• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米議会「星を所有できる」法律を可決

2015年12月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プラネタリー・リソースの小惑星探査機構想「Arkyd 200」。小惑星にランデブーし、長期間の表面観測を行う。

 このところ、米国の宇宙ベンチャーの動きがものすごく活発だ。11月23日、ネット流通大手のアマゾンのジェフ・ べゾスCEOが設立した宇宙ベンチャーのブルー・オリジンは、テキサス州の私有地で、同社の開発した有人弾道ロケット「ニュー・シェパード」の2度目の無人打ち上げを実施し、ロケット部分の垂直着陸を成功させた。イーロン・マスク率いるスペースXも負けじと12月22日、「ファルコン9R」ロケットの打ち上げで、使い終えた第1段を打ち上げ地のケープカナヴェラルに戻して垂直着陸させることに成功した。

 ニュー・シェパードの有人カプセルは、慣例的に「ここから宇宙」とされる高度100kmを越えて100.5kmに到達し、その後パラシュートを開いて無事に着地。さらに、ブルー・シェパードのロケット部分は切り離し後に、姿勢を制御しつつ降下し、最後に着陸脚を展開してロケットエンジンを再起動して逆噴射を行い、着陸に成功した。ファルコン9Rについては本日公開の、「今度はロケット、イーロン・マスクがまた革新!」をお読みいただきたい。

昭和の特撮ばりの「ロケット回収」シーン

 動画を見ると、まるで、昭和の特撮映画のワンシーンのようだ。今年4月の初打ち上げではロケット部分は着陸に失敗して失われたが、2回目の挑戦で見事成功した。

ニュー・シェパードのロケット部分の着地(ブルーオリジン)

 米国の宇宙ベンチャーは、ブルー・オリジンやスペースXのような宇宙輸送系のほかにも、有人宇宙飛行、地球観測、通信・放送、宇宙探査などのさまざまな分野を開拓している。彼らの目標はシンプルだ。「宇宙をマネタイズすること」、つまり宇宙空間を地上の経済活動と結びつけ、ビジネスの場とすることである。ブルー・オリジンやスペースXが取り組んでいる宇宙輸送系開発は、そのための手段であって「宇宙へ行くこと」が目的ではない。

コメント4件コメント/レビュー

西部開拓時代を描いた古い映画に「制限時間内に馬に乗って到達できた距離の分だけ自分の所有地にできる」という場面がありましたが、21世紀の現在よもや宇宙で同じことをやろうとするとはなあ。
あと、所有というのが必ずしも人が直接出向いて行って居住する事を意味する訳ではなく、無人の採掘往還船を送り込んで鉱物資源を持ち帰るというようなことも含むわけなので、ひょっとして日本の探査機はやぶさのサンプルリターン成功なんかも同法案提出に影響を与えたのかもしれません。(2015/12/25 10:54)

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「米議会「星を所有できる」法律を可決」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

西部開拓時代を描いた古い映画に「制限時間内に馬に乗って到達できた距離の分だけ自分の所有地にできる」という場面がありましたが、21世紀の現在よもや宇宙で同じことをやろうとするとはなあ。
あと、所有というのが必ずしも人が直接出向いて行って居住する事を意味する訳ではなく、無人の採掘往還船を送り込んで鉱物資源を持ち帰るというようなことも含むわけなので、ひょっとして日本の探査機はやぶさのサンプルリターン成功なんかも同法案提出に影響を与えたのかもしれません。(2015/12/25 10:54)

将来、他の恒星系の知的生命が地球に降り立ち「自分たちの母星で成立した法律に基づき、この星(地球)は自分のものである。」と主張する日が来る、と。そんなSF物語が浮かびました。(あれ?これってアメリカ人が大好きな『インディペンデンス・デイ』じゃなかったっけ?)。連中は、過去の植民地獲得競争の時代の腐れた正義から、その血塗られた歴史から何も学んでいないわけだ。野蛮人共め。(2015/12/24 18:46)

「横紙破り」で良いと思います。

宇宙に行く能力の無い国家/人々が、宇宙に出たい人たちの足を引っ張ってはならない。
平等になるよう国際会議で決議をまとめていたら、いつまでたっても出航なんてできないし、船出した人の成果を奪うような仕組みがあったら、だれも船出なんかしません。

「海の向こうには黄金の国がある」と思わせて、出航することこそが今一番必要なこと。
ガバナンスなんてことは、容易に宇宙に行けるようになった未来の人に任せれば良いんですよ。
そこで争いが起きたとしても、それは人類の歴史の一歩でしかないし、どうせどこかで争いなんて起きるんです。今、悪平等な仕組みを作って人類の進歩を遅らせる利点なんてありません。

人跡未踏の地へ行き、その手で握ったものは所有できる。
シンプルですが、時代の駆動力になり得ると思います。

※法律の内容の詳細解説が無いのが残念でした。この法律でどこまでできるのか知りたかった。(2015/12/24 12:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長