• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今度はロケット、イーロン・マスクがまた革新!

スペースXの「ファルコン9」、ついに垂直着陸に成功

2015年12月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「とうとうやりやがった」というほかない。イーロン・マスクCEO率いる宇宙ベンチャーのスペースX社が、12月22日(米東部時間21日)、ケープ・カナヴェラル空軍ステーション(フロリダ州)から打ち上げた「ファルコン9」ロケットで、使用後の第1段の陸上への着陸に初めて成功した。早く言えば、打ち上げに使った第1段をエンジンもろとも、逆噴射で垂直に地上に降ろし、回収したのである。

 米通信会社のオーブコム社の小型通信衛星「オーブコムOG2」11機を搭載しており、こちらも無事予定の軌道への投入に成功した。ファルコン9は、2015年6月28日に打ち上げに失敗しており、今回が再開第1回目だった。

 過去、ファルコン9は洋上プラットフォームへの第1段着陸を目指し、あと一歩のところで失敗していたが、今回は使用後の第1段を逆噴射で打ち上げ地から10kmほど離れた陸上に着地させることを目指し、ついに成功した。

帰還するファルコン9第1段の映像に、スペースXの管制室は歓声に包まれた(SpaceX)

失敗を乗り越えるアグレッシブな姿勢

 失敗後、初めての打ち上げだったにもかかわらず、スペースXは今回非常にアグレッシブな姿勢で臨んだ。まず、第1段と第2段に使用するエンジン「マーリン1D」を“フルスラスト”で、使用した。ここまで同社は安全のためにマーリン1Dの推力をやや絞って使用してきたが、設計定格で使用したわけだ。あわせて第2段のタンクを大型化して搭載推進剤の量も増やした。これにより設計上の打ち上げ能力は従来より30%増加するという。

 さらに、これまでは洋上プラットホームへの着陸を目指した試験だったが、今回は逆噴射により陸上まで第1段を戻して地上に着陸させるという新たな挑戦を行った。この方法では余分な推進剤を消費するので、洋上回収よりも打ち上げ能力が落ちる。今回はエンジン推力を強化したことと、搭載する衛星が軽量だったことから可能になったようだ。

 同社は、2012年9月から試験機「グラスホッパー」を使ったロケットの垂直離着陸試験を開始し、2014年4月には同社の打ち上げロケット「ファルコン9」の第1段に姿勢制御フィンや着陸脚など垂直離着陸機能を付加した「ファルコン9R Dev」の飛行試験へと進んだ。並行して2013年9月からは「ファルコン9」の実際の打ち上げで、分離後の1段の姿勢を制御したりエンジンを再着火したりする試験を開始、2014年4月から、第1段に着陸脚などの垂直着陸のための装備を備えた「ファルコン9R」仕様のロケットを使用し、実際の試験を繰り返してきた(ロケットがまっすぐ降りてくる!? スペースXの実験成功:2014年4月24日参照)。

コメント7

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「今度はロケット、イーロン・マスクがまた革新!」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長