• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

G7とオバマ広島訪問、中国「日本猛攻」の意味

安倍式「歴史の乗り越え方」が中国を焦らせる

2016年6月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

歴史を乗り越えようとする日米に、中国は焦りを募らせる(写真:代表撮影/AP/アフロ)

 8年ぶりの日本でのG7に続いて、オバマ米大統領の広島訪問と、先週の日本は国際ニュースが盛りだくさんであった。しかも、いずれも中国が影の主役であったといえる。ただ8年前は、リーマンショック直後に世界から経済の救世主として期待された中国の存在感とは裏腹に、今回はむしろヒール(悪役)であった。中国の反応から、サミットとオバマ広島訪問を見てみたい。

日本が「悪知恵」で対中包囲網

 G7の首脳宣言では中国を名指しこそしなかったが、国家が国際法に基づき力や威圧を用いないこと、平和的な手段による紛争解決を追求することの重要性を再確認し、東シナ海、南シナ海における状況を懸念し、紛争の平和的管理、解決の根本的な重要性を強調した。

 これに対し中国外交部報道官は27日の定例記者会見で、強烈な反発を表明。「今回の日本が主催するG7サミットは、南シナ海問題を煽り、緊張情勢を拡大させ、南シナ海の安定に不利益をもたらした。G7は先進国の経済問題を話し合うプラットフォームと名乗るにふさわしくない。中国側はG7のやり方に対して強烈な不満を示す」と日本を名指しする形で抗議した。

 さらに30日の記者会見では、「中国が南シナ海で展開している活動は完全に主権範囲内のことで、正当合法であることは議論の余地がない。中国は南シナ海の航行・飛行の自由もしっかり維持している。しかし“航行の自由と自由の横行は同じではない”。中国は個別の国家が航行の自由という建前で中国を悪者にすることには断固反対する」と訴え、G7拡大会議でも中国へのけん制を念頭に海洋問題が議論されたことについては、「会議で何を討論しようとも、他国の利益を損なうことはすべきではなく、地域の緊張を刺激すべきでもない」と批判した。

 安倍晋三首相は記者会見上、一言も中国という国名を言わず、南シナ問題については、2014年のアジア安全保障会議上で提出された三原則、つまり①国際法に基づき主張する②力や威圧を用いない③平和的解決を徹底する、を繰り返しただけである。表現上は決して中国を特別挑発するようなものではないのだが、一部中国メディアは「G7は安倍が“夹帯私貨”(ヤミ商品を紛れ込ませることを)している」という言い方で、いかにもホスト国の日本が悪知恵をめぐらして、G7の本来の議題とは関係のない南シナ海の問題を強引に議題のテーブルに乗せて、対中包囲網を形成したのだ、と日本に対する苛立ちを募らせている。

コメント32件コメント/レビュー

福島さんは、もう大陸へは当面の間、脚を踏み入れない方が宜しいでしょうね。
この様な記事を書ける方を(真に友好を考えている人)中共は平気で拘束しそうな情勢ですから…(2016/08/12 12:22)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「G7とオバマ広島訪問、中国「日本猛攻」の意味」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

福島さんは、もう大陸へは当面の間、脚を踏み入れない方が宜しいでしょうね。
この様な記事を書ける方を(真に友好を考えている人)中共は平気で拘束しそうな情勢ですから…(2016/08/12 12:22)

国連常任理事国が国際法や人権問題に挑戦している状況を糾弾することはできないのか。古代の大帝国の復活と過去にこだわる、未来志向でない常任理事国が世界平和に貢献できるのか。国連事務総長は中国に尻尾を振って国連平和の仕事をしていないのではないか。(2016/06/20 17:21)

確かにG7は不要、実はG3で十分ではとも思う。しかし今回、世界の先進各国の元首を、皇祖を祀る伊勢神宮に「参拝」させたことも、ある意味中国を焦らせているのかも知れない。経済はともかくアベ外交がうまく行っているのは、実は中国の「おかげ」てあろう。
ともすれば日本を飛び越え、巨大市場たる中国に接近しようとする。欧米。現在の習政権は見事にそれを「阻止」してくれている。
思えば(実は香港の反共独立派が断行した)尖閣上陸事件が遠因となり、自民政権が復活した。北朝鮮がミサイルを打つたびに自民党支持率が上がる。
南シナ海で騒動がおきるたびに、日米や日亜関係は強化される。そして南シナ海は、中国にとっての「満州」と化しつつある。行きつく先は、中国vs世界なのだろうか。
今回ははG7だったが、ロシアとの関係が改善すればG8に戻るだろう。そのG8主要国からカナダを抜いてオーストリアを加えれば、義和団の乱の連合陸戦隊構成八カ国となる。
百数十年たっても、世界の「主要国」にほぼ変化はない。そして大陸は腐敗した巨大な独裁政権が、人民を圧迫し続けている。(2016/06/06 07:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長