• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 中国主導の半島有事が「十分あり得そう」な理由

レビュー

とても参考になった
 

75%

まあ参考になった
 

20%

参考にならなかった
 

3%

ぜひ読むべき
 

73%

読んだほうがよい
 

19%

どちらでもよい
 

6%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

ここ一連の流れを見てると、中国が取れる対北朝鮮への選択肢をアメリカ主導でどんどん摘み取って行き、もはや中国が直に介入してけじめを取らざるをえないか、拒否すればアメリカが北爆を行っても文句を言えない状態にまで追い詰められた形になったと思います。おりしもカール・ビンソン旗艦打撃艦隊が朝鮮半島に到着するのが4月25日前後という情報があり、実際そのようなスケジュールで動いているようですからそこからGW前後にかけて非情に危険な状態になると思います。自分の考えとしては中国は動けない。北爆は決行されると見ています。(2017/04/20 09:15)

 やはり、主席は秋の党大会までは動きたくないのでは?現状続行なら反対派に揚げ足を
取られない。そうなると、

 ソレまで漫然とアメリカは待ってくれるか?と言うことです。
 アメリカは北領内への自身のプレゼンス拡大には興味ないと思います。中国を刺激する
必要もない。休戦協定の米中合意は今だ有効で、あくまでも核と大量破壊兵器及び製造
設備の破却と不拡散が米国の目的です。
 半島における現状はむしろTHAAD問題で見るとおり韓国を舞台に米中の影響力を競ってる
情況です。

 ここで、もし仮に6カ国協議で北の核を公認するなら、日本は
”なら、日本が核武装しても中国は怨むまい な?”くらいのことは言ってほしいですね。

、結局、キタに手を下すのが米国か中国か誰にせよ。
中国の関心はその後の半島全体への中国の影響力拡大と、米国の影響力をいかに削減する
か、であり。 
その成果を見える形で高級党員と全ての人民に提示して、主席の権力と声望に結びつけるか?
でしょう。(2017/04/19 22:58)

>最近では、北朝鮮情勢を一番煽って報道しているのが日本だと思う。

のコメントに反論だ。
北朝鮮がやってる事は、アメリカ等の周辺国に対して、
少しずつ進めることで茹で蛙のように動かないままにさせて最終的に認めさせることだが
リスクが大きくなってから動くのと、多少の痛みを伴ってでも早めに対処するのでは
戦争が起こるまでは、先送りしている事が正しく見えるだけの話。

日本が軍拡して再侵略だとか、戦争法案だとか煽ってる方がよっぽどおかしい。

北朝鮮のミサイルも時がたてばたつほど脅威になっていく。
中国が北朝鮮利用の為に、経済制裁だとかもクリティカルな領域にまでは利いていない。
改善する兆しが全く見えない。
軍事オプション以外にどうやって改善できるというのだ?
窮鼠猫を噛むで、破れかぶれの核ミサイル攻撃が怖くて
経済制裁すらぬるい制裁しか出来なくなるぞ。(2017/04/19 22:51)

鈴置さんの記事と並び福島さんの記事は読み応えがあります。
何処かの誰かの様に「ここだけの(どうでも良い)話」とは随分違います。
一点だけ福島さんの見立てと当方の見解が異なりますので書いておきます。

「中国は北朝鮮が無くなったら困る。」との見解ですが、今までだったらその解釈で間違いありません。
「アメリカや日本も同様に韓国が無くなったら困る。」ことになっていました。
しかし、現状の韓国を見ればお解り頂けると思いますが、事実上中国の属国に成り果てています。
朴槿恵はアメリカの警告を無視してルビコン川を渡り大陸側に流れ着きました。
引き返せるはずの命綱はアメリカが切断しようとしています。
だったら、中国は北朝鮮を潰して韓国を自国の属国にすれば済む話ではありませんか?
こうすればメンドクサイ38度線等と言うものは無くなり半島全部が中国の緩衝帯となりますので中国にとって不都合なものは何もありません。
アメリカの日本にとってはアチソンラインが復活して厄介なことになりますが陸続きの防衛線では無くなりますので安定度は増すと思います。
アメリカは対北朝鮮の為に韓国に軍隊を駐屯させていますが、北朝鮮が無くなれば駐屯の意味も無くなり撤退出来て大幅に経費が浮いてアメリカにもメリットがあります。
歴史的にも半島国家は中国の属国で、その立ち位置が彼の国のニュートラルポジションです。

識者のコメントを頂ければ幸いです。(2017/04/19 16:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長