• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仏教会騒然のアマゾン「お坊さん便」

現役僧侶6人、覆面座談会で語った本音

2016年2月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「みんれび」が提供するお坊さん便(パンフレットより)

 葬儀の仲介などを手掛けるベンチャー「みんれび」(東京都新宿区)が昨年12月から、「僧侶の手配サービスチケット」をアマゾンで販売し始めた。その名もズバリ「お坊さん便」だ。

 お坊さん便は、寺や僧侶と接点がない都市部の人を主たるターゲットにしている。四十九日や一周忌、三回忌といった法要、墓回向、仏壇の魂抜きなどの際、いとも簡単に「供養が買える」のがメリットだ。決済(価格は3万5000円~、全国一律料金)はクレジットカードでできる。チケットを購入すれば、あとは決められた日時・場所(葬祭会場や墓地など)に手配された僧侶がやってきて、お経を唱えてもらうだけだ。

 お坊さん便自体は2013年から、同社のホームページなどで販売を始めてはいた。だが、アマゾンに出店した昨年末から注文が急増。同社は販売数を「アマゾンとの契約上、非公開」とするが、販売直後の1年間に比べて、2015年は7倍にも膨れ上がったとしている。

 「問い合わせ数もうなぎ登り。2016年は1万2000件を見込んでいる。そのうち多くが受注に至っている」(同社)。

 寺院と檀家との関係性が希薄になりつつある昨今だ。ネットという手段を用いれば、布施の料金に頭を悩ます必要はないし、寺とコミュニケーションを取る必要もない。また葬送においても地域を巻き込んだ大規模な形態から家族葬、直葬といった簡素なものにシフトしている。お坊さん便は、現れるべくして現れたサービスと言える。

 同社は「お寺とつながりをもたない人は多くなる一方。しかし、供養したい心は残っている。そこをしっかりとケアしていくのが我々の役目」とその意義を語る。

ニセ僧侶の見破り方

 だが、心配なのは手配されてくる僧侶の質をどう担保するかだ。極端に言えば、「本物の僧侶」と「偽物の僧侶」をどこで判別するのか。

 宗教年鑑によれば、仏教系の包括宗教法人数は168もある。さらに宗派に属さない単立寺院は2500以上。仏教系新宗教なども含めれば数限りなく、僧侶の“見た目”も様々。僧侶(教師)養成課程はそれぞれの宗派によってまるで異なる。僧侶資格は国家試験ではないため、「まともな伝統仏教の僧侶資格を得たお坊さん」かどうか、判断が難しい。つまり、袈裟を着て、お経が唱えさえすれば、なりすましは可能だ。

コメント17

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「仏教会騒然のアマゾン「お坊さん便」」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授