• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

下ネタギャグで笑いをとるオジさんの共通点

ご本人が思いもしないセクハラ被害を生むワケ

2017年12月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「飲み会とセクハラ」について、アレコレ考えてみる。

 ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ疑惑報道を皮切りに、連日連夜、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本で、「んったく…」とうんざりするほどセクハラ報道が続いている。

 いや、曝露、と言った方が正確かもしれない。
 #me too のもと、これまで表沙汰にならなかった“事件”が次々と報告されているのだ。

 先月末には、英労働党元職員の女性がハリウッド女優らによる相次ぐ告発に「勇気が出た」と、自らも党幹部によるセクハラ被害にあったことを告白……、

  • ファロン国防相は、女性ジャーナリストのひざを触った疑惑で12月1日に辞任
  • グリーン筆頭国務相は、運動員へのセクハラとパソコンにポルノ画像が保存されているとの疑惑が浮上したが本人は否定
  • ウェールズ自治政府のサージェント議員が相次ぐセクハラ疑惑で更迭。サージェント氏は閣僚辞任の際、「私の潔白を証明する調査を望む」とコメントし、7日に自宅で死亡しているのが見つかった。

 スウェーデンでは、政界で働く1300人以上の女性がセクハラ・性被害を連名で告発。中には、250件ほどの性暴力事件もあり、地元警察も動き出した。

 また、米国ではトランプ大統領にセクハラされたと訴える女性3人が、連邦議会に調査を請求。
 トランプ氏は否定しているが、

  • 飛行機の中で女性の胸をつかみ、手をスカートの中に入れようとした
  • 同意なしにキスをした

 と、女性たちは主張している。

日本ではワイドショーのネタ化しているけど…

 日本は日本で「なにやってんだか…」と、これまた呆れるような報道が相次いでいる。

  • 立憲民主党の青山雅幸衆議院議員のセクハラ疑惑
  • 初鹿明博衆院議員の強制わいせつ疑惑
  • 福井県あわら市の橋本達也市長のセクハラ疑惑
  • 兵庫県川西市の本荘重弘副市長のセクハラ疑惑
  • 岩手県岩泉町の伊達勝身町長のセクハラ疑惑
  • 暁星国際高校硬式野球部の男性監督のセクハラ疑惑

 単に“セクハラ”といっても、性的暴行から、身体への接触、性的な言動、「自分に気がある」という勘違いに基づく行動まで、被害は相当に広い。

 被害を受けるのも、女性とは限らず、男性もいる。
 行為者は映画界、メディア界、政界、スポーツ界、教育界など、至る所にいて、権力者の立場が顕著に強く、男性の多い業界ほどセクハラが横行しているのは、万国共通である。

 ただ、欧米のセクハラ問題が「男女差別」という視点から語られるのに対し、日本は「スケベなジジイ」といったワイドショー的な受け止め方が強い。あくまでも個人的な感想だが。

 たとえば米国では、2017年の「今年の言葉」として「フェミニズム」が選ばれた(あのウェブスター辞典を出している「メリアム・ウェブスター」が選んでいます)。

 これは、前の年と比べて検索された件数が急上昇した言葉に対して贈られるもので、「フェミニズム」の検索件数は、2016年から70%上昇。年間を通じて検索上位だった。

コメント59件コメント/レビュー

コミュニケーションが取れている職場でセクハラが少ない理由を理解できていないコメ欄の方が、他人事ながら心配になりました。
お互いにコミュニケーションが取れていれば、相手が不快になるような言動がそもそも無いのでセクハラ、パワハラと訴えることが無いと言うことだと思います。
逆にコミュニケーションが無いと、上司や異性の発言で傷ついてもそれを相手に伝えることが出来ず、第3者に訴えるか我慢するしか選択肢が無いので、ハラスメントになってしまうのでしょう。
コミュニケーションが無い職場とは、全員が朝から晩まで無言の職場だけではなく、言葉が一方的で受ける側が言葉を返せない状態の時も多々あると思います。
宴会云々は関係ないとはいいませんが、禁止してもセクハラは減らないと思います。(2017/12/26 18:51)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「下ネタギャグで笑いをとるオジさんの共通点」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コミュニケーションが取れている職場でセクハラが少ない理由を理解できていないコメ欄の方が、他人事ながら心配になりました。
お互いにコミュニケーションが取れていれば、相手が不快になるような言動がそもそも無いのでセクハラ、パワハラと訴えることが無いと言うことだと思います。
逆にコミュニケーションが無いと、上司や異性の発言で傷ついてもそれを相手に伝えることが出来ず、第3者に訴えるか我慢するしか選択肢が無いので、ハラスメントになってしまうのでしょう。
コミュニケーションが無い職場とは、全員が朝から晩まで無言の職場だけではなく、言葉が一方的で受ける側が言葉を返せない状態の時も多々あると思います。
宴会云々は関係ないとはいいませんが、禁止してもセクハラは減らないと思います。(2017/12/26 18:51)

よく解らないのが、コミュニケーションがよく取れている職場ではセクハラが少なく、コミュニケーションがとれていない職場ではセクハラが多いとのことです。通常、自分のことが理解されていない状態では、良く見せようと変なことはしないように注意すると思うのですが、そのような環境の方がセクハラが多いというのは、加害者が羞恥心を捨てたやけくそ状態になっているということになります。酒の影響が大きいのではないでしょうか?日頃抑えていた感情が、酔いの影響で解放されてしまったとしか思えません。普段は良い人、ということからもそう考えられます。いっそのこと、会社の決まりとして、コミュニケーションがよく取れていない職場では、宴会は禁止とすると、セクハラは大きく減るのではないでしょうか?通常は、コミュニケーションの活性化のために宴会と言われますが、それがセクハラの原因だというのは目から鱗が取れました。(2017/12/26 15:43)

身体型セクハラはわかりやすい反面、言葉のセクハラは男女間の意識の差が大きすぎることに尽きると思う。対策係の長をやっている方レベルでも、身体型セクハラは絶対やったことがないと断言できる方でも、言葉のセクハラは過去に一度や二度はイエローカードを貰ったこと位はあるのではないかと思う位難しい問題です。
あと、同性間ならセクハラにならないと勘違いしているバカがいましたね。
だじゃれ好きでも下ネタが絡まないだじゃれなら聞いていてちっとも気になりませんが、そんなタイプを嫌い下ネタを振ってくる同僚とか…。同じレベルに落ちたくないし、お前の方が余程不愉快なんだよって心の中で思っていました。(2017/12/26 14:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長