• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「#子連れ会議OK」アナタの常識はNOと言う?

“赤ちゃんが可哀想”同伴出社拒否する薄っぺらい正義

2017年11月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「常識と非常識」について考えてみる。

 もう散々あっちこっちで“正義”のぶつかり合いが展開しているので、取り上げるつもりはなかったのだが、これまたあっちこっちから「意見」を聞かれるので取り上げることにしました。

 と、しょっぱなから長い言い訳で申し訳ない。
 だが、私の答えは決まっているのだ。

 「いいじゃない。お母さん・お父さんからのケアが必要な赤ちゃんも、幼稚園で預かってもらうのが難しい障害を持つ子供も、家族からのケアが必要なおじいちゃんおばあちゃんも、み~んな“同席する”。そんなにぎやかで、開かれた議会があってもいいじゃない」――。これが私の見解である。

 もし議長が、

 「実は昨日、申し出があったんですけど『それについてはまた後日、ゆっくり話しましょう』って言ったんですよね。でももう今日、彼女は赤ちゃん連れてきちゃったんで、とりあえず今回は特例ということでこのまま議会を始めます。後日、本人の意見も聞き、みなさんと議論をしたいと思います」

 そう宣言してくれれば“チャンチャン”だった。

ヒーローになり損ねた議長

 というか、そうすれば熊本市の澤田昌作議長は、一躍“ヒーロー”になったに違いない。

 だって、働く女性が増え、共働きが当たり前になり、どう考えてもケア労働者は足りていないわけで(ケア労働についてはこちら 『男だ女はもう「114」。埋まらぬ日本の格差問題』)。新たな問題を解決するために前例を壊し、それでまた問題が起これば、そこで一つひとつ何をすべきか考えればいい。

 が、“常識”好きの人たちはそれを許さない。
 「何を言ってるんだ! だから河合薫はダメなんだよ!!」
 と、既に口を尖らせている人たちの顔が山ほど見える。

 この手の問題については“自説”こそが正義で、早急な解決が必要にも関わらず「他人がなんと言おうと考えを変えるつもりが毛頭ない」人たちで溢れているのだ。

 ええ、そうです。遅くなりました。
 取り上げるのは、平成のアグネス・チャンこと“熊本市の緒方夕佳議員(42歳)”が、市議会に生後7カ月の長男を連れて着席した“事件”です。

 緒方議員の“行動”に議会は紛糾。結局、出席は認められなかった。緒方議員は長男を友人に預け、議会は40分間遅れで開会した。

 この“事件”はかなりのメディアが一斉に報じたが、大切な部分が切り落とされ、極めてセンセーショナルに伝えられている。なので、赤ちゃん同席に至るまでの経緯も含め、確認できた範囲で紹介する。

コメント235件コメント/レビュー

> それでもルールに守られた成熟した社会とやらを望むなら、どうぞ勝手に殻に閉じこもってて下さいな。
> わたしはルールなんてものは利用する価値があるかないかで判断しますので。

そんな勝手は日本では許されない。
あなたこそ日本を嘆くのではなく、どこかの無法国家にでも行って好きにするといい。
好きにできるとも思えないが。

ルールに守られて恩恵だけは享受し、ぬくぬくしてるヤツほどこんな勝手を言う。
筆者もその傾向が強いようだが。(2017/12/11 17:39)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「#子連れ会議OK」アナタの常識はNOと言う?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> それでもルールに守られた成熟した社会とやらを望むなら、どうぞ勝手に殻に閉じこもってて下さいな。
> わたしはルールなんてものは利用する価値があるかないかで判断しますので。

そんな勝手は日本では許されない。
あなたこそ日本を嘆くのではなく、どこかの無法国家にでも行って好きにするといい。
好きにできるとも思えないが。

ルールに守られて恩恵だけは享受し、ぬくぬくしてるヤツほどこんな勝手を言う。
筆者もその傾向が強いようだが。(2017/12/11 17:39)

賛成派の主張は理解しがたい。
私の読解力が不足しているのだろうか、改定すべきなら手順を踏んでやれば良い、というニュアンスがなぜ賛成派のコメントでは多数派に見えないのだろう。反対派の方こそ手順を踏んでやれば良いという意見が多いようにさえ見える。

法改正したくて強行突破が当たり前になれば、「飲酒運転が増えても愛飲家のためだ」と評価するのだろうか。『憲法で男女平等だから、男女別風呂の法律は無視して良い』が暴論だとはすぐ理解されるだろうに、『予めベビーシッターを用意した議員が、議員以外入場禁止のエリアに子連れで入って良い』となるのは私の感覚にはなじまない。
ちなみに、公衆浴場法には「男女別」が明記されてはいないが、そう読み取れる(読み取るべき)条項はある。明記されていないために混浴温泉が国内に存在するのだが、圧倒的施設では法令の「べき」論で男女別となっている。そういうファジーな条項以外は、飲酒運転のように可否が明確な規則しかないのであって、必要性があれば変えれば良いではないか。(2017/12/07 09:47)

まあ、よくあるダメな日本のパターンだね。前例がないとかホントくだらないと思う。(2017/12/07 01:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授