• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国は「亜文革」時代に突入した

50年前の「文革」と違うこと、変わらぬこと

2016年5月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

50年前の「文化大革命」と何が違い、何が変わらないのか(写真:Paolo KOCH/RAPHO/アフロ)

 先日の5月16日は文化大革命が開始された、俗に言う5・16通知が政治局会議で可決した日である。この日をもって文化革命小組が改めて組織され、文化大革命という名の大衆を巻き込んだ権力闘争が開始された。ちょうど50年前のことである。

 ところで、この50年前の出来事が、過ぎた歴史事件として笑い飛ばせない状況である。2014年10月に文芸工作座談会が行われて以来、習近平夫人の元軍属歌姫・彭麗媛が芸能界を牛耳るようになると、文化・芸能を通じた政治宣伝が活発化した。

 とくに習近平の個人崇拝的なものが目立ちはじめ、たとえば今年の春節(旧正月)の大晦日に行われた中国版紅白歌合戦と称される「春節聯歓晩会」などは、もとは庶民の年末の娯楽番組に過ぎなかったのに、あからさまな習近平礼賛色番組になってしまった。

 また有名な革命劇「白毛女」が彼女の演出で2015年、3D歌劇として復活上映されると、「紅頭文件(党内部通知文書)」で党幹部たち全員が見るように通達されたりもした。中国の一部知識層の間では2014年秋以降を、プチ文革(亜文革)、彭麗媛の江青(毛沢東夫人、文革を主導した一人)化などとささやかれている。

 なので、5月2日に人民大会堂で行われた「五十六朵花」(56フラワーズ)という純国産少女アイドルグループによる“文革コンサート”も、習近平と彭麗媛の仕掛けるプチ文革現象の一端かと思った。だが、どうやら、もう少し複雑な背景がありそうである。

元軍属歌姫と、56フラワーズと

 このコンサートの演出、選曲はすべて、文革時代を彷彿とさせるようなものだった。紅衛兵が毛沢東を礼賛するように少女たちが右手を掲げて、「社会主義好!」や「共産党が無ければ新中国はない」といった革命楽曲、「大海航行は舵手に任せよ」といった文革楽曲、果てには習近平総書記に捧げる「肉まん屋」「あなたを何とお呼びすればよいのか」といった楽曲を毛沢東のイラストや習近平の映るニュース映像などをバックに映し出した舞台でオーケストラに合わせて合唱し、踊ったのだから。

 このグループ自体は、日本発のAKB48や、AKBをプロデュースした秋元康が手掛けた中国人少女アイドルグループSNH48などに対抗して、文化部傘下の東方文化芸術院宣伝部に属する民間芸能グループとして発足。解放軍芸術学院や中央民族大学付属高校などから16歳~23歳、身長175センチの少女50人以上を集めた世界最大の少女アイドルユニットという。お披露目記者会見のニュースでその姿を初めてみたとき、私もラジオ番組などで話題に取り上げたが、なんともあか抜けず、もっさりした印象を持っている。ちなみにプロデューサーも、入団には顔やスタイル、セクシーさは必要ない、と語っている。

コメント13件コメント/レビュー

「習近平はやはり独裁志向の強い人間」だとすれば、日本としてはまず安心してよかろう。このまま適度に刺激しつつ、決定的対立は招かないようにする。
また南シナ海問題で米中が「適度に」対立することを利用出来る。

逆に現実的で怜悧、リーダーシップを発揮する禁欲的な人物がトップに立った時こそ、日米にとって危機的状況だろう。
かねて尖閣や、誰が見ても無茶な南シナ海に触手をのばしている。特に南シナ海全域領有などと言い出したことが不思議で仕方なかった。
特になにかの高等戦略ではなく、領海に眠る資源と、核ミサイル潜水艦の通常潜伏水域欲しさのためだったらしい。そのことが現在のかの大国を、アジアから孤立させつつある。
また海外における高速鉄道その他の相次ぐ中止、失敗が信頼性を失わせつつある。
日本は今のところ静謐保持が基本戦略だろう。相手が暴走し、自壊するのをじっと待つ。その意味でAIIB不参加は極めて賢明な判断だったと思う。(2016/06/06 07:46)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国は「亜文革」時代に突入した」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「習近平はやはり独裁志向の強い人間」だとすれば、日本としてはまず安心してよかろう。このまま適度に刺激しつつ、決定的対立は招かないようにする。
また南シナ海問題で米中が「適度に」対立することを利用出来る。

逆に現実的で怜悧、リーダーシップを発揮する禁欲的な人物がトップに立った時こそ、日米にとって危機的状況だろう。
かねて尖閣や、誰が見ても無茶な南シナ海に触手をのばしている。特に南シナ海全域領有などと言い出したことが不思議で仕方なかった。
特になにかの高等戦略ではなく、領海に眠る資源と、核ミサイル潜水艦の通常潜伏水域欲しさのためだったらしい。そのことが現在のかの大国を、アジアから孤立させつつある。
また海外における高速鉄道その他の相次ぐ中止、失敗が信頼性を失わせつつある。
日本は今のところ静謐保持が基本戦略だろう。相手が暴走し、自壊するのをじっと待つ。その意味でAIIB不参加は極めて賢明な判断だったと思う。(2016/06/06 07:46)

亜文革・・文革を再現したいのなら、彼らの目的はナンでしょう?
習主席ばかりではない、ライバルだった薄熙来氏も文革イメージで
一般のウケを狙っており、ソコソコの成果を挙げていたこと。ですが。

しかし、外から見ていると果たして支持が得られるのか?「貧困でも平等」をもとめるであろう
無産大衆でも・・ずっと騙し続けるのは難しいと思います。知識階級や中産階級以上になると
主席に利害関係が繋がっても居ない限り。支持するいわれが無い。冷淡に傍観するのがせいぜいでしょう。

いまにおいてすら、
「トラもハエも」じゃなくて、
「トラもハエも・・主席のご親族も。みんな仲良くパナマのお世話になっている中国共産党」

と人民に言われかねません。
私には亜文革で求心力が生じること自体、信じがたいのですが。(2016/05/19 14:38)

日本は毛沢東に最大限の感謝をしなければなりませんん。
50年以上前の大躍進や文革のおかげで、高度経済成長を謳歌できたのですから。

願わくば、習近平が第二次文革を行って
工場を日本に退避させたいのですが。(2016/05/19 12:08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長