• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リターン獲得よりリスクを減らす視点が重要に

リスク・アドバンテージ再考(前編)

2016年10月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:beeboys - Fotolia)

 硬い話になってしまうが、コンペティティブ・アドバンテージ(競争優位性)という言葉がある。経営戦略論の世界で、競争相手に比べて、より良いポジションにあることを言う。たとえば同じものを作るのにコストが低い、とか、強いブランドがあって、より高い値段で売れる、とかいった状態だ。

 1980年代前半にマイケル・ポーターというハーバードの教授が理論的な枠組みを構築してから、経営戦略の基本コンセプトとして活用され続けている言葉であり、考え方である。

 その後、こういった有利なポジションを作れる能力・資源に着目した学派が現れ、「ポジショニング派」に対して、「リソース派」ないし「ケイパビリティ派」と呼ばれるようになった。両者間の論争はいまでも存在しているが、実務の立場から言えば、ポジショニングとリソースはコインの裏表で、本質的には同じようなことを説いていて、両方とも「優位性」重視の学問的潮流だと思える。

「リスク中心」の新しい優位性の視点

 さて、これまでのコンペティティブ・アドバンテージについての議論は、主として、より多くのキャッシュを得ることに焦点を当てていた。競争相手より低いコストで製品・サービスを提供し、同程度の値段で売ることができれば、利益、すなわち手元に残るキャッシュフローは大きくなる。ブランド力で高い値段で売ることができるのも、同様だ。

 この伝統的なコンペティティブ・アドバンテージの「キャッシュフロー中心」の視点に加えて、リスクの取り方・マネージの仕方に焦点を当て、「リスク中心」の新しい優位性の視点を持とう、というのがリスク・アドバンテージという考え方だ。

 ここのところ、将来の不透明さが高まり、ビジネスを取り巻くリスクは体感的に増大しつつある。イスラム国の台頭に代表される非国家組織の脅威。領土という物理的空間(たとえば、南シナ海)とネット上のサイバー空間(たとえば、ロシア発とされるサーバー攻撃による米国大統領選への介入)の両方で高まっている地政学リスク。あるいは、デジタル革命の進展によるまったく違ったルールでの競争。

 こういったビジネスを取り巻く環境に鑑みて、リスク・アドバンテージというコンセプトに沿って、競争戦略を見直してみよう。こう考え、BCGのフェローとして、ここ3年、悪戦苦闘しながら、リスク関連のコンテンツを考え、構築してきた。以前にも、簡単に紹介したことがあるが、一応の集大成として、もう少し詳しく、お伝えしてみたい。

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「リターン獲得よりリスクを減らす視点が重要に」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長