• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台湾総統選“圧勝”蔡英文の「真の敵」

大陸の圧力と誘惑と空の国庫と、いかに戦うか

2016年1月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ちょうど台北にいるので、台湾の総統選について報告しよう。

華人国家において、初の女性総統が登場した。民進党候補の蔡英文が689万4744票を得て、国民党候補・朱立倫381万3365票をダブルスコアで制した。

 300万票という台湾史上最大票差での大勝の背景は、現馬英九国民党政権の失政、ひまわり学運で再燃した「台湾アイデンティティ」の盛り上がり、朱立倫国民党候補のやる気のなさ、そして中国側が本格的な妨害工作をしなかったことなどがある。

 さらに言えば、投票日に問題になった韓国アイドルグループTWICEの台湾出身メンバー、ツゥイこと周子瑜の公開謝罪ビデオ事件が、決定的な追い風となった。ひょっとして韓国の芸能事務所は、ひそかに台湾民進党を応援していたか、と疑うほどの絶妙なタイミングだった。

 立法院(国会)選挙については民進党単独過半数は難しいのではないか、という下馬評だったが蓋をあけてみると、民進党は113議席中、68議席、国民党35議席とあわやこちらもダブルスコアになりそうな勢いで緑(民進党カラー)が圧勝。しかも、ひまわり学運の参加者らが結成した新党「時代力量」が5議席獲得、親中派政党で宋楚瑜総統候補率いる「親民党」の3議席を抑えて、第3党に躍り出た。建党30年足らずの圧倒的多数の与党に、昨年結党したばかりの生まれたて政党の第3党躍進と、台湾国会の様相が大きく変わった。

蔡英文とはどういう人物か

 この民進党を圧勝に導いた蔡英文とはどういう人物なのか。私が彼女の姿を最初に生で見たのは2001年、大陸委員会主任委員(閣僚)時代の記者会見に出席したときだと思う。流暢な英語を話す女性エリート官僚然としたクールな印象を持った。

 1956年8月、台湾屏東県の客家の名家の血筋に生まれる。出生地は台北市中山区だ。祖母はパイワン族の末裔という。彼女の生まれたころは、まだ台湾の大金持ちは一夫多妻(側室)の風習が残り、兄弟姉妹は11人。うち兄の1人は日本国籍を取得し日本で暮らすとか。末っ子の蔡英文は、お嬢様として大事に育てられ、台湾大学法律学部生時代はマイカーで通学していた2人の学生のうち1人だったという。1980年に米国コーネル大学ロースクールで学位を取り、続いて英国ロンドン政治経済学院に留学し、「不平等貿易の実践とセーフガード」をテーマに研究。1984年に博士学位を取り、米国の弁護士資格と中華民国の弁護士資格を取った。

コメント12件コメント/レビュー

なぜ日本政府は、民主国家である台湾との外交をおろそかにして、一党独裁でまったく民主的でない中華人民共和国との外交を優先させるのでしょうか?
また、半島の反日国家と協力するのではなく、台湾との国交を早急に回復し、正当な資本主義国家としての共存を進めていくべきかと追います。

安倍首相がどこまで踏み込んでくれるか、今後を楽しみにしていたいと思います。(2016/01/18 16:54)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「台湾総統選“圧勝”蔡英文の「真の敵」」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なぜ日本政府は、民主国家である台湾との外交をおろそかにして、一党独裁でまったく民主的でない中華人民共和国との外交を優先させるのでしょうか?
また、半島の反日国家と協力するのではなく、台湾との国交を早急に回復し、正当な資本主義国家としての共存を進めていくべきかと追います。

安倍首相がどこまで踏み込んでくれるか、今後を楽しみにしていたいと思います。(2016/01/18 16:54)

蔡英文さんが当初は台湾の儒教的価値観で党内の支持を得られなかったものの最終的には党主席になれたのは、民進党がリベラル政党(イメージカラーも党章も緑)だからでしょう。そこが口先リベラルの日本の民主党との違い。脱原発を党是に掲げLGBTフリーを唱える台湾の民進党の勝利に祝杯を上げている日本人の顔ぶれが、常日頃得意気に保守を自認し、夫婦別姓や女性の社会進出に反対している人達ばかりという現実には苦笑するしかありませんが。(2016/01/18 16:03)

総統選の結果を受け、実質中共の機関紙環球時報は「いつでも台湾と外交関係にある国々を断交させ懲罰を与えることができる」と眉をひそめるような恫喝をしている。物事を単純に見るのは厳に慎むべきだが、この一事を見ても日本が何を選ぶべきかは明らかだ。台湾の民主主義と独立を強く支持する。(2016/01/18 15:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長