• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本は中国から「アフリカの支持」を奪えるか

中国式「新植民地主義」を「善意の日本」が揺らす

2016年9月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本のアフリカ支援が中国を苛立たせる(写真:AP/アフロ)

 中国では杭州でG20が行われているのだが、残念ながらこの原稿の締め切り前に、そのサミットの中身について知ることはできない。とりあえず、習近平は笑顔で安倍晋三と握手を交わしたそうだ。その一方で、米大統領・オバマにだけレッドカーペットを敷いたタラップを用意しなかったり、大統領側近に空港での移動が警備当局から厳しく制限されて怒声が飛び交うような押し問答があったりした。

 メンツにうるさい中国のことだから、タラップを用意しなかったのは、絶対わざとの嫌がらせだと、思われている。波乱含みの開幕のG20については、サミット後の結果をみて改めて報告するとして、今回はアフリカをめぐる日中のつばぜり合いについて考えてみたい。

「日本は中国・アフリカ関係を挑発」

 とにかく、中国は先のTICAD6(第6回アフリカ開発会議)で日本が2018年までに官民300億ドル規模の対アフリカ投資を表明したことについて、非常に反感というか危機感を持っている。昨年12月にヨハネスブルクで開かれた中国・アフリカ協力フォーラムで中国は3年間で総額約600億ドルの支援を表明したから、それと比べると半分にすぎない少額であるにもかかわらず、その反応の激しさに驚く。

 中国外交部は定例記者会見上で次のように発言した。

 「遺憾なことは、TICADにおいて、日本は自分の意志をアフリカに押し付け、私利私欲を図り、中国・アフリカ関係を挑発しようとしている」

 「日本は会議議題と成果文章に安保理改革と海上安全を盛り込もうと懸命だが、それはアフリカの発展という会議の主題とかけ離れており、アフリカ諸国の代表らの強い不満を引き起こしている。アフリカの国家はTICADの政治化に強く反対しており、アジアの問題をアフリカに持ってくること、日本が自分の意志をアフリカに押し付けることに強く反対している。日本は最終的にアフリカ国家の意見を受け入れざるを得ない。海洋に関する内容、安保理改革問題は前回のTICAD横浜宣言の原則を維持しているのであって、日本の共同通信の報道は客観的な事実を反映していない。これはアフリカ国家を尊重していないことでもある」

コメント21件コメント/レビュー

中国プロパーの文章なのだから、中華民族という(自称の)実体のない概念は少なくとも「」つきで引用する方が良いでしょう。
中国(中国共産党)はむきになって批判するほど、影響が大きい(有効な打撃)になっていることつまり、大声で反論する場合は痛いところを突かれているということを日本人は理解すべきでしょう。(2016/09/13 15:05)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「日本は中国から「アフリカの支持」を奪えるか」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国プロパーの文章なのだから、中華民族という(自称の)実体のない概念は少なくとも「」つきで引用する方が良いでしょう。
中国(中国共産党)はむきになって批判するほど、影響が大きい(有効な打撃)になっていることつまり、大声で反論する場合は痛いところを突かれているということを日本人は理解すべきでしょう。(2016/09/13 15:05)

「アフリカに植民地を持ったことのない善意の日本」と言う表現を見て、「自国の一部を植民地とされ、かつ、自国の領土の大部分を戦場と化した悪意の日本」と言う言葉が、自然に思い浮かんだ。長い歴史の中で、「中華民族」を主導する漢族・習以下が日本にだけは侮蔑されたくないと思い込む心的傾向は、日中関係を眺めるときに常に心しておいた方が良い。第二次大戦の敗戦国日本が国連の常任理事国になることは、「悪意の日本」がかって存在したことをを認めない以上、実現はありえないだろう。援助額の多寡とは関係ない。国交回復後の日本から中国への金銭その他の支援が、悪意を善意に変えることもあり得ないのだから。殴られた人間ならともかく、殴った人間が相手の痛みを理解するのは決して簡単ではないはずだ。(2016/09/08 00:09)

中国のアフリカ投資の原資は日本の対中ODAだったことを思い出してほしい。「善意」「善意」と言って無分別に金をばらまいたツケを今頃になって払う羽目になった。(2016/09/07 20:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授