• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ

海警船の領海侵犯の次は「軍艦」か「上陸」か…試される日本

2016年8月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

尖閣沖に中国公船。日本政府が抗議(写真提供:第11管区海上保安本部/AP/アフロ)

 日本の尖閣諸島海域に嵐が迫っている。台風のことではなく、8月5日午後、尖閣諸島領海に2隻の中国海警船と漁船が初めて侵犯してきた事件である。このとき、尖閣諸島の接続水域の中国公船の付近には230隻あまりの中国漁船があった。日本外務省は、この事実を確認し、中国大使館公使に抗議した。これは6月9日の尖閣諸島接続水域に軍艦が侵入して以降、中国が計画的戦略的に東シナ海・尖閣諸島に対してアクションを起こしているということであり、おそらく8月15日の終戦の日を一つのピークに、中国側は本格的に日本の出方を見定めていくつもりではないか。日本側に準備と覚悟はできているのか。

漁船を追う形で中国海警船が領海侵入

 今回の件を簡単に振り返る。

 日本の海上保安庁によると、5日午後12時15分ごろから、中国海警船2隻が相次いで尖閣諸島付近の領海内に侵入した。この2隻はともに機関砲を搭載する武装船である。まず、2隻のうち「海警33115」が12時15分ごろ領海に入り尖閣西北から西側を通り抜けた。続いて午後1時半から再び領海に侵入し、このときは約3時間航行したのち、領海外側の接続水域に抜けていった。続いて「海警2307」が午後3時45分ごろから、領海内を15分航行し接続水域に抜けた。ともに漁船を追う形で侵入したという。

 これら海警船は7月30日ごろから尖閣諸島付近にいた。これは今年に入って21度目の中国海警船の集団来航である。6日午前の段階で、中国海警船6隻が釣魚島の接続海域にいることが確認された。これら船のうち少なくとも3隻は外観から機関砲を搭載しているようだった。一般に中国海警船は3隻で行動することが多く、今回6隻の規模に拡大したのは、中国の挑発がそれだけエスカレートしたということだろう。しかも、周辺海域では230隻以上の漁船が作業をしていた。これほどの漁船が尖閣諸島周辺海域に集結していることも異例の出来事である。今回、領海侵入した海警33115、海警2307と、もう一隻の海警2166は8月3日以来、繰り返し接続水域を航行しているという。

コメント46件コメント/レビュー

かつて中華大陸は沢山の民族と国家が乱立していて、長いこと争いが絶えなかった。
これを無くすために秦の始皇などは中華統一を目指した、という物語は良く聞くのだが、中華大陸より広い範囲を想ったのだろうかという疑問がわく。地球規模で統一できなければ争いは無くならないのは自明のはずだが、当時はそこまで考えられなかったのか。

そして現代の現実。
中華統一を成した筈の民族の末裔は、さらに外に向けて勢力圏を拡大しようとしている。
ただし、現代では米国や背後にはロシア、欧州という強者が控えている中であからさまな侵略行為はできないが、経済的、軍事力的弱者に対しては強引な手も辞さない。その弱者の一つが日本だ。
特に軍事力的には絶望と言っていい。所有兵装の比較で中国を下に見るものはよく見かけるが、殆どの国民が平和ボケしきっている日本に勝ち目など無いだろう。米国の後ろ盾が無かったらとっくに沖縄あたりまで盗られていてもおかしくない。

終戦の日は何もなかったようだが(五輪ばっかりで何かあっても判らなかったかもしれない)、今後も中国は長期的に目的を達するための手を着実に打って来るのだろう。気が付いたら国土が奪われてた、なんてことがないように備えるべきである。(2016/08/23 09:23)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

かつて中華大陸は沢山の民族と国家が乱立していて、長いこと争いが絶えなかった。
これを無くすために秦の始皇などは中華統一を目指した、という物語は良く聞くのだが、中華大陸より広い範囲を想ったのだろうかという疑問がわく。地球規模で統一できなければ争いは無くならないのは自明のはずだが、当時はそこまで考えられなかったのか。

そして現代の現実。
中華統一を成した筈の民族の末裔は、さらに外に向けて勢力圏を拡大しようとしている。
ただし、現代では米国や背後にはロシア、欧州という強者が控えている中であからさまな侵略行為はできないが、経済的、軍事力的弱者に対しては強引な手も辞さない。その弱者の一つが日本だ。
特に軍事力的には絶望と言っていい。所有兵装の比較で中国を下に見るものはよく見かけるが、殆どの国民が平和ボケしきっている日本に勝ち目など無いだろう。米国の後ろ盾が無かったらとっくに沖縄あたりまで盗られていてもおかしくない。

終戦の日は何もなかったようだが(五輪ばっかりで何かあっても判らなかったかもしれない)、今後も中国は長期的に目的を達するための手を着実に打って来るのだろう。気が付いたら国土が奪われてた、なんてことがないように備えるべきである。(2016/08/23 09:23)

「9条は漁船を止めるものではなく、戦争に参加しない為のものだ。ここで9条を持ってくる連中のコメントのあさはかさといったら。」9条が漁船を止められなかったと言うことは軍艦も止められないと言う事。もちろん軍隊の上陸もね。そのまま領土を差し上げるのですか?味をしめたら要求はエスカレートしますよ。中国の奴隷になりたいのですか?チベットや東トルキスタンや内モンゴルで何が起こっているかご存知ですか?ちょうにちやまいにちや東京の各新聞は書きませんけど。このコメントのあさはかさったら。

「過去の戦争は全て自衛に名を借りたもの。」中越戦争で中国は懲罰と言ってました。自衛に名を借りていませんよ。

「自衛のために人を殺す。他人を殺すことでしか自国民を守れないと考えている。」では自国民が今にも殺されようとしている時、自国領が奪われた時にどうすれば良いのかご教示下さい。

「銃は自衛のためのツールではなく、人を殺すための武器。殺傷能力の優秀性をPRしている商品です。」警官も持っていますが、あれは警官本人や国民を守る、つまり自衛のための道具じゃないのですか?

「例え自分の身内が殺されても自身は決して人を殺さない。そうじゃないと殺戮の連鎖はなくならない。」チベット人は抗議の自殺はしますが中国人を殺しません。でもチベットで殺戮は続いています。どうお考えでしょうか?

「法の支配という言葉を理解していないコメントだらけでびっくりした。」法の支配が無い、或いは法の支配を認めない国があることを知らない人がいることにびっくりした。(2016/08/19 21:13)

「当たらなかった」というコメントがありましたが、福島氏の趣旨は「いますぐ尖閣諸島への中国漁船の民兵の上陸があっても不思議ではない危険な状況(注1)である」ということと思います。
米軍も同じ認識を持っているようで、早速グァム島での3機種の爆撃機の配備完了を発表しましたね(8月17日)。従来のB52に加え、その後継機である超音速機のB1と、ステルス機のB2爆撃機です。米軍は日本をサポートするためにいつも迅速に中国の動きに対応している(注2)と思います。
注1:まず漁民兵を台風からの避難とか言って他国の島に上陸させるのは中国の常套手段です。その後”漁民”の保護のために軍隊が出てきます。
注2:2012年9月11日の尖閣諸島国有化後の中国海警局の船による領海侵犯の激増などに対応して、米軍は尖閣諸島まで往復できる性能を持つオスプレイを同年12月6日に沖縄に配備開始しました(まず12機を配備)。(2016/08/19 20:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長