• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国第三世代原発「華龍1号」の実力

英国進出で「日本を焦らせた」急成長に差す影

2015年10月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 習近平の初の英国訪問が終わった。英国メディアの辛辣な報道や世論の反応はさておき、習近平政権としては7兆円超え相当の投資に見合う厚遇を受けて、米国や日本を少なからずヤキモキさせるなど十分な外交的成果を得たようだ。

「見えないハードル」越え、英国から受注

 特に、英国が中国自主開発の第三世代原発・華龍1号(HPR1000)の建設に合意したことは、大きな成果だろう。英国では古い原発の廃炉を迎え、2030年までに8基の新炉建設計画が進められている。その計画を受けて、日本の日立製作所(日立GE)は2012年に英国ホライズン・ニュークリアパワーを、競合相手の中国企業を退けて、親会社のドイツ電力会社RWEと同オーエンの2社から買収したことは、記憶に新しい。

 この時、中国政府をバックにした中国国有企業2社、国家核電技術公司(核電技術、SNPTC)と中国広東核電集団(広東核、CGN)がそれぞれ米ウェスチングハウスと仏アレバと組んで入札に挑んだものの退けられたのは、英国政府が中国企業に原発事業を任せることを安全保障上の問題と懸念し、介入したことが理由だと言われている。

 中国では「中国原発企業には見えないハードルがある」と恨みがましく報じていた。だが、その中国の独自原発技術がその後2年あまりのうちにIAEAのお墨付きをもらい、あれよあれよと言う間に英国政府から原発の建設・運用の発注を受けるまでになったのだ。

 一部で、これは原子力技術勢力地図の地殻変動がいよいよ起きるきっかけとなるという観測につながっている。つまり、中国が日本の技術を含む先進国技術を追い越して、世界の原子力技術のリーダーシップをとるようになる、という。では、その中国の第三世代原子炉というのはどれほどすごいのだろうか。今後の中国の原発事業というのはどれほどのものなのだろうか。

コメント13件コメント/レビュー

アメリカ本国ですら地震多発地である西海岸には設置しない、GE社のマーク1炉(ハリケーン対策のため電源が地下にある)を買い、建設工事もアメリカが行った40年前の日本と、イギリスがダブって見える。(2015/11/04 23:19)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国第三世代原発「華龍1号」の実力」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アメリカ本国ですら地震多発地である西海岸には設置しない、GE社のマーク1炉(ハリケーン対策のため電源が地下にある)を買い、建設工事もアメリカが行った40年前の日本と、イギリスがダブって見える。(2015/11/04 23:19)

同じホモサピエンスの造るものに『国籍』で差があると考える事がそもそもおかしい。核分裂という物理法則を御しきれるか否かという本質論に、見て見ぬ振りを何時まで『続けきれる』だろうか。(2015/11/03 23:39)

何処の国のものであれ本当に安全な原発が開発されたのであれば歓迎すべきことだと思う。
しかし原発の安全性は設計、施工、運用、保守のどの過程に瑕疵があっても破綻してしまう危ういものであり、そのことはチェルノブイリ、スリーマイル、福島第一原発などで証明されてしまった。
なるほど設計で先進国を唸らせる原発ができたのかもしれない。何しろ人間を宇宙へ送って生還させた国なのだから。
しかし、施工から長期間に渡る運用、保守となると果たして彼の国をどれだけ信頼できるだろうか??????????????????←疑問符を沢山付けざるを得ない。(2015/11/02 15:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授