• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「大手の契約社員と中小の正社員、どっちが得?」

「人が来ない」負のスパイラルに喘ぐ中小企業

2015年9月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日「おう、そう来たか!」と、少々答えにつまる質問を学生にされた。

 「大企業の契約社員になるか? 中小企業の正社員になるか? どっちが得なんでしょうか?」と。

 彼は7月に早々と中小企業の内定をゲット。にもかかわらず、現在も就活続行中だ。

 「できれば安定している大企業に入りたい。契約でも派遣でもなんでもいいから、大企業に入ってしまえば、その後、正社員になれるかもしれない」

 そんな淡い期待感があるのだという。

 確かに契約で採用し、3年後に正社員なんて企業もあるので、そういうルートで入りたい会社を目指すというのはアリ、だ。

 でも、どっちが得? の、得ってナニ?

 「最近、大企業は続々と自由な働き方対策進めてるでしょ? ああいうの聞くと、やっぱ大企業の方が得だなって思うんですよ~。給料も高いし……」

 なるほど。在宅勤務オッケー(リクルート)、労働時間のインターバル規制(KDDI)、週休3日(ユニクロ)、などなど、名の知れた「企業=大企業」の働き方改革ニュース諸々が、もともと大手志向の強い学生たちの大企業熱を高めたってことか。

 一方、契約社員と天秤にかけられた中小企業は? 
 「残業が多い」
 「給料が安い」
 「ブラックが多い」
 「簡単にリストラする」
 「パワハラが多い」

 などなど、とかくマイナスイメージがつきまとい、分が悪い。

 知名度のある企業に人気が集まるのと全く逆。情報が少ない分、世間に散乱する“ハラハラ新語”が中小企業の代名詞と化し、名前の知られていない企業ほどマイナスイメージ先行現象が起こっているのだ。

 「“うちに来てくれますよね?”と念を押しただけで、オワハラって言われちゃいますから。中小企業はもっと情報発信をしろ!とか、採用の努力が足りないとか言われますけど……、現実は想像以上に厳しい。その厳しさを知らない人たちが、ごもっともなことを言うんです」

 こう深いため息をつくのは、社員110人の企業の部長職の男性である。

 中小企業受難の時代で、大企業の傘下にない中小企業ほど、厳しさに喘いでいる。

 そこで今回は、「中小のリアル」についてアレコレ考えてみようと思う。

コメント16

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「大手の契約社員と中小の正社員、どっちが得?」 」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者