• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国が渇望する「南シナ海有事」に備えよ

日中外相会談、4時間20分の「先」を読む

2016年5月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

4時間20分に及んだ日中外相会談。駆け引きの先に見えてきたのは、「南シナ海有事」の色濃い影だ(写真=ロイター/アフロ)

 日本の外相・岸田文雄が実に4年ぶりに訪中し中国の外相・王毅と会談した。いよいよ日中関係改善かと期待した向きも多かっただろうが現実はそう甘くない。冒頭、王毅は「もし、日本側が本当に誠意をもってきたならば、中国側は歓迎する」と述べ、「中国の古語に聴其言、観其行(その発言を聞き、行動を見る)と言う言葉がある。今日は外相、あなたがどのような中日関係改善をもっているか、その意見を聞きたい。もちろん、同時に日本が本当に着実にそれを実行するかも見るつもりだ…」と、中国人ですら、何、この上から目線?と驚くほどの高圧的な態度であった。

 しかも以下の四つの改善要求を突きつけた。①歴史を直視、反省し、「一つの中国」を重要な政治基礎とすることを厳守。②中国脅威論や中国経済衰退論をまき散らさない。③経済面で中国を対等に扱い、互恵を基礎に各領域の協力を推進する。④日本は中国に対する対抗心を捨て、地域の平和・安定に尽力せよ。

岸田VS王毅、本命は南シナ海問題

 会食もいれた4時間20分もの会談の中身は報道ベースによると、中国の海洋覇権問題、つまり東シナ海と南シナ海をめぐる両者の応酬であったようだ。産経新聞によれば、岸田は、王毅の反論に対して「立場を述べるだけなら報道官でいい。その上でどうするか考えるのが外相だ」と、かなりキツイことを言ったようだ。中国の外相に何の権限も与えられていないことは当然承知しているだろうに。しかも、王毅は中国の対台湾外交の失策の責を負わされかねない立場にあり、ことさら傲慢な姿勢をテレビ画面で見せつけるのは、彼のきわめて官僚的保身意識の表れだと感じている。

 ちなみに私を含め、私より上の世代の記者にとって王毅は、日本メディアに対しても率直に意見交換をしてくれる「話のわかる官僚」というイメージを持っているだろう。国際会議の場のホテルロビーなどで王毅を見つけて「王毅さーん!」と日本語で呼びかけると、立ち止まって日本語で記者たちの質問に応じてくれることもよくあった。あのころの彼を思いだしながら、今の外相という責任だけ負わされる何の権限もないポジションで、日本に横柄な姿勢を示して、政権への忠誠をアピールするしかない姿を見ると、ちょっと哀れを催す。

 今回の岸田訪中の最大テーマは、喫緊の危機、つまり南シナ海問題ではないかと思う。中国は日本の介入を牽制したい。そのために、岸田を北京に招待したのだろう。その最大のテーマについての話し合いは、報道を見る限り平行線に終わったようだ。それが良かったのか、悪かったのかは最後に述べたい。

コメント19件コメント/レビュー

なんと,この記事は5月.てっきり先週末の記事かと思いました.何も状況は変わっていないというより,じわじわと状況は悪化? 中国の前線拡大が阻止されるまで近平の失脚はあり得ない,という分析結果に見えます.(2016/07/25 12:35)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国が渇望する「南シナ海有事」に備えよ」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんと,この記事は5月.てっきり先週末の記事かと思いました.何も状況は変わっていないというより,じわじわと状況は悪化? 中国の前線拡大が阻止されるまで近平の失脚はあり得ない,という分析結果に見えます.(2016/07/25 12:35)

中国が本気で狙っているのは、南シナ海では無く、東シナ海・・尖閣です。なぜなら、南シナ海は、紛争当事国に中國と対する軍事力を持った国が無いからです。その為、人工島は既に完成し、拠点づくり=南シナ海支配はほぼ完成してしまったからです。後は人工島の軍事化を促進し、その軍事力を背景にして、資源開発をするだけです。取り敢えず、南シナ海を碁盤に見立てた碁石としての人工島の陣地取りは終了したという事です。碁の局面で言えば、中国の勝利だといえます。

そして、東シナ海ですが、ここも碁盤に見立てて、中国は陣地を取るための拠点として、日中中間線沿いに油井を並べています。この局面において、最重要地は尖閣ですが、ここを日本が取られれば、東シナ海の局面は、中国の勝利でほぼ終了でしょう。

ところが、東シナ海は、南シナ海と違って、紛争当事国である日本が有る程度強力です。また、下手をすると、アメリカが出てくる可能性も有ります。だから、今は膠着状態ですが、徐々に中国優勢に持っていかれています。もしも、アメリカの加勢が無いと見れば、一気に勝負に出てくる可能性も有るでしょう。

いずれにしても、今、現実的に最も脅威なのは、南シナ海では無くて、東シナ海・・尖閣です。(2016/06/22 16:22)

既に中韓とは戦争中だ。殆どの戦争は情報戦、経済戦、実際の戦闘へと進んでいくが、今は熾烈な情報戦の渦中にある。

中国は尖閣諸島ばかりか沖縄の領有権も日本には存在しないと国際社会に向けてプロパガンダ中だ。日本国内でも反日左派や外国人勢力と結託し、一部マスコミを取込みながら日本分断工作を実施している。

中国が40年以上前から日本への工作を準備し、現在かなりの成果を上げていることを知るべきだ。彼らの指南書「日本解放第二期工作要綱①②」を一度読むことをお勧めする。

一般国民でも一介のサラリーマンでもできることはある。皆、一人ひとりが出来る範囲で最善を尽くすべきで、最も唾棄すべきは無知、無関心だ。

将来、万一中国と事を構えることで、大インフレが来ようが、GDPが半減しようが、最悪国土が灰燼に帰そうが、日本という国があればいつかは復活できるが、国を失えば永久に復活は望めない。これが冷徹な世界史だ。

ともあれ、既に戦時中である事を皆が認識し、目先の経済的な成功のため脇目も振らず邁進することで、日本人として本懐を失うことのないよう注意を促したい。(2016/05/12 16:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長