• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人民元「悲願のSDR加入」後のシナリオ

「暴落回避」のための道が、中国を変えるか

2015年12月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いよいよ人民元がIMFのSDR(特別引出権)構成通貨に入ることになった。SDRとは世界の主要通貨が構成する仮想の準備通貨であり、IMF加盟国が経済危機に直面した際、加盟国に配分されたこの準備通貨と引き換えにSDRを構成する通貨を融通してもらうことができる。このSDRの価値を決めるのが通貨バスケットだが、2016年10月から人民元は構成比率において米ドル、ユーロに続いて三番目に通貨バスケットに組み入れられることになった。SDR構成通貨は5年ごとに見直されてきた。2010年の段階では、人民元はSDR入りの二つの条件のうちの一つである「輸出額の大きさ」は十分満たしていたが、もう一つの「通貨が自由に取引できる」という条件は満たしていないと判断され、見送りになっていた。2015年の今回、ようやくその悲願が達成されたわけだ。今なお、人民元が自由に取引できるようになったとは到底言い難い状況であるにも関わらず、SDR入りを果たした人民元。これによって、中国経済、そして世界経済はどのような影響を受けるのだろうか。

 主に、中国のエコノミストたちが、どのように考えているかを中心に、考えてみたい。

覇権通貨への道か、ハゲタカの餌食か

 一般に日本メディアでは、人民元SDR加入後のシナリオは二通りが報じられている。一つは人民元が円を超える国際通貨となり、人民元決済や元建て債権が急速に広がり、不安視されていたAIIBの資金調達も順調となり、人民元は世界に拡大。中国は各国への投資を人民元で行い、人民元経済圏が急速に拡大、中国政府は人民元を刷りまくり、その流通量はドルをもしのぎ、やがて米国のドル基軸に挑戦する覇権通貨となる、という予想。

 もう一つは、人民元の変動為替相場制への移行の圧力となり、中国の金融市場の完全なる自由化時代が到来する。ドルにペッグされ、実際の経済実力に比して元高に誘導されていた人民元は自由化が進むにつれて下落し、人民元資産の流出が加速し、中国経済の空洞化が進む。中国政府は、さらに大量の人民元を刷るだろうが、それがさらに元安を誘発し、人民元の価値は地に落ち、ドル建てや香港建ての債務を抱えている中国企業はいよいよ追い込まれ、欧米ハゲタカ金融に骨の髄までしゃぶられる。

 いずれのシナリオであっても、隣国日本の経済にとっては相当の衝撃がありそうだが、では中国のエコノミストたちは、どのように見ているのだろうか。主なものを要約してみた。

コメント6件コメント/レビュー

 アメリカが人民元をSDR入りさせ、元高へ誘導したいのだと考えていたが、このコラムを見て、そうではない要素も結構あると思った。
 中国共産党はいまだに為替交換や人民元の持ち出しなど制限を設けており、米ドル金利引き上げが行われれば、中国から資本流出も考えられ、それを措置する為の荒業をしてくるはずなので、SDR入り時期尚早と考えている。
 漢民族は自分の都合が変われば、約束は絶対に守らないので、世界中が警戒すべきだ。(2015/12/15 11:33)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「人民元「悲願のSDR加入」後のシナリオ」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 アメリカが人民元をSDR入りさせ、元高へ誘導したいのだと考えていたが、このコラムを見て、そうではない要素も結構あると思った。
 中国共産党はいまだに為替交換や人民元の持ち出しなど制限を設けており、米ドル金利引き上げが行われれば、中国から資本流出も考えられ、それを措置する為の荒業をしてくるはずなので、SDR入り時期尚早と考えている。
 漢民族は自分の都合が変われば、約束は絶対に守らないので、世界中が警戒すべきだ。(2015/12/15 11:33)

実のところ、共産党政府も把握できていない・・というのが本音では?自宅のプールに毒水が流れ込んでいるのは分かったが、どれくらいで、どこから来ているか分からない。でも英国やドイツ、発展途上国はプールに入りたがっている。だから水門を開けて、海水を呼び込んで、誰の責任か分からなくさせようとしている。これが本筋ではないでしょうか?共産党がそこまで強かとは、昨今の動向を見ている限り、考えられないのですよ。(2015/12/09 16:31)

人民元の先「高」リスクについて語られることが少ないのが興味深いです。
>米国が、なぜ人民元のSDR入りを断固拒否しなかったのか
プラザホテルで待っているようにしか見えないのは私だけでしょうか?(2015/12/09 12:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長