• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女性活用はもういい」始まったオジサンの逆襲

「オバちゃん活用」妨げる「組織の論理」ってナンだ???

2016年11月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「組織の壁」がテーマです。

 「ついに」というべきか、「やはり」というべきなのか……。日本の男女格差が111位に後退し、G7でビリとなった。

 はい、そうです。あの“ダボス会議”で知られる世界経済フォーラム(WEF)が発表した「ザ・グローバル・ジェンダー・ギャップ報告書2016」(各国の男女格差を比較した報告書)の世界ランキングである。

 原典をご覧いただければわかるように「 Global rankings, 2016」と小見出しがついたページを、スクロールでガ~ッと下げて、下げて、下げて、「まだない!」、ガ~ッ…、ガ~ッ……、「ひえ~~、ここ?!」と衝撃を受けるほど下に、やっと“Japan”という文字を見つけることができる。

 144カ国中111位。昨年より10位後退。

 111。ゾロ目。いや、違う。犬だ。「ワン、ワン、ワン」。11月1日の今日は、犬の日。なんという奇遇! まぁ、そんなどーでもいい話を交えたくなるほど、この数字にため息が出た。

WEFによる男女格差ランキングの順位(順位が低いほど男女格差が大きい)

 なんせこの10年のランキングの推移も、ご覧のとおりどんぐりの背比べ。目くそ鼻くそ。日本の順位はほとんど変わっていない。まるで私の現代国語の成績である(高校在学中常に365人中364位!……泣)。

 このランキングは「経済活動への参加と機会」「教育達成度」「健康と生存率」「政治参加」の4分野で分析したもので、日本の男女格差は教育や健康の分野では比較的小さい(教育76位、健康40位)。

 ところが、経済と政治の両分野は全くダメ。「経済活動への参加と機会」は118位、「政治参加」は103位と、いかに日本社会が“男性”で動いているかがわかる(以下、項目別)。

・「国会議員における女性比率」で122位
・「官民の高位職における女性の比率」で113位
・「女性の専門的・技術的労働者の比率」で101位

 どんだけオジさんだらけなんだ? おまけに「所得格差」は前年の75位から100位に急落し、過去50年で女性の首相が出ていないことも、低評価の一因となった。

コメント92件コメント/レビュー

 女性が多い職場に勤める男性です。

 確かに、オジサン化による組織の腐敗も問題だが、お局が仕切っている現場の腐敗も問題だよ。女が多ければ良いというものではない。
 重要なのは適正な男女比だ。そして、その適正な男女比は、仕事の性質(B to B重視か、B to C重視か)(論理重視か、感情重視か)など、様々な要因によって決定すべきであって、一律に女性が50%以上が好ましいなどと算出できるものではない。海外のデータは、参照にはなるものの、絶対視すべきではない。

 私見だが、①世界のビジネスは感情よりも論理が動く世界である、②一般的には、男性は論理面が得意で、女性は感情面が得意、③日本人は、世界一、論理よりも感情面に傾いている文化を有する、という点を総合的に考えると、社会の男女比は、諸外国よりも男性の割合が高いのは当然であるものと考える。(2017/11/02 17:30)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女性活用はもういい」始まったオジサンの逆襲」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 女性が多い職場に勤める男性です。

 確かに、オジサン化による組織の腐敗も問題だが、お局が仕切っている現場の腐敗も問題だよ。女が多ければ良いというものではない。
 重要なのは適正な男女比だ。そして、その適正な男女比は、仕事の性質(B to B重視か、B to C重視か)(論理重視か、感情重視か)など、様々な要因によって決定すべきであって、一律に女性が50%以上が好ましいなどと算出できるものではない。海外のデータは、参照にはなるものの、絶対視すべきではない。

 私見だが、①世界のビジネスは感情よりも論理が動く世界である、②一般的には、男性は論理面が得意で、女性は感情面が得意、③日本人は、世界一、論理よりも感情面に傾いている文化を有する、という点を総合的に考えると、社会の男女比は、諸外国よりも男性の割合が高いのは当然であるものと考える。(2017/11/02 17:30)

女性の活躍の必要性を、おばちゃんバイタリズムで強調している観点は素晴らしい。
従来の、仕事の論理、会社の論理、 をおばちゃんパワーが突き崩す。
おばちゃんパワーはおそらく今しか見ない?  今の連続が、歴史を作り、未来につながるから、まあいいか?  河合さんには、今回の観点と、巷に広がる、リバタリアンパターナリズムについて
具体例を、インタビューして、その鋭いコメントがお聞きしたいです。楽しみにしています。(2017/11/02 07:09)

毒キノコセオリーは一見もっともらしいけれど、社会の変化速度は時代が新しくなるにつれて等比級数的に速くなっているのだという事を考えに入れると必ずしも正しいとは言えない。調理技術の発達によって昨日まで食用に適さなかったものが食べられるようになったり、それまで食用にされていたものが実は微量の毒を含んでて条件によっては中毒を起こすという事が判明したりとセオリーの根拠が経験則から化学分析に変わった事でセオリー自体も見直しが迫られる事があるのだから。(2016/11/21 13:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長