• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ギリシャがユーロ圏から離脱する4つのシナリオ

欧州金融クライシス(前編)

2015年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

銀行に殺到した年金生活者たち。ギリシャ政府は、年金生活者が現金を引き出せるよう銀行に命じた(写真=AP/アフロ)

 2015年6月30日、23時59分。その後、時計の秒針が文字盤を一回りして、日付が7月1日に変わった。

 この瞬間、2009年末以来続いてきたギリシャ債務危機は、全く新しい局面を迎えた。ギリシャ政府は、6月30日が支払期限だった国際通貨基金(IMF)に対する債務16億ユーロ(約2200億円)を返済できなかった。ギリシャは事実上「支払い不能状態」に陥ったのだ。

 欧州連合(EU)が約5年間にわたり実施してきたギリシャ救済プロジェクトは失敗に終わった。ユーロ圏は「加盟国の脱落」の可能性に初めて直面し、1999年の創設以来最大の危機を迎えている。

欧州の先進国として初の支払い遅延

 ただしギリシャはIMFから、公式に債務不履行(デフォルト)国の烙印を押されたわけではない。格付け会社は、ギリシャが支払期日を守れなくても直ちにデフォルトを宣言することはない、との方針を発表している。

 だがギリシャが楽観することはできない。ギリシャが債務を期日通りに返済しなかったことで、IMFは同国を「債務支払い遅延状態(IMFの専門用語でin arrears)」国に指定する。この時点からIMFはギリシャに対する新規の融資を一切行わなくなる。

コメント10

「熊谷徹のヨーロッパ通信」のバックナンバー

一覧

「ギリシャがユーロ圏から離脱する4つのシナリオ」の著者

熊谷 徹

熊谷 徹(くまがい・とおる)

在独ジャーナリスト

NHKワシントン特派員などを務めた後、90年からドイツを拠点に過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック