• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

JAXA、X線観測衛星「ひとみ」の復旧を断念

次につながる事故調査を実施できるか

2016年5月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

運用断念を発表する常田佐久・JAXA宇宙科学研究所所長

 4月28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、3月26日にトラブルを起こして通信が途絶したX線天文観測衛星「ひとみ」の復旧を断念したと発表した。トラブル発生後に続けてきた調査で、衛星本体が異常な高速回転を起こし、その遠心力で2組装備していた太陽電池パドルが両方とも脱落してしまったことが確実となったためだ。これまで太陽電池パドルが片方でも残っていれば、復旧の可能性があるとして通信を回復する努力を続けてきたが、希望は絶たれた。

 復旧断念により、今後の焦点は事故調査に移る。どのようなプロセスで最初のトラブルが発生し、発展し、事故に至ったかは、すでにほぼ判明した。だが、原因究明は事故調査の第一歩でしかない。事故を招き寄せた開発と運用の体制、またそのような開発・運用体制を採用した組織の体質、さらに遡ってそのような組織体質が成立する背景にある行政や政策にまで遡ってこそ、次につながる事故調査と言える。

 そのためには、JAXAから独立した強い権限を持つ事故調査委員会を立ち上げ、調査対象となる関係者に免責特権を与えて、すべての情報を引き出すことが必要だろう。

物理現象を調べるだけでは真の事故調査とはいえない

 これまでに3月28日にひとみに起きたトラブルは、4つの段階を経て進行したことが分かっている。幾分専門的な内容となるので、詳細は記事の最後にまとめておいた。ごく簡単に説明すると、ひとみは姿勢を調べるスタートラッカー(STT)というセンサーの信号が慣性基準装置(IRU)という機器に伝わらなかった(STTにリセットがかかったらしい)ことがきっかけで、実際には一定の姿勢を保持しているにも関わらず「回転している」と誤認。回転を止めようとして逆に回転し始めてしまった。次に、機体を一番安全なセーフホールドモードに入れようとしたが、搭載ソフトに与えるデータの一部が間違っていたために、さらに回転が加速し、ついに遠心力で太陽電池パドルと、観測機器を載せた「伸展式光学ベンチ」がちぎれてしまったのである。

ひとみの内部構造。後ろに突き出ているのが伸展式光学ベンチ(画像:JAXA)

 「一体何が起きたのか」を調べることは、事故調査の基本だが、これだけで終わってはいけない。事故のプロセスからは様々な疑問がわき上がるはずだ。「なぜそんな設計をしたのか」「なぜそんなミスをしたのか」「なぜその部品を使ったのか」「地上での試験はどのようなものだったのか」――などなど、これをたどっていくと、組織が抱える問題や、JAXAとメーカーとの関係、さらには行政や政策が抱える課題まで行き着く。そこまで調べ上げ、問題を指摘してこそ、次なる事故を防止する真の事故調査といえる。

 そのために重要なのが、「JAXAの行う調査と並行して、人事的に独立していて、かつ委員が全ての資料にアクセスでき、すべての関係者からの証言を得られるだけの強い権限を持つ事故調査委員会を立ち上げること」と、「関係者全員に免責特権を与えて、すべてをきちんと証言できる環境を作ること」の2つだ。

コメント6件コメント/レビュー

【「誰が悪いのか。責任があった者を見付けて処罰しろ」という姿勢】
殊、日本の宇宙開発に関して言えば、この姿勢が顕著なのがマスコミ各社だったように思う。
「初代はやぶさ」の帰還以降はこの傾向は幾分和らいだとはいえ、こういった処罰感情を煽り立てるマスコミもまだまだ多く、そういったマスコミにも免責特権の導入が進まない責任の一端があるのではないだろうか。
(かつての「○○億円が無駄に」を常套句とした失敗バッシングの烈しさを覚えている者)(2016/05/06 09:44)

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「JAXA、X線観測衛星「ひとみ」の復旧を断念」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

【「誰が悪いのか。責任があった者を見付けて処罰しろ」という姿勢】
殊、日本の宇宙開発に関して言えば、この姿勢が顕著なのがマスコミ各社だったように思う。
「初代はやぶさ」の帰還以降はこの傾向は幾分和らいだとはいえ、こういった処罰感情を煽り立てるマスコミもまだまだ多く、そういったマスコミにも免責特権の導入が進まない責任の一端があるのではないだろうか。
(かつての「○○億円が無駄に」を常套句とした失敗バッシングの烈しさを覚えている者)(2016/05/06 09:44)

『失敗の原因』は何だったのか。繰り返さないためには、どうすればいいのか。
これと『処罰』は切り離さなければならない、という著者の考えに賛成です。
すべて匿名で原因追及をすることはできないのでしょうか。(2016/05/05 22:30)

90年代、イギリスで医療過誤の対策をするため、原因調査に当たり、ミスを告白した医師の責任を問わない、というルールを作りました。国民からは批判を受けましたが、医療事故を減らすことにつながりました。ただし、ミスを告白した医師は、刑事罰を受けることはありませんでしたが、評判が地に落ちました。(このことは、医師がミスを告白するのを難しくしています)結局は責任を問わないと言っても、精度の高い調査は困難なのです。(2016/05/03 22:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長