• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2人に1人はがん時代「アナタは会社に“がん”と伝えますか?」

働き盛りに急増する“共に生きる病”

2015年9月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 川島なお美さんが胆管がんで亡くなられた。1980年代の女子大生ブームの火付け役ともなった、「ミスDJリクエスト」に憧れていた世代としては、ボディーブローを打たれたみたいで。なんと言葉にしたらいいのか分からない。メディアの激やせ過熱報道に嫌悪感を抱いていたので、めちゃくちゃ複雑な気持ちだ。

 訃報を聞くと「がん」という病に恐怖を抱く人が多いが、「Cancer journey」や「がんサバイバー」という言葉があるように、がんの多くは「共に生きる病」である。この理解不足から生まれる“偏見”が、がんを患った人たちを苦しめるケースも多いので、気をつけなければならない。

 私の母も40代で乳がんを発症し、全摘。リンパへ転移する可能性があったため3カ月間にもわたり放射線治療をし、術後10年は、月1回検診に通い続けた。腫瘍は卵大にまでなっていたが、70歳を過ぎた今もピンピンしている。

 がんの5年生存率の平均は60%。発見が早ければ90%だ。

 が、その一方で、サザンの桑田さん、つんくさん、そして、北斗晶さん……と働き盛りのがん患者は増え続け、2人に1人が生涯がんになるとされ、その半数は現役世代だ。40~50代は3割を占め、特に男性は40代後半から急増する。

 「とりあえずやっとこ~」と受けたがん検診で見つかるかもしれないし、ちょっと具合が悪いと病院に行って分かるかもしれない。

 いつなんどき家族や会社の同僚、あるいは部下から「がんが見つかった」と告白されるかもしれないのだ。

 以前フィールドインタビューに協力してくれた男性(51歳)から、先日、一通のメールが届いた。

 「大腸がんが見つかった」と。しかも、それを「上司に言えずにいる」のだと。

 アナタは、上司に言うだろうか?  部下に「がんが見つかった」と告白されたら……どうするだろうか?

 大腸がんは、比較的若い年齢から罹患する人が多い。かつては欧米で多いがんだったが、近年は日本でも急増。その要因のひとつが、生活スタイルの変化だ。

 動物性たんぱく質や動物性脂肪の摂取量の増加、野菜類などの食物繊維や穀類の摂取量の低下、飲酒量の増加、身体活動量の低下、肥満、喫煙などなど。欧米型の食生活がリスクを高める。

 生活スタイルの影響は10年、20年後の疾患に影響を及ぼすため、どんなに“今”健康的に暮らしていても、安心できない。健康ブーム以前の生活スタイルが悪さする。

 そこで今回は、この男性とのやり取りを紹介しようと思う。

 1年半前、フィールドインタビュー中に乳がんが見つかったことを告白してくれた女性(40代)を取り上げたコラムでは、女性活用、女性キャリア、など、女性の視点を交えた意見を書いたが、今回は別の角度から考えてみます。

  みなさまも、是非「部下ががんになったら、どうするか?」という視点で考えてください。

コメント13件コメント/レビュー

一般論として、少なくとも上場企業であれば、社員の健康状態や家庭の事情などを把握したうえで円滑に事業運営するための規定を設け、運用しているはずです。ブラック企業という言葉もあるくらいだから例外も少なからずあるのでしょうが、コンプライアンスの点からも罹病を退職強要の根拠にするのは、結婚妊娠を女性退職の理由にしていた昭和の古い考え方と同根であり、現在の健全な一般企業ならば考えられない話です。査定や昇進には一定の制約はありうるかもしれませんが、それはやむを得ない部分もあるのでは。(2015/10/01 12:12)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「2人に1人はがん時代「アナタは会社に“がん”と伝えますか?」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一般論として、少なくとも上場企業であれば、社員の健康状態や家庭の事情などを把握したうえで円滑に事業運営するための規定を設け、運用しているはずです。ブラック企業という言葉もあるくらいだから例外も少なからずあるのでしょうが、コンプライアンスの点からも罹病を退職強要の根拠にするのは、結婚妊娠を女性退職の理由にしていた昭和の古い考え方と同根であり、現在の健全な一般企業ならば考えられない話です。査定や昇進には一定の制約はありうるかもしれませんが、それはやむを得ない部分もあるのでは。(2015/10/01 12:12)

たとえ全員が健康であっても、「休暇が取れない」と嘆く労働者は少なくない。健康であってこの状態なら、病気ではなおさら。法律で規定されている権利が行使できないという現状自体が異常であるという認識に立たなければ先へ進まない。この原因は、雇用者が労働者の権利を保障するための労働者数を適切に確保していないという事実に尽きる。
バブル採用組だが、就職当時から、派遣ではなく正社員を今より増員するというスタンスが絶対条件だという持論は変わらない。(2015/09/30 10:32)

所属している会社はがんに寛容なほうだが、それでも状況次第と思ってます。とある人はロクに仕事もしない・出来ない状態でしがみついて迷惑がられてましたし、もう一方は重要な仕事をされていた方で万が一の場合の後継をどうするかと会社は悩んでました。どちらの方も亡くなられてしまいましたが、片方は厄介払いができたと陰口を叩かれ、もう一方は早すぎたと惜しまれていました。こういう問題(妊娠とかも)全般そうですが、会社・社会の問題だけでなく当事者が周りに対して出来るだけ迷惑を掛けないようにという心がけは非常に重要でしょう。自分は苦しいんだと押し付けがましく悲劇を気取るような方はやはり嫌われますね。(2015/09/30 09:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長