• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

H-IIA、悲願の静止衛星商業打ち上げに成功

本格参入までまだまだ続く、曲がりくねった長い道

2015年11月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント7件コメント/レビュー

乱暴に根拠を示さずにロケットビジネス否定はどうかと思う。無駄を減らし、あわよくば利益を出す為の民生ビジネス参入なんでしょう。自分に興味の無い分野へは全て無駄というなら、オリンピック誘致も、芸術や無形文化財への国の支出も無駄と言えそうだ。大学だって実学以外への進学も無駄です。(2015/11/25 22:59)

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「H-IIA、悲願の静止衛星商業打ち上げに成功」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

乱暴に根拠を示さずにロケットビジネス否定はどうかと思う。無駄を減らし、あわよくば利益を出す為の民生ビジネス参入なんでしょう。自分に興味の無い分野へは全て無駄というなら、オリンピック誘致も、芸術や無形文化財への国の支出も無駄と言えそうだ。大学だって実学以外への進学も無駄です。(2015/11/25 22:59)

ロケットによる商売が成り立たないことは明らかです。それを知りながら断行していく理由は何なのでしょうか。官僚たちの組織を温存するための事業であるなら黙視できません。(2015/11/25 16:20)

どうしても日本の主なメディアは日本の宇宙開発事業に対しては悲観的・否定的なスタンスで書いてしまいがちのようですが、日経はまだマシな方ですね。よく言われる事として「日本の宇宙産業は政府支援に頼りきり」という批判がありますが、実は他の国々も事情は似たようなものである事を欧州の例で言及したところは良かった。(MRJの記事でも欧州エアバス社も米ボーイング社も政治的支援で成り立っているとありましたね)加えるならば日本のロケット打ち上げが失敗を繰り返していたのは過去の話となりつつあり、一方米露ともこのところの打ち上げ成績が芳しくない事にも言及して欲しかった。(2015/11/25 14:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長