• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食堂に3時間放置、朝3時に着替えの介護現場

「対策は職員のストレスケア」という厚労省のピンぼけっぷり

2017年11月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なぜ、こんなにも“温度”が下がってしまったのか。
 慣れっこになった? 仕方がないとあきらめた?
 あるいは「自分には関係ない」と思っているのか。

 数年前には連日連夜大々的に取り上げられた“介護施設での事件”が、今回はテレビではあっさりと、紙面では三面で小さく報じられている。

 はい、そうです。今年の8月に東京都中野区の有料老人ホームで、入所者の男性(83歳)を殺害したとして元職員の男(25歳)が逮捕された事件です。

 「介護に対する自信がなくなった」として9月に依願退職していた元職員の男は、8月22日の早朝、ホーム内の浴室で入所者の男性を浴槽に投げ入れてお湯を張り、沈めて殺害。男性の死因は溺死で、首を絞められた形跡もあった。

 「布団を何回も汚され、いい加減にしろと思ってやった。ベッドで一度首を絞めた。その後、浴室も汚したので風呂に沈めた」――。

 男はこう容疑を認め、「大変なことをしてしまった」と泣きながら当時の状況を自供。昨年6月から現場のホームに勤務していたが日常的な暴行や他の入所者の被害は確認されていない。また、殺害された男性は校長などを勤めた方で、難病で介護が必要だったが支えがあれば歩くことができた。

 ホームを運営するニチイケアパレスは

 「遅刻や欠勤はほとんどなく、まじめに勤務していた。メンタルヘルスのチェックもしていたが、ひっかかることは一切なかった。当時の勤務体制は国の基準を満たしている」

 と説明。

 また、厚労省は介護施設の職員による高齢者への虐待が年々増加していることから(※)、自治体に再発防止策をとるように通知。施設長を対象に研修を実施し、「職員のストレス対策」として対人関係スキルの向上や感情コントロールスキルの習得などの教育を求めている。

※厚労省の調査で介護施設での虐待は06年の54件から9年連続増加し、15年度は408件、被害者は778人だった(こちら※PDFファイルです)。

これで「基準を満たしている」なら、基準が間違ってるのでは

 さて、……なんと言ったらいいのだろう。気の利いたコメントが思いつかない。
 ただ、介護施設での事件を「個人の問題」にしていては悲惨な事件があとを絶たないことは明白である。

 つまり、「国の基準を満たしている」とか、「職員のストレス対策を厚労省は指示している」とか、「体制に問題はありません!」とするのではなく「介護現場の問題」として改善策を講じる必要があることが、もはや確実になった、ってこと。

 これまでも介護現場の問題点を指摘してきたが、改めて「終の住処の“今”」のデータや証言をもとに、私たちの未来を考えてみようと思う。

コメント58件コメント/レビュー

「介護の強要は社会的に正しいのか」。

正しいのですよ。「社会」とはそうしたものです。
社会という訳語の元となっている「social」という語の意味の範囲を理解できれば、分かることです。

「社会という語の意味を理解できない人」にとっては、「介護の強要は正しくない」と認識されると思います。単純化すれば、「正しくない」と思うのは、理解力もしくは知識が不足していることに原因しています。

もちろん、社会を拒否して、純粋に個体としてい生きていくという人生の選択肢は残ります。
頑張って下さい。(2017/12/05 11:04)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「食堂に3時間放置、朝3時に着替えの介護現場」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「介護の強要は社会的に正しいのか」。

正しいのですよ。「社会」とはそうしたものです。
社会という訳語の元となっている「social」という語の意味の範囲を理解できれば、分かることです。

「社会という語の意味を理解できない人」にとっては、「介護の強要は正しくない」と認識されると思います。単純化すれば、「正しくない」と思うのは、理解力もしくは知識が不足していることに原因しています。

もちろん、社会を拒否して、純粋に個体としてい生きていくという人生の選択肢は残ります。
頑張って下さい。(2017/12/05 11:04)

税金を納めているから、お前の子供は俺の下の世話をしろと?
そんなはしたカネを納めているだけで、ずうずうしいにもほどがある。
子育て世帯も多大な税金を納めている。16歳未満の控除もなくなった。児童手当は月1万~1.5万円。たった1~1.5万円で1人の人間を養育できるか?
こどもを育てるのにどれだけの経費と時間をかけていると思っているのだ。
どんな事情があろうとも、子供を養育しなかった人生で、結果的に数千万~数億円もの多大な経済的恩恵を享受してきたのだ。
楽な人生を送ってきて、老後も楽をさせろと?他人の子供にただ乗りか?
こんな意見が恥ずかしげもなくまかり通る世の中だから、この国は少子化で滅びつつあるのだ。(2017/11/28 23:43)

介護施設で所長をしているものです。

うちも安月給、16時間夜勤、特に今は今迄にない人不足で、私自身が夜勤を5回以上、スタッフにも夜勤を6、7回お願いしています。休みは他施設から応援をお願いし、出来る限りスタッフの希望を叶えていることもあり、施設の体制を理由に辞める職員はいなくなりました。
また人間関係がとても良好なので、それを理由に人不足でも何とか雰囲気良くやっていると思います。

他の施設の状況は分かりませんが、夜勤を連続で行わせている施設もあれば、有給も与え人不足は無いという施設もあると聞いています。

施設の質 に関して言えば、介護だけでなくどの仕事もですが、会社や所長の方針、何を大事にしてるかで、変わると思います。
確かに介護は肉体的、精神的にもキツい仕事です。特に、この事件のように、便に関しては、どれだけ温和な性格のスタッフであっても参ってしまうことが多々あります。
虐待に関して、私自身も利用者の方にイライラすることがあるからこそ、スタッフの気持ちを受け止め、なるべく風通しの良い環境になるようにしています。それだけでも大分違うと思います。


一方で、介護という仕事そのものの環境についてですが、
この先、自分が介護を受けることはもちろん、家族の介護をする立場になったり、すべての人に関わる問題です。
昔と違い、家にいる女性が見れば良いという環境ではないからこそ、もっと若いうちからみんなに真剣に考えて欲しいなと思います。悲観的にでなく、生きていく中で、当たり前のこととして。

記事にもありますが、介護は殆どが人件費なのです。介護職員の処遇が低いのは、国民が介護という仕事の価値を認めてないからだと思います。
今はまだ介護保険も1割ですが、安くて良いという考えではなく、そこにいくらかかり、足りないのであれば早い段階から自分で備える

その位、税制や自分自身の老後貯金を真剣に考えるべきだと思います。

介護そのものが必要かという意見もありますが、どんな人も、その人らしく心地よく最後まで生きたいと思うものだと思いますし、
この事件の亡くなられた方のように、どれだけ立派に生きてこられても、お金を払って仕事として介護をお任せしているのに、最後病気であるが故に他人を困らせ、その結果が殺される というのは、決して人ごとでは無いと思うのです。(2017/11/28 14:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授