• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「糖質制限」で健康になれるのか?

私には合っていないようなのだが、どうなのか

2017年6月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ご相談

若い頃はたくさん食べても太らなかったのに、気づけば土俵に上がれそうな腹回りに…。周囲に聞いてみると、糖質制限ダイエットで痩せたという人がちらほらいて、私もやってみようかと興味を持ちました。しかし、ネットでいろいろ調べてみると賛否両論。遙さんは体調管理や体型維持にどのように取り組んでいらっしゃるのでしょうか。個人的には、とんかつ定食を頼んでご飯を残す、という行為に大変抵抗を感じています…。(40代男性)

遙から

 糖質制限。よく耳にしてはいた食事療法を私も経験することになった。

 そもそもは糖尿病の療法だそうだが、ここ数年、もっぱらダイエットの手法として世に広がった感がある。私の場合は糖尿病でもダイエットでもなく、"健康のため"に医師から指導を受けてのことだ。

 単純な理解では、炭水化物を抜いて、タンパク質と脂質をしっかり取る食事療法。ごはんやパンや麺などいわゆる「主食」を食べない食事を続けるのだが、これが、ここ1か月半の私の苦悩を生み、今なお、思考錯誤、という苦悩を生んでいる。

 ダイエット目的ではなく健康目的での糖質制限はどんな世界なのか。私の経験をまとめておく。

エネルギーが…

 まずパンや米を一切食べないことにした。朝は目玉焼きに野菜ジュースにカフェオーレ。

 昼は野菜炒めに肉を入れて、それだけ。夜は肉や豆腐を野菜と混ぜる料理、水炊きやら、すき焼きやら、ご飯抜きのカレーやら、シチューやらを食べた。

 変化は3日目にすぐ起きた。

 …1キロ痩せている!

 一般的には喜ばしいことだろうが、私は違った。ヤバイと感じた。なぜなら、私が食事療法まで挑戦して手にしたいと望んだのは、"今より健康な身体"であって、痩せたい、ではない。すでに私は十分に痩せている。

 痩せた身体でさらに痩せてしまうと、まずエネルギーがなくなった。すぐ疲れ、根気も失せた。

 これを続けていいのか医師に聞いた。

 糖質制限を続けることで、体質を改善できるという回答だった。糖質を燃焼させる体質から脂肪を燃焼させる体質に変わり、ケトン体がエネルギー源に…などと説明が続いたが、なかなか複雑な話で、根気の失せた頭に入ってこない。

 ひとまず医師の薦めに従って、続けることにした。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「「糖質制限」で健康になれるのか?」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長