• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 「劉暁波、危篤」の報に“日本無策”の無念

レビュー

とても参考になった
 

89%

まあ参考になった
 

6%

参考にならなかった
 

4%

ぜひ読むべき
 

88%

読んだほうがよい
 

6%

どちらでもよい
 

5%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

>そして忘れていけないのは、中国で今拘束されている12人の日本人「スパイ容疑者」も不当逮捕であり、人権問題であるということ。

テレビ局や新聞が無関心なのが原因(2017/07/26 12:31)

日本政府は何時も中国の人権に関しては及び腰である。
何かをコメントする際も、欧米の出方を見ながらである。
全く情けない。(2017/07/22 10:22)

劉暁波氏が亡くなった。ご冥福を祈りたい。
捏造の国のならず者共が捏造記録とともに闇に葬ろうとしているが、
この状況・背景を記録・記憶に残し、歴史に刻むことがせめてもの弔いになると思う。
誰にどう笑われようとも、福島さんのこの視点・コラムは正論。意見の表明として重要。
基本的人権の尊重、自由・民主主義、法治主義を国の在り様とする日本国が
ご家族の出国に何がしかの貢献をするチャンスはまだある。(2017/07/18 23:17)

「劉暁波、危篤」の報に“日本無策”の無念
というタイトルに筆者の「無念」が伝わってくる。
「日本の品格」として救う手だてを講ずる「誠意」が欲しかったと思う。
劉氏の主張は「非暴力,平和主義」だと聞く。これはどこかの国の最高理念の一つではなかっただろうか。この実現に最大限の努力を惜しまないと宣言したのではなかっただろうか。
ドイツのメルケル氏には理念と気概そして勇気があった。
我々はどうなのだろうか。
”日本無策”だけでは済まされない。”無能”と言い換えるべきとさえ思える。
情けない。
無念だ。(2017/07/17 17:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長