• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 中国、党大会で異例「北朝鮮問題の重大決定」か

レビュー

とても参考になった
 

88%

まあ参考になった
 

9%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

89%

読んだほうがよい
 

8%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

「個人的には、非核国の日本が、半島の核を管理するのに最適な国だと思うのだが、どうだろう。」

核兵器を持たない日本には、不可能なこと。
日本は、アメリカが北朝鮮の核の後処理をするように、アメリカや世界に発信すべきである。
中露の核管理では、信用できない。(2017/10/17 11:25)

日本が北朝鮮の核を管理するのは反対です。米国が朝鮮半島から手を引いても、中ロが争うのが目に見えています。また、半島を影響下に置いても、ババを他を引いた様な物だと言うことは、日本の歴史が証明しています。日本は、中ロが朝鮮半島でチキンレースをする様、仕向けるのが、国益だと思います。(2017/10/13 22:12)

最後の締め(日本が半島の核を管理)は唐突過ぎて判断できないが、中国、ロシア、アメリカそれぞれの思わくについての内容はいつも通り勉強になります。年々中国の影響力が大きくなってきている中で、日本としてどう対応していくのかを本当に考えなければいけないと思うし、政治の場でも議論してもらわないといけない。

個人的には、当面はアメリカ一辺倒という方針でいいと思うが、長期的には親中路線に転換していくことも選択肢の一つとして検討すべきと考えている。アメリカはしょせん白人キリスト教国家だから、いざとなれば白人国家でもキリスト教国家でもない日本なんてあっさり捨てるでしょう。今後、欧米は永遠に続くと思われる対テロ戦争で疲弊していくことが想定されるし、将来的には世界がイスラム国家、キリスト教国家、その他国家(中国・インド・アセアンなど)の三つ巴の対立になる可能性もあると思います。

仮に本当にそういう将来になった場合は、永遠にアメリカに付いていくのか、中国やインドと協力してイスラム国家、キリスト教国家と対決していくのかを決めなければなりません。ただしギリギリの段階まで立場を明確にしないと、今の韓国のように米中双方から苛められる可能性が高い。そういう意味で(個人的には嫌だけど)日本の国力が高いうちに、親中路線に転換して行くのも一つの方法かと思います。

いずれにせよ、今後米中のどちらが世界の覇権を握るのか、ロシアやインドが台頭するのか、それともイスラム国家やアフリカなど新たな勢力の台頭があるのか・・・などは注視していく必要があるし、政治には正しい判断をしてほしいと思う。(2017/10/13 01:36)

> 迷走している記事だ。中国がこれをやるなら、4月にトランプと約束した時点でやらねばならなかった。

習近平がトランプに「数ヶ月待ってくれ」と頼んだはず。
中国共産党大会など、習近平が権力掌握するために時間が必要だったことは、福島さんも記事に書いておられたように記憶しています。

> 北朝鮮を抑えることができず、トランプの性格も読み違えた中国の戦略は早々に失敗した。今更こんな虫の良いことを聞き入れるほど、トランプは甘くないだろう。

4月のトランプと習近平の会談は、意外に雰囲気がよく(トランプは上機嫌)、北朝鮮問題はかなり深い内容で議論されたという報道があった。(「韓国は歴史的に中国の一部」など)
その会談のことは、さまざまな有力紙の記事でも幾度となく引用されていることからも、米中両国は、その会談の合意内容から逸脱した行動はとっていないのでは。

また、米国も軍事行動を起こすには、それなりの理由が必要だった。
「北朝鮮の核・ミサイル開発 イランに協力疑惑」の情報が出るまでは、各国も軍事行動に支持はできかねていたことは、鈴置氏のコラムに書いてありました。

とにかく、中国共産党大会が終了したら、大きな動きがあるかもしれません。

個人的には、米中の朝鮮半島に関する意見が実際に合致するのかどうかが心配です。

米国の軍事行動=>中国の進軍=>米中戦争勃発

ここまで問題が大きくなることも、中国の近年の行動から十分ありうるようにも思えますが。(2017/10/12 22:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員