• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

テレビ報道者も間違う「震度最大10」の誤解

[熊本地震]報道されないあの事、あの人(1)

2016年4月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月14日の熊本地震から2週間目を迎えようとしている。

 私は、1995年の兵庫県南部地震、2004年の中越地震、そして2011年の東北地方太平洋沖地震と、この20年余、「震度7」の現場を何度も訪ね、巨大地震災害について多くのことを学んできたはずなのに、熊本地震の震度7は信じられない思いだった。

あり得ない「震度8」

 この「震度7」に接して「やはり」と思ったことがある。

 テレビの地震報道番組内で、年季の入ったジャーナリストが「震度7以上の地震が来たら」と口にしたのだ。

 巨大地震を論じる他のテレビ番組内でも、「今後、震度8の地震が来たら」と発言した論者もいた。

 深刻な災害だからこそ、正確な報道が必須なのに「震度」を理解していないのは何ともまずかった。

 震度を表現する数字を「震度階級」と呼ぶが、「震度7が震度階級では最大」であることを知らない人が思いのほか多いのではと前々から心配していたが、報道人ですら理解していなかったとは……。

 私は獨協大学で2つの講義を担当しているが(受講生数は約450人)、学生たちに「震度7が震度階級では最大」であると話したところ、次のような感想が寄せられた。

  • ニュースで震度7と知ったが、震度10ほど大きい地震ではないという誤った認識をしていた。
  • 震度は10が最大だと思っていた。7が最大震度だということに驚いた。
  • 震度7が震度階級で最大だと知り、熊本地震の揺れがいかに大きかったかを再認識した。
  • 震度は10まであると思っていた。
  • 震度は5と6だけに「強」と「弱」があるため実際は10段階だと初めて知った。
  • 震度が10段階でまさか7が最大とは知らず驚いた。
  • 震度の10段階の中に「強」「弱」などの階級があるのは地震への誤った認識を招く危険がある。

 やはり「最大震度が7」であることを知らない学生が圧倒的だった。

 一般の方々の多くも同じ認識ではないかと思う。

コメント51件コメント/レビュー

従来の体感と従来の震度階級からなるべくずれないような、定量的な数値を導入するのは難しいのでしょうか。例えば地面の揺れの振幅の対数のような、要は、個々の場所でのマグニチュードみたいな数字です。

そうすると「最大」を考えなくても良くなります。新しい震度は従来の震度と概ね一致するが、今まで経験のなかったような揺れの場合、震度8もあり得うることになります。

気温だとこういう問題はありませんよね。寒さ暑さを物理量で表すからです。「寒暖階級」を導入しても構いませんが、そうであっても、気温と一対一の関係が付くようにしておけば、最大や最小を考えなくて済みます。(2017/03/21 01:39)

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「テレビ報道者も間違う「震度最大10」の誤解」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

従来の体感と従来の震度階級からなるべくずれないような、定量的な数値を導入するのは難しいのでしょうか。例えば地面の揺れの振幅の対数のような、要は、個々の場所でのマグニチュードみたいな数字です。

そうすると「最大」を考えなくても良くなります。新しい震度は従来の震度と概ね一致するが、今まで経験のなかったような揺れの場合、震度8もあり得うることになります。

気温だとこういう問題はありませんよね。寒さ暑さを物理量で表すからです。「寒暖階級」を導入しても構いませんが、そうであっても、気温と一対一の関係が付くようにしておけば、最大や最小を考えなくて済みます。(2017/03/21 01:39)

おバカなマスコミ対策としては震度10の定義は良いと思います。が、理系にとっては震度7(最大)の記述で十分かと。(2017/03/14 01:59)

現状の表現でたいしてわかりにくくないので、変更しなくていいです。

こういうルールを安易に変更すれば、
日本には山ほど高齢者がいるのに、高齢者に災害対策を説明する難易度が無駄に上がります。
災害対策のパンフレットや実用書は印刷し直すのでしょうか?
無駄な税金がかかります。やめましょう。

現行の表現での問題など、せいぜい、ニュースキャスターが己の不勉強ぶりを全国に晒してしまう程度のこと。
そんなの、ふつうに自己責任です。
さしたる実害がないので放っておきましょう。


震度の表現のルールを変えれば、無駄に災害対策の印刷コストや人件費などが増え、
無駄に増税するか、別の予算を削らなければならなくなりますが、
そんなものより、誰だって、税金が安い方がいいし、少しでも福祉が実質的に充実していた方がいいでしょう。
もう、見かけのどうでもいい部分に金をかけられるほど、今の日本は豊かではありません。
逆に、くだらないことに時間と金をかけられるなら、若年層から搾取するのを、まず、やめましょう。
若年層に金を回せば、もっと、少子高齢化が巻き起こす様々な深刻な社会問題が幅広く劇的に解決するのですから。(2017/03/13 09:47)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長