• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ中国はジンバブエのクーデターを黙認したか

習近平のメンツ潰したムガベ辞任、「植民地化」の行方は?

2017年11月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ムガベ前大統領と習近平主席、持ちつ持たれつの関係は終わりを迎えた。写真は2014年(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 ジンバブエで軍事クーデターが起こり、37年にわたり政権の座にあった独裁者・ムガベが大統領を辞任。元第一副大統領のムナンガグワが新大統領に就任した。この事件の背後で中国が関与していたのではないか、という憶測がCNNなどで流れた。証拠はあがっていない。クーデター前に国軍司令官が訪中しており、ムガベ排除について、中国の了解をとっていたのではないか、というあくまで憶測である。だが、習近平が24日にムナンガグワにすぐさま祝電を送っているのをみると、ひょっとすると、という気にさせられる。

 ムガベは中国がその独立運動を軍事的に支援して政権の座につけただけに、特に親密な関係を続けてきた。ムガベ自身が毛沢東思想に傾倒し、中国共産党の古き良き友を自任していたはずだ。そのムガベ失脚に対して、ほとんど反応せず、ムナンガグワに祝辞とは。

 習近平は「中国とジンバブエは良き友であり、良きパートナーであり、良き兄弟である。両国関係は時間と国際情勢の移ろいやすさの試練を耐えてきた。中国側はジンバブエとの伝統的友誼を大切なものとみて、両国関係および各領域における協力の継続が前向きに発展し、両国と両国人民がさらに幸福となるよう、ジンバブエとともに一路努力していくことを願う」とムナンガグワに強い友誼関係を約束したのである。

 憶測は憶測でしかないのだが、少なくとも、この政変、中国にとっては好都合、ということではないだろうか。

 では、なぜ中国は親密であったムガベ政権に対してかくも、態度が冷ややかなのか。中国とジンバブエの関係はどうなるのか、ちょっと考えてみようと思う。

「妥当に処理することを望む」

 中国側の公式反応だが、中国外交部報道官は定例記者会見でジンバブエのクーデター発生時に、次のようにコメントした。

 「ジンバブエは友好国であり、我々はジンバブエ情勢がどのように発展していくか注視している。ジンバブエが平和的安定発展を維持することが、ジンバブエ国家の根本利益であり国際社会の普遍的な期待である。我々はジンバブエの関係当局が内政問題を妥当に処理することを望んでいる」

 実にあっさりしたものである。このとき、ある記者は、ジンバブエの元ナンバー2であり、11月6日にムガベから突如副大統領職を解任されたムナンガグワが中国に脱出しているとジンバブエ紙が報道したことについて、真偽を問うて、報道官は「彼は中国に来たことがない」と完全否定していた。実際は、ムナンガグワは南アフリカに亡命していたのだが、中国には疑われるだけの背景があったということだ。

コメント15件コメント/レビュー

このような中国の植民地政策はしっかりと書いて宣伝すべきです。植民地主義を批判する共産国家が堂々と植民地から金を吸い上げている。彼らをしっかりと批判すべきです。日本はこのような国と対峙しなければならないので、しっかりとした首相が必要です。(2017/11/29 18:09)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「なぜ中国はジンバブエのクーデターを黙認したか」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このような中国の植民地政策はしっかりと書いて宣伝すべきです。植民地主義を批判する共産国家が堂々と植民地から金を吸い上げている。彼らをしっかりと批判すべきです。日本はこのような国と対峙しなければならないので、しっかりとした首相が必要です。(2017/11/29 18:09)

来年実施予定といわれる選挙の動向は気にかかるものの、今回のジンバブエの政変劇はグレースの失脚、人民解放軍が育てたともいうべき戦士ムナンガグワが大統領に就任したことで、習近平のシナリオ(企図した)通りといえるではないか。

共産党大会が終わり、習近平は一帯一路の急速な展開に向け、多方面でアクティブに動き始めている。四面楚歌状態のミャンマーのスーチー氏に寄り添い、ジョージア等の中央アジア、ハンガリー、チェコ等の東欧攻略等、実に積極的だがどこか焦りの色もみえる。

任期5年の猶予があるとはいえ、習近平は従前の資金力をバックとしたアグレッシブな外交活動を展開できる時間はそう長くないと見通しているのではないか。その辺りの肌感覚は鋭敏かもしれない。金融危機はいよいよカウントダウンの領域に近づいており、5年を待たずにいずれ現実化するとみているのだろう。

ただ、やはり目下の最大の懸案は北朝鮮だ。今回、特使派遣も何ら成果を得られず、生命線である中朝国境の友誼橋を工事のため一時閉鎖、北京-平壌間の航空便も相当数減便すると報道されているが、習近平はいよいよ本気モードで北朝鮮制裁を実施するかもしれない。

しかし反対に今朝のICBM発射により、北朝鮮は中国全域を核ミサイルで完全にカバーしたことを改めて証明した。今回のICBMは米国主導の制裁に同調し、更に強化する姿勢を見せた習近平に向けた一種の示威行動だった可能性が高いと思う。

もし中朝が本格的に対立するとなれば、遠くない将来の軍事的解決の可能性は高まったと見るべきだ。現に北朝鮮国境には西に人民解放軍、北にはロシア軍が増強されつつあり、米軍の動きを含めて日本人や日本企業は細心の注意が必要だ。

国内でも東北地方日本海沿岸に北朝鮮からの不審船が度々漂着しているが、これらの動きは全て連動しており、事態の緊迫度を物語っている。武装漁民や工作員が作戦に基づいて計画的に上陸している可能性も高い。また在日組織との連携も十分に考えられる。日本人は『既に今は戦時だ』との認識を強く持ち、特に12月以降、国内外の細々とした情報にも注意を払うべきだ。(2017/11/29 15:55)

最後の結論の部分は賛成できない。
要は、中国が、高齢で反抗的な傀儡から、若くて従順な傀儡にすげ変えただけのこと。
より中国の影響力が強まると予想する。(2017/11/29 14:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授