男だ女はもう「114」。埋まらぬ日本の格差問題

ジェンダー・ギャップ指数で144カ国中堂々の114位!

 「女性起業家資金イニシアティブ(We-Fi)」を「イヴァンカ基金」とマスコミが報じ、それを鵜呑みにした福島みずほ議員の“勘違いTwitter”が炎上していた頃、「どうにかしてよ!」という悲鳴と共に、ある数字が拡散していた。

 114――。

 NTTの「お話中調べ」でもなければ、「4649(ヨロシク!)」もとい「114(いいよ!)」でもない。「144国中114位」!

 はい、そうです。世界経済フォーラム(WEF)が発表した、世界各国の男女平等の度合いを示す2017年版「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は144カ国のうち「堂々の114位!」(バックデータは表のリンクを参照、PDFファイルです)。

 昨年の111位からさらに順位を落とし、過去最低となってしまったのだ。

 ちなみにトップ5の常連国はいずれも議員・閣僚などにクオータ制(一定比率を女性に割り当てる制度)をとっていて、ルワンダの女性議員数の割合は世界トップだ。

順位
1 アイスランド
2 ノルウェー
3 フィンランド
4 ルワンダ
5 スウェーデン
 
11 フランス
12 ドイツ
 
14 デンマーク
15 イギリス
 
32 オランダ
 
49 米国
114 日本
118 韓国
 
144 イエメン
出所:The Global Gender Gap Report 2017

 144カ国中114位……。

 いったいこの数字のどこが、「アベノミクスはウーマノミクス」で、「ウーマノミクスは人口の半分を占める女性が持つ重要性を認めています(by イヴァンカさん)」なのだろうか?

 いっそのこと「144カ国中144位」と、落ちるとこまで落ちた方が語呂がいいし、居酒屋のネタにもなるし、ビリという響きは案外とかっこよかったりもする。“ビリ”って、狙ってとるのは案外難しいしね。

男女で考えるとハレーションが起きるので

 とまぁ、そんなことを考えてしまうほど日本の男女格差は悲惨な状態になっているのである。
 にもかかわらず、マスコミは「144カ国中114位」より、「アベノミクスはウーマノミクス」を“もてなした”。

 おっとっと。はい、分かってますよ。

 「格差が嫌なら自分達で起業しろ」
 「平等なんて、数字で表すものじゃない」
 「日本人て、白人が決めたランキングを病的に信奉しすぎ」
 「評価基準がオカシイから気にする必要はない」
 「気に入らないなら自分達で女性の役員数を増やしては?」
 「ていうか、安倍首相がなにをやっても気に入らないんだろう?」
  ……etc etc。

 ワンワンワンの111位だった昨年、コラム(こちら)を書いたときにこうコメントする人たちの多さに、この手の問題、すなわち男女格差問題、いや「“日本の”男女格差問題」の根深さに辟易したけど、首相の好き嫌いはさておいても、さすがに10年以上ほぼビリまっしぐら状態はやばいと思いますよ。

バックナンバー

著者プロフィール

河合 薫

河合 薫

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

69%

まあ参考になった
 

8%

参考にならなかった
 

21%

ぜひ読むべき
 

66%

読んだほうがよい
 

9%

どちらでもよい
 

23%

いただいたコメントコメント63件

女性のストは示唆に富むアイデアですね、日本全体では難しいでしょうから、地域限定で是非実験してみて下さい(経済特区として立憲民主党から提案して欲しいものですね)。(2017/11/22 07:35)

日本人の生活満足度はどの調査でも女性のほうが高い。
厳しい競争社会でうまくいかない「男」は、誰も見向きもしないし助けてくれない。世の中の大半の「男」はそういう立場にある。
なので「女」に「差別されてない人にはわからない」とか言われても、ポリコレ的に同情するふりはするが、内心は「被害者ビジネスをやられてもね…、こっちも余裕なんかねーよ」くらいにしか思わないでしょう。
そういう人たちにU先生とそのシンパのような戦闘的な方々が「セクハラガー」とか「世界ノ流レヲ知ラナイノカー」とかやられても敵意と隔意を増強するだけです。

ご提案のように、打開策は「男女」とか「ジェンダー」とかで語るのではなく、
「ケア労働」「子育て・少子化対策」とその担い手、という軸で議論するのが生産的だと思います。

そのためには、
・「ジェンダー」ではなく「生物医学的な性差」にきちんと目を向けないといけない。
・「ジェンダー」的な「女」ではなく、「出産・子育てという役割を担っていただく方」に生活上・職業上どんな配慮が必要か、等と考えないといけない。

「オンナ」を言い訳にしていい部分としていけない部分をきちんと区別しないと、まず聞く耳持ってくれないと思います。「男女」という言葉をなるべく使わないというのは、その第一歩だと思います。(2017/11/21 16:59)

「男であれ女であれ、市場労働とケア労働にアクセスする権利があり」ここが間違い。女性に、「あなた責任持って大黒柱やってね、家事子育てやってあげるから」って男性がいったら一般的には結婚は無理ですよね。114位の実情は、日本の女性は世界一世渡り上手ってことでしょうか?

「男は、市場労働が必須であり、最近はケア労働もしないと相手にされません」で
「女は、市場労働は意識高い系ならやるっていう選択肢もあるけど、基本的には男がやってよね、ケア労働は私の権利だから譲らない、でもしんどい時は手伝うのが当然」です。(2017/11/20 20:56)

コメント(63件)を読む/書く

閉じる