• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

舛添氏の答弁はなぜあれほど怒りを買ったのか

改めて考えてみた、8つのポイント

2016年6月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(ご相談をお寄せください。こちらのフォームから)

ご相談

 舛添知事の一連の疑惑、いろいろ問題がありそうで怒りを禁じ得ません。しかしふと、自分が感じているこの怒りの大きさは、どこからくるのだろうとも考えてしまいました。これまで、もっと大きな問題を起こした人もいますが、これほどの怒りを感じていなかったように思います。メディアの取り上げ方の加減かとも考えましたが、それともまた違うような…。何やらモヤモヤが消えません。(40代女性)

遙から

 ここしばらくメディアを席巻してきた「舛添狂想曲」は15日の辞職表明で、ひとまず幕が下りた。諸々の疑惑が解明されたわけではないが、議論や解決が必要とされている、その他の様々な大事な事案がすっかり放置されるという残念な状況は、一区切りを迎えたわけだ。

「怒りの買い方」を考える

 今後の展開も興味深いが、今回は「怒りの買い方」について考えておきたい。

 質疑を経るごとに高まった舛添氏への怒り。彼はなぜ人をここまで怒らせたのか。所作か、言葉づかいか。今回はそもそも政治資金規正法に問題がある、とか、自民公明の政局が絡むとか、法的にいかばかりかとか、私人としてはどうか、といったことは棚に上げる。なぜ、彼はこうも見る者の怒りを買ったのか。8つの「怒点」で整理し、他山の石ともしたい。

1)相手によって態度を変える。

 怒声で相手をはね付けることもあれば、しおらしく頭を下げて声のトーンも落とす。相手との関係性により出す顔が違う。

 それを目の当たりにしたのは、まず今の騒ぎになる以前、外国人の記者が舛添氏の政治資金の使途について批判めいた質問をした時だった。舛添氏はその外国人記者に向かって指をさし、不機嫌をあらわに激しい口調で「批判を否定する証拠もある。見にいけ!」的な発言をして一喝した。

 もうこの時点で、冷静に対処すればいい話じゃないかと思うが、百歩譲って「根も葉もない批判に敢然と反論するリーダー」を演じ、頼もしさをアピールするというのも、政治家としてはありとしておく。しかし、痛いところを突かれたことですっかり余裕をなくし、声を荒げたとすれば、何ともお粗末な態度だ。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「舛添氏の答弁はなぜあれほど怒りを買ったのか」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長