• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今も続く“シン・ゴジラ”とのリアルな戦い

“片桐はいり”さんのおにぎりがあるからこそ、現場は頑張れる

2016年9月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(©2016 TOHO CO.,LTD.)

日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」を展開しています。
※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

「日経ビジネスでシン・ゴジラ特集をド~んとやるんですけど、……河合さん、興味ないですか?」(編集担当Y氏)
「観ようと思ってたけど」(河合)
「じゃ、お願いします!」(編集担当Y氏)

(©2016 TOHO CO.,LTD.)

 というわけで、シン・ゴジラについて今回は書きます……、が、「書く」と編集者に言ってしまったことを少々後悔している。

 面白くなかった?

 いやいや、そういうわけではない。

 確かに観に行くまで、「本当に面白いのかな?」と内心疑っていた。なんせシン・ゴジラオフ会だの、シン・ゴジラ飲み会だのを催し、「アレは、コレは、ソレは」と意見し、「すごい映画だ!」と大絶賛しているのは、“男子”ばかりで。“女”の私が見て盛り上がれるのか? と不安だった。「シン・ゴジラ=怪獣映画」と高を括っていたのだ。

 しかしながら、シン・ゴジラは怪獣映画でも戦隊ものでなかった。完全なるヒューマン映画で、実に、面白かった。至極ストレートに、“人”が描かれていて、最初から終わりまで、そして原稿をこうやって書いている今も、“人”だけが私の脳内に浮かんでいる。

 じゃ、なんで後悔している、のかって?

 はい。小田嶋サンのコラム(巨災対の諸君、お家に帰ろう)を読んでしまったからで〜す!(と軽く言わせてください)

 私はこの特集が、“そういう”成り行きになっていることを全く知らなかった。しかも、ずぶの素人。私ごときがシン・ゴジラを語っていいのだろうか?と後悔しているのだ。 

 でも、やっぱり書きま〜す!だって、書きたいんだも~ん。(と、敢えて軽く言わせてください)

 “甘利大臣”のことを、片桐はいりさんの“すごさ”を、リアル社会の巨災対の“現場”のことを、無性に書きたい衝動に駆られている。

 おそらくこの「言いたくなる」ところが、シン・ゴジラのすごさなのだな、きっと。というか、だからこそ日経ビジネスもシン・ゴジラ特集をやってるんじゃないか!……私は何を今さら言っているんだ。

 なので「私の視点」は、人、です。数カ月前に取材訪問した福島第一原発の“現場”報告も交えながら、アレコレ自論を書き綴ります。

 ちなみに私は、自分でお金を払って観ました(苦笑)。MX4Dです。

コメント12

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「今も続く“シン・ゴジラ”とのリアルな戦い」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト