• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カーテン屋と老舗旅館、矜持の行方

減ずれば鈍す。しかし嘆かず進むべし

2016年5月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(ご相談をお寄せください。こちらのフォームから)

ご相談

 仕事を辞めようかどうしようか、迷っています。辞めてどうするんだと言われて、確たる答えがあるわけではないのですが、はっきりしているのは、今の状況のままでは、未来が見えない、描けないということで…。(40代男性)

遙から

 「仕事を辞めることにしました。世界を旅行してみたいと思います」

 そう連絡をくれたのは長年、私のいろいろな我儘を聞き入れてお付き合いくださった“カーテン屋さん”だった。その男性の「匠」としての腕の確かさを私はこの目で見てきた。

良いカーテンには価値がある

 ホームセンターやネットスーパーなどで販売されている手頃なカーテンと違い、いわゆるカーテン専門店に直接オーダーするカーテンはかなり高額だ。しかし、イメージした通りのものが仕上がり、部屋に掛けると、突然、無機質だった部屋が息吹を得て、生命を吹き込まれた空間へと変化した。実は部屋のクオリティを決めるのは、カーテンだったのだと気付かせてくれる。心地よさを増し、ほっとさせてもらう。良いカーテンは投資の価値あり、だと私は知ってしまった。

 しかし、私は大阪のねーちゃんである。作ってもらう時に「いいカーテンが、安くできたらうれしいなあ」は当然だ。

 そのカーテン屋さんは「当店は高級な素材を使っておりますので…」などと慇懃に拒絶したりせず、廃版間近の布地の中から、「あ、これいいな!」と思えるものを選び出し、かなりお安い価格で作ってくれた。「引越しした」と言えば、新しい部屋の窓枠に合わせて仕立て直してくれ、「光が入らないように」と願えば、針ピンできれいに壁に止めてくれた。

 カーテンは飾り物ではなく、日々の生活を上質にするもの。彼のカーテンは、そのことを改めて教えてくれた。

 彼のカーテン屋としての矜持を感じる瞬間がある。

 それは出来上がったカーテンを箱から取り出し、レールに設置する時だ。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「カーテン屋と老舗旅館、矜持の行方」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長