• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「最強妊婦」たちに映る絶望

子育ての不安が消えない、この貧相な社会

2016年7月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(ご相談をお寄せください。こちらのフォームから)

ご相談

 子どもを授かりました。とてもうれしいのですが、不安がないと言えば嘘になります。産休後の復職はスムーズにできるだろうか。保育園は確保できるだろうか…。改めてこんなことを言うのも何ですが、日本は先進国で経済大国なんですよね? なぜこれほど子育てに不安を感じる環境なのでしょう…。(30代女性)

遙から

 都知事選がかまびすしい。東京都に山積する問題の一角に少子化があり、その解決案が公約として並ぶ。しかし私には、データが示す少子化と周囲の現実とがうまくマッチしていない。

出産ラッシュ

 というのも、私の周りは出産ラッシュなのだ。出演番組の共演者たちはフツーに妊娠し、フツーに出産休暇を取り、フツーに元の番組に戻る。タレントでもアナウンサーでも代役は山ほどいるから番組的には誰がいつ妊娠してくれても大丈夫な状況下で、それを謳歌するようにみんな、もう敢えて"みんな"と言いたい。みんな結婚し妊娠し出産している。

 ある日の収録時、妊娠9カ月目に入る女性タレントたちが楽屋で互いの出産について話しているのを、距離を置いて眺めていた。その時に彼女たちのある共通項に気づいた。

 その① 美しい。
 そう。妊娠している女性タレントたちの多くは、一般に美しいと言われる容姿の持ち主である。

 その② 気が強い。
 1人の妊婦タレントが言った。「私は産む役だから、あなたは育てる役ね、と夫に通達済み。私は産むだけ。育児負担は夫の役目」。優しく子煩悩な夫なのか、ひたすら尻に敷かれているのかなどは定かでないか、妻がそう言い切れる夫婦関係がある。

 その③ がっちり自立している。
 女性たちはみな、フツーの自立じゃなく、しっかり自立というのも超えて、がっちり自立している。タレント弁護士だったり、タレント女医だったり、局から独立したアナウンサーだったり。どれもこれも夫の庇護のもとの弱者婚ではなく、いつでも別れるわよ系の強者婚の流れの妊娠だ。

 だから言える。「私産むから、あなた育ててね」。

 相手が従順になるほどに惚れさせる魅力を持ち、なおかつ気が強く自立しているから、気に入らなければ夫が捨てられる。実際に別れるかはともかく、いざとなれば自力で何とかできる自信を持っている。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「「最強妊婦」たちに映る絶望」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長