労死は「気の持ちよう?!」…怒」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自死とは個人的なもので、原因や要因は他人や社会や職場や家族では計り知れないものだ。
よって、社会の責任も職場の責任も少しはあると言えば有るだろうが、しかし全く無いだろ
うとも言える。
責任論を振りかざされても肩をすくめるだけだ。

結論から言って世間に転がる過労死は「気の持ちよう」で防げることもあると思います。
私は何があろうが、図太く逞しく生き残る諦めない教えを我が子にして来ました。
父はシナ事変からの生き残りだが(故人)、必死の戦闘中でも「絶対に諦めないで故郷に
帰る」強い意志を持っていたから帰還出来たと語っていたからです。

「諦めたら死ぬ、最後まで戦え」が戦場の鉄則で、何度も同じ話で青年のころは辟易した
ものですが、今となっては生き様の神髄の教えを頂いたものと感謝しています。

仕事は戦争じゃない?
いやいや、戦場ですよ、人生は戦いですよ、一所懸命に生きることなんですよ。

筆者は「必死」になったことありますか?
死ぬか生きるか半々の状況です。
この時、絶対条件として強い生きる意志が無ければ乗り越えられません。

経験すれば解りますが、きっと「必死」を経験すれば「意志の力」を
理解出来ると思いますよ。(2017/09/05 17:51)

まあまあ、正反対のアプローチがあって双方熱い主張をされているなあ、とこのコラムを読んだ方々が感じていただき、それぞれの立場で応用していただければと思っています。
心理療法的アプローチをなさるも良し、パワハラ上司を問答無用に首にできるよう解雇権を強化するも良し、どの方法にしろ不幸な方が少しでも減ることを願っています。

因みにですが、認知療法的アプローチについては私自身や知人が何人かそれで救われましたので、実体験から述べさせていただきました。また、私の勤務する会社ではメンタルチェックは有効活用されていると思います(少なくともチェックに引っ掛かったからといって出世に差し障ったり即退場を命じられることはない)。勿論パワハラ上司は常に出現していますが、重大な場合はグループ会社を統括するコンプライアンス部門が双方の言い分を聞き然るべき処遇が下されています(まあそれをすり抜ける狡猾な輩が絶えないのも残念ながらまた事実ではあります)。
一口に「日本の会社」といっても様々ですね。自社の風土が当たり前なものと思っていましたが、そうではないと気づかせてくれただけで有用な議論になりました。有難う御座いました。(2017/09/01 17:06)

主張が正反対なので、不毛な気もしますが。

>この「思いぐせ」を治すのが、個々人が「死」を回避する最も手っ取り早い方法であると思っています。

手取り早いんですかね?
思いぐせ、というのは社会的価値観、いわゆるステロタイプのことですよね。それを現状のまま変えるには、とてつもないエネルギーと時間が必要だと思うのですが。本人だけでなく、周りの人も対象なんですから。
具体的に、どのようにそういう「思いぐせ」を見つけて、治していくのか書いてありませんでしたが、疾病的なアプローチでは、まず間違いなく失敗すると思います。
企業のメンタル(ストレス)チェックの実態は御存知でしょうか?引っ掛かれば出世どころか就業に差し支えるからと、症状を偽る人も出ています。逆に、楽な職場に就きたいからという人もいます。

そもそもですが、例えばパワハラの上司がいたとして、解決策はいくつかあるかと思いますが、日本的解決方法で1番取られないのが「上司をクビにする」です。パワハラするような上司はどんな部下にでもするはずなので、上司をクビにするのがおよそ1番スマートな解決策にもかかわらず、です。
思いぐせを治した部下が辞めたところで、上司はまた、新しい部下にパワハラをし続けるでしょう。辞めるべき人を辞めさせられないのも、日本の正社員制度の弊害なんですよ。
それに、妥協点は何も解雇権の拡大だけではないのですよ。極端な話、労働時間は月に100時間まで!残業なし!と決めて、その代わり給料は4割削る、って案でもいいと思います。
もっとお金が欲しい人は、サラリーマンではなく個人事業主として働くか、副業をするか。
これでも長時間労働や過労死は随分減ると思います。サラリーマンに痛みが全くない解決策は、どこかに歪みを産むだけではないでしょうか。(2017/09/01 15:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長