• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

医療費の自己負担率を疾病別に:実態調査で試算

公的医療保険改革のコアは給付範囲の哲学の見直し(2)

2015年12月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラムを参考に、疾病別の自己負担を導入し、公的医療保険の給付範囲の見直しを行ってみよう。

 まず、大雑把な医療費の分布を把握するため、厚労省「医療給付実態調査」(平成25年度)の第6表を利用し、入院外と入院の医療費の分布を確認する。

 入院外の医療費(診療報酬)の点数分布は以下の図表1の通りである。

図表1:入院外の医療費の点数分布
(出所)厚労省「医療給付実態調査」(平成25年度)第6表から筆者作成

 入院外の分布を見ると、「500点未満」が全体の39.0%、「500点以上1000点未満」が27.9%、「1000点以上2000点未満」が19.7%で、2000点未満が合計86.6%を占めている。これは、入院外の場合、1件の医療費が2万円未満である診療が全体の約85%を占め、全体の約40%が5000円未満の診療であることを意味する。診療報酬は基本的に「1点=10円」だ。

 他方、入院の場合は異なる。図表2が入院の医療費(診療報酬調剤報酬)の点数分布である。

図表2:入院に関わる医療費の点数分布
(出所)厚労省「医療給付実態調査」(平成25年度)第6表から筆者作成

 入院の分布を見ると、「20000点以上30000点未満」が全体の11.7%、「30000点以上50000点未満」が27.9%、「50000点以上80000点未満」が19.8%、「80000点以上」が15.9%で、20000点以上が合計75.3%を占めている。これは、入院の場合、1件の医療費が20万円以上であるケースが全体の約75%を占め、80万円以上であるケースも15.9%も存在することを意味する。診療報酬等も基本的に「1点=10円」である。

 このため、公的医療保険が担う基本的役割を堅持しつつ、財政再建を行うため、自己負担を引き上げる場合、最初に引き上げの検討対象となるのは、入院外の医療費であろう。

コメント2

「子供たちにツケを残さないために、いまの僕たちにできること」のバックナンバー

一覧

「医療費の自己負担率を疾病別に:実態調査で試算」の著者

小黒 一正

小黒 一正(おぐろ・かずまさ)

法政大学経済学部教授

1974年生まれ。京都大学理学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。大蔵省(現財務省)入省後、財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授などを経て、2015年4月から現職。専門は公共経済学。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官