• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「奇跡のリンゴ」、次は「奇跡の米づくり」

第十四代中川吉右衛門が考える明日の農業

2016年1月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あの、奇跡のリンゴは、米づくりの明日までも変えるかもしれない。痛感しました。「自然栽培」はクリエイティブそのものであると。

 ここは、山形県高畠町。米沢市からほど近い青々とした田んぼの広がる場所。そこで江戸時代中期から代々農業を営む家に生まれた中川さん。言われるまでは、とても農民とは思えない風貌。トークも明快で、反骨精神も十分。東京で面白いことをやっている若い社長という感じです。

 その中川さんは、農業は日本を変えられる。そう断言します。その言い方にはまるで力みが入っていません、それどころか自然体。何がそこまで強く信じさせているのか、とても好奇心が湧いてきました。

 中川さんは幼少の頃、お父さんを亡くしました。それ以来、農業に関心もなければ、高畠という土地も大嫌いだったそうです。よくわかります。私も網元の家に生まれたので、跡継ぎという他者からの眼差しと、古い体質や因習には正直ついていけませんでしたから。

「奇跡のリンゴ」を観て農業を継ぐ決心

 で、中川さんは東京へ。自立するために事業を興し、いわゆるとび職として生計をたてる。ある日、そんな彼の目に飛び込んできたのが、テレビドキュメンタリー番組の「奇跡のリンゴ」。感動したわけでもないのに、自然に涙がこぼれ落ちた。これが、第十四代中川吉右衛門の始まりです。

コメント0

「マーケティング・ゼロ」のバックナンバー

一覧

「「奇跡のリンゴ」、次は「奇跡の米づくり」」の著者

関橋 英作

関橋 英作(せきはし・えいさく)

マーケッター

外資系広告代理店JWTでコピーライターから副社長までを歴任。ハーゲンダッツ、キットカット、デビアス・ダイヤモンド、NOVA英会話学校など、数多くのブランドを担当、成功に導く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長