• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

勃興するソフトウェアベースのニュー宇宙ビジネス

「賞金稼ぎ」ベンチャーは月を目指す

2015年7月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「宇宙のバウンティー・ハンター(賞金稼ぎ)」といえば映画「スター・ウォーズ」だが、最近、世界各地に「現代版賞金稼ぎ」が出現している。

 Xプライズ財団(米カリフォルニア州)が主催する「Google Lunar XPrize」という月着陸コンテストのことだ。2007年から始まったこのコンテストでは、「月に着陸し、500m以上移動し、高精細の動画と写真を地球に送信する」という課題を最初にクリアしたチームに2000万ドル(約25億円)の賞金が出る。このほか、「アポロ着陸場所に行くと追加賞金」などのボーナス課題もいくつかあり、賞金総額は3000万ドルだ。

 世界中から集まった「賞金稼ぎ」たちのうち、予選を通過した18チームが現在決勝リーグを戦っている。米国、欧州、アジア、南米などの多彩な顔ぶれの中に、日本の「HAKUTO(ハクト)」チームがいる。白兎(ハクト)のマークをつけた月面無人探査機(ローバー)は、最近日本のグーグルのテレビCMで、「月までの距離は?」という場面でフィーチャーされている(冒頭の動画を参照)。

 7月、ハクト・チームが新宇宙(ニュー・スペース)ビジネスのカンファレンスに出席するためにシリコンバレーにやってきたので、チームリーダーの袴田武史さんにお話を伺ってみた。宇宙ビジネスは、文字通り「はるかに遠い世界の出来事」だと思っていた私は、「カンファレンス」ができるほどの宇宙ビジネスの民間企業があるということに驚がくしたのだった。

 さて、ここで大事なポイントは、このコンテストの参加条件が「90%以上が民間資金で賄われていること」であるという点である。政府による国家プロジェクトであってはいけない。

 ハクトも、東京にあるiSpace(アイスペース)というベンチャー企業と東北大学の合同チームで、当然ながら民間資金でプロジェクトを行っている。見せていただいた最新バージョンのローバーは、カメラを搭載して重量2kgという超小型軽量が特徴なのだが、そこには切実な理由がある。

コメント6

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「勃興するソフトウェアベースのニュー宇宙ビジネス」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者