新型ICBMで見えた、北朝鮮の強かな技術開発

「火星12号」の発射実験を読み解く

5月14日に発射された火星12号(朝鮮労働党機関紙の労働新聞web版より)

 前回、4月15日の北朝鮮・軍事パレードに登場した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を分析したが、同国は迅速に次の手を打ってきた。

 5月14日午前5時28分頃、朝鮮半島西部の平安北道(ピョンアンブクト)・亀城(クソン)から、新型ミサイル「火星(ファソン)12号」が発射された。ミサイルは、朝鮮半島北部を東に横切り、高度2111.5kmまで上昇した後に落下し、発射地点から787km離れた日本海の公海上に着弾した。今回の発射は、高度2000km超という高さまで打ち上げたことが特徴だ。北朝鮮が公表した映像を見ると、噴射煙の状態や周囲の作業者とミサイルのサイズの比較から、今回発射された火星12号は、ムスダンの改良型とみてほぼ間違いない。

ムスダンとの比較で見えてくる事実

 北朝鮮は2016年4月から6月にかけて、立て続けに「ムスダン(北朝鮮名は「火星10号」)」中距離弾道ミサイル(IRBM)の発射実験を繰り返し、6月22日に高度1400km、水平距離400kmを飛行させることに成功した(北朝鮮、ムスダンの開発の異常なペース:2016年6月30日参照)。

 ムスダンは、旧ソ連の「R-27」潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の技術をベースに北朝鮮が開発したミサイルだ。

 2016年から17年にかけて9回の発射実験を行っているが、完全に成功したのは6月22日の1回のみである(今年2月11日の発射は、成功か失敗かは不明と分類されている)。R-27は推進剤に非対称ジメチルヒドラジンと赤色硝酸(硝酸と四酸化二窒素の混合液)を用い、エンジンの「4D10」は、2段燃焼サイクルという高度な技術を使用している。

 9回中7回が失敗、1回が成否不明ということから、この4D10エンジンの国産化に手を焼いているものと推察できる。

 昨年6月22日のムスダンと今回の火星12号を比較すると以下のようなことが分かる。

1)全長:ムスダンは直径1.5mで全長12m。火星12号は直径がムスダンと同じと推定される。公開画像からの計測では、火星12号の全長は約15m。その分推進剤タンクが大きくなっている。弾頭部分も伸びているので、タンク部分のみで比較するとムスダンは約10mに対して、火星12号は約12m。単純に考えると推進剤が20%増しで積める。

2)飛距離と到達高度:ムスダンは高度1400kmで飛距離400km。火星12号は高度2111kmで飛距離が787km。

3)飛行時の姿勢制御:ムスダンは尾部に空力安定フィンを装備していたが、火星12号にはない。北朝鮮の公開映像は尾部エンジンにボカシをかけていたところから、小型エンジンを使った姿勢制御装置を備えていたものと推定される。

バックナンバー

著者プロフィール

松浦 晋也

松浦 晋也

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

69%

まあ参考になった
 

28%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

62%

読んだほうがよい
 

28%

どちらでもよい
 

8%

いただいたコメントコメント5件

強かだよなぁ。

あの経済規模の国でありながら、(自称)先進国の韓国よりはロケット/ミサイル技術は上のレベルまで育てたのだから、少なくともその点だけは大したものです。(2017/05/19 17:34)

詳しい技術的解説ありがとうございます。度重なるミサイル実験の失敗は焦りの現れと思っていましたが、それだけ追い詰められていると単純に思っていました。そこから色々読み解ける事があったんですね。それと飛翔体が正しく動作する状態で落下してきた事が本当なら見過ごせない事実です。あと何度か実験は必要かも知れませんが、いずれ日本からでもその事実が確認できたのなら核兵器の搭載が現実の物となるからです。今までの様に途中で分解してしまったら核爆弾にはなりえませんから。(2017/05/19 15:34)

「つまり、北朝鮮が自重していれば、金王朝が続くことが、世界にとって幸福というわけですね。」
全くその通りでしょう。北朝鮮が大人しく核開発の放棄、ミサイル開発の放棄をして大人しい国家であればどの方向の国も(国内は知りませんよ)安心できるし貿易も再開される。北朝鮮を含めどの国も発展できる。全方向皆良しですよ。こういった状況で危険だから叩いてしまえではイラク戦争と同じ轍を踏むことが分かりませんか?ISISの北朝鮮バージョンが出来上がる恐れもあるし当然火の粉はは日本に飛んできます。中東の混乱の極東バージョンの出来上がりです。日本だけを見ても恐ろしく経済が悪くなることは確実でその上余計な北のテロの恐怖も続く。精神的恐怖では無く実際に爆弾に見舞われる恐怖が。全滅すれば良いと考えるならそれが途方もなく難しい事はISISを見ても分かる通り。北朝鮮が真に平和を望むならそうさせるのが誰にとっても一番良い。雰囲気だけで適当な事を言っていてはダメだ。ただし今のように全方向に敵意むき出しではいずれ何処かが制裁を加えるでしょうね。全員の合意の元袋叩きならISISの様な事は恐らく怒らない。もっともその後どのような国になるのか、韓国か中国かロシアの何処が北を引き受けるかで状況は大きく変わるでしょう。(2017/05/19 15:28)

コメント(5件)を読む/書く

閉じる