• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人気のスラックが問う日本人の基本動作の欠如

目指せ、クラウド流免許皆伝

2015年10月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国でユーザーが急増している企業向けビジネスチャット「スラック(Slack)」のサイト

 シリコンバレーで会議に出席する機会があれば、自分より前に座っているほかの出席者が、パソコンやタブレットを開いてどんな「内職」をしているか、ちょっと見渡してみると面白い。数年前はツイッター系のアプリを開いている人が多かったが、最近は、あずき色の枠で縁取られたサイトやアプリを開いている人を多く見かけるはずだ。

 それが、噂のスラック(Slack)である。どう噂かというと、売り上げマルチプル(企業評価額が年間売り上げ額の何倍か)という「ベンチャーの人気指標」で、前回に紹介した三冠王、米配車アプリ大手のウーバーテクノロジーズに迫っており、この2社がほかをダントツに引き離している、ということだ(出所はこちら)。

 スラックが提供している社名と同名の企業向けビジネスチャット「スラック」は、メッセージベースのチーム・コラボレーション・ツールである。カタカナばかりで申し訳ないが、漢字にしたらますます意味不明になるので仕方がない。

ネット上の共同作業場

 「コラボレーション・ツール」とは、プロジェクトに必要なドキュメントを保管したり、連絡やカレンダーなどの情報を1カ所に集めて、チームの中で共有するための、クラウド上の「共同作業場」だ。

 過去にも数多くあり、その昔大企業で「ロータス・ノーツ」が業界スタンダードであった時代から、もっと最近では、中小企業向けの外部サービスである「ゾーホー」や「ベースキャンプ」、「チームワーク」などがよく使われている。少々位置づけが異なる「ドロップボックス」や「エバーノート」、消費者向けには「グーグルグループ」や「グーグルドライブ」なども、仲間内で情報をシェアするために使われる。コラボ・ツールは、「クラウド時代」の中心的な存在である。

 一時人気になってもすぐに消滅したものも多く、安定した人気と思っていたエバーノートでも最近は人員削減をするなど、この分野は特に栄枯盛衰が激しい。そんな中、ユーザー数を急増させているツールとして注目されているのが、スラックだ。

 ユーザーの目から見てほかのツールと比べたスラックの特徴はというと、まず「メールではなくメッセージ」という概念が基本であることだ。重要なお知らせはスマートフォンのアラート、リアルタイムのやり取りはチャット、絵文字も使える。電子メールではなく携帯電話のテキストメッセージ(日本ならLINE)で育った若い世代に親和性のあるインターフェースである。

 次に、「たくさんの外部アプリと連携しており、高度に自動化されている」という点。例えば自分のグーグル・カレンダーに入力したミーティング日時が自動的にスラック経由でメンバーに告知されるし、参考ニュースのURLを入れればスニペット(検索結果で表示されるサイトの説明文)と写真が自動表示される。ウェブサービスやアプリとの連携を自動化するスマホ用アプリ「IFTTT(イフト)」を使えば、「こういうことが発生したらこうなる」という多種の動作を自分で組み込むこともできる。

 そして、「非定型データの蓄積とサーチ能力」。アップしたドキュメント、URLリンク、コメント、メンバー同士のチャット内容など、あらゆるものがデータとして蓄積され、単一の検索窓でサーチできる。チャットの内容や日時はそのまま記録されているので、議事録を特に書かなくても、後で簡単に見返せる。

 コンサルタントとしての私自身の仕事では、ネットで統計数字や記事を大量に集めて読むという作業が大変な割に、これまでのどのツールでも「リンク集」の使いやすいものがなかったので、ちょっとした違いながらスラックのインターフェースはありがたい。チャットが記録として残り、サーチ能力が高いことも、アプリ統合による自動化も、じーんとくるほどウレシイ。クラウドならではの「圧倒的な生産性の高さ」は、慣れてしまうともうやめられない快適さだ。

 マイナス点としては、カスタマイズする自由度が高すぎることに加え、アプリ統合も設定に一手間かかるので、初心者には少々とっつきにくいことが挙げられる。料金体系は「フリーミアム」で、無料で試せるがやや高度な使い方は有料である(といっても月7ドル程度)。

スラックを創業した起業家、スチュアート・バターフィールド氏(写真:Bloomberg/Getty Images)

 スラックの創業者は、写真共有サービス、フリッカーの創業者でもあるスチュアート・バターフィールド氏。フリッカーの後にはマルチプレーヤー・オンラインゲームも手がけており、「多人数でのデータのシェアと共同作業」の経験が深い。

 2013年にサービスを開始。アクティブ・ユーザー数は110万人と今年6月に発表されている(出所はこちら)。 爆発的に広がる消費者向け無料アプリの感覚に慣れていると少ないように見えるが、このうち4分の1以上が有料ユーザーでちゃんとマネタイズができている。さらにユーザー数の増加の勢いがよいために、会社の評価額が高くなっている。

コメント6

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「人気のスラックが問う日本人の基本動作の欠如」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長