• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

50代ミドル社員、「希望」退職の先にある絶望

人生のターニングポイントは40歳

2015年10月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「ミドル転職の矛盾」について、アレコレ考えてみようと思う。

 先日、人員削減計画を発表した企業の幹部が、“素っ裸”にされるという事件が起きた。

 素っ裸にされたのは、航空会社エールフランス(Air France)の人事担当マネジャー。2900人の人員削減計画に「ふざけるな!」と数百人の従業員らが集まり、幹部たちを羽交い締めにした。「いたぞ! そいつが人事マネジャーだ! 絞めろ!!」とばかりに、マネジャーのシャツが激しく破られ、見るも無惨な姿にさせられてしまったのだ(注:「」内は私の妄想です)。

 この騒ぎで7人が負傷。うち警備員1人が殴打されて意識を失い病院に搬送されたそうだ。

 過激だ。ホント、すごすぎる。

 粛々と人員削減が行われている日本とは、えらい違いだ。

 シャープ、3234人。
 ルネサス エレクトロニクス、2300人。
 ワールド、453人。
 9月末だけでも、これだけの大手企業の従業員たちが、“希望”という接頭語のついた退職のもと、企業を去った。

 もちろん中には、自らの強い希望で退職した人たちもいるかもしれない。だが、ほとんどは会社側に狙い撃ちされた人たち。

 子どもの教育費がかかる45歳以上のミドル社員たちが、「悪いけど~、辞めてくれるかな?」的扱いを受け、退職を余儀なくされたのだ。

  • ソニー、モバイル分野で2015年度末までに2100人の人員削減
  • セガサミーホールディングス、300人の人員削減
  • 日本コロムビア、リストラの一環で全従業員の約3割の人員整理を実施
  • カドカワ(旧KADOKAWA・DWANGO)、232人を削減
  • 損保ジャパン日本興亜ホールディングス、200人の人員削減
  • ニッセンホールディングス、120人の人員削減を実施
  • 日本たばこ産業(JT)、1754人の人員削減 etc、etc、

 件の3社以外にも、今年に入ってからこれだけの“名の知れた”東証一部上場企業で、人員削減が実施されている。

 しかも、ルネサスでは早期退職後、人材派遣会社に再就職した元社員を、派遣社員として再び雇用したという。これって、どうなのだろう…。ナンデ、ニホンジンハ、オコラナイノデスカ? 

 フランスのように暴力的になれ!とは言わないけど、もうちょっと怒ってもいいように思う。沸点が高すぎやしないか。あまりにも淡々とし過ぎだ。

コメント15件コメント/レビュー

こういう人って、結局は自分の視野が狭く、自分のキャリアを客観的に見れず、会社の言われるまま、なすがままに生きてきたわけでしょ。自分の人生なんだから、40歳でどのような仕事をして、給与をどれくらいもらって、もらえなかったり仕事がドロップアウトしそうになった時用にお金はこれぐらい置いといて、、という人生計画を立てて、そこからはぐれた時の対策をせずに、会社に言われるがままにやられるから。ただの自業自得ですよねこれ。自分の人生計画ぐらい本気で立てて、仕事に取り組めよと思う。(2015/10/25 16:26)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「50代ミドル社員、「希望」退職の先にある絶望」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう人って、結局は自分の視野が狭く、自分のキャリアを客観的に見れず、会社の言われるまま、なすがままに生きてきたわけでしょ。自分の人生なんだから、40歳でどのような仕事をして、給与をどれくらいもらって、もらえなかったり仕事がドロップアウトしそうになった時用にお金はこれぐらい置いといて、、という人生計画を立てて、そこからはぐれた時の対策をせずに、会社に言われるがままにやられるから。ただの自業自得ですよねこれ。自分の人生計画ぐらい本気で立てて、仕事に取り組めよと思う。(2015/10/25 16:26)

50歳で左遷からの転職に何とか成功したのですが、結局『覚悟に優る決断なし』ですね。覚悟を決めれば、耐えられるかと思います。前の方が書いているように、準備は重要です。私のように左遷されてから、バタバタしているのはだめですね。リーマンショックの中、次が見つかったのは、結局「人脈」でした。たまたま応募した先に、昔面倒を見ていた若い子がいたので何とかなりました。「夜明け前の闇が一番暗い」のです。めげずにがんばって!(2015/10/22 09:37)

本音のところで『多くの企業にとって“ミドル社員”はお荷物でしかない』は判るが、私に言わせれば、それらは愚かな企業でもある。
少子高齢化、かつ移民受け入れには否定的な民族。将来の企業規模拡大を目指さない組織はともかく、そうでないところがミドルも含めて人員削減しているとしたら自殺行為だ。
若者を採用したくとも、選び放題の若者から見れば、そんな企業に応募するはずは無いのだから。
●少し驚いたのは、試算とは言え社内失業率が9%ということ。働き蟻の法則2:6:2を考えれば、明らかに少ない。(2015/10/21 09:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長