• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「消費者に価値は正確に分からない」前提に立て

売れない時代に売る秘訣

  • 水野 孝彦

バックナンバー

2017年2月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「最近の若者はモノを買わなくなった」「世の中にはモノがあふれ、消費者が買いたいものがもうない」――。そうした意見を聞くことは少なくない。しかし、実態は異なると記者は考える。総務省の家計調査によれば、一世帯当たりの実収入は2000年に月間56万2000円(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)だったが、2015年には52万5000円まで低下した。つまりこの15年間で月額4万円近くも収入が減っている。

 減っているのは「物欲」ではなく「所得」で、その分だけ国内で商売をすることが難しくなったのは間違いない。2月13日号の日経ビジネス本誌では価格設定をテーマとした特集「凄い値付け」を担当したが、消費者心理を理解した価格設定の重要性が増しているのは確かだ。そして参考になるのが「行動経済学」的な発想だと考える。

人に「本当の値段」は分からない

 行動経済学とは、従来の経済学のように人間を合理的な存在とは考えず、実際の人間の行動を実験などから分析した経済学の一つのジャンルだ。その行動経済学が専門で価格戦略にも詳しい、立命館大学大学院客員教授、ルディー和子氏は「人は物の価値を正確に判定できるわけではない」と指摘する。この視点は重要だと感じる。

立命館大学大学院客員教授のルディー和子氏。行動経済学が専門で「合理的なのに愚かな戦略」(日本実業出版社)など著作多数

 例えば、価格700万円の国産車に本当に700万円分の価値があるかどうかを、材料費や技術開発に要したコストから判断している消費者はいないだろう。ベンツやBMWの様な高級外車と比較して割高か割安かを主観的に判断しているはずだ。

 つまり、直感や比較で物の価値を判断しようとする人間の行動パターンを理解したうえでの値付けが大切になる。例えば、商品の価格は1000円や1万円といった大台を超えないように意識することは値付けの基本の1つ。ある商品の価格が1020円や1030円だった場合、人はこの商品を直感的に1000円より20円高い、30円高い商品だと感じる。逆に価格が980円や970円なら1000円より20円安い、30円安いと感じる。1000円を超えるかどうかだけで価格への印象が全く違ってくる。

コメント2件コメント/レビュー

馬鹿にするとかそういう話でなく、従来の経済学で想定されていた「合理的行動」を行う消費者などというものは存在しませんよ、というお話ですね。
例えば家電を買うときに、価格と質、自宅の環境から想定される耐用年数、電気代、壊れた場合の修理費、メンテナンス費などを総合して選んでいますか?選ぶ、というのが従来の経済学。選ばない、少なくとも選ぶのは多数派ではないというのが行動の方。(2017/02/15 20:52)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

馬鹿にするとかそういう話でなく、従来の経済学で想定されていた「合理的行動」を行う消費者などというものは存在しませんよ、というお話ですね。
例えば家電を買うときに、価格と質、自宅の環境から想定される耐用年数、電気代、壊れた場合の修理費、メンテナンス費などを総合して選んでいますか?選ぶ、というのが従来の経済学。選ばない、少なくとも選ぶのは多数派ではないというのが行動の方。(2017/02/15 20:52)

『消費者に価値は正確に分からない』
うーん。消費者は所詮バカ、というスタンスの題名に見えます。
これでは売る側が、「売れないのは消費者がバカだから」というアナタ任せな結論に達してしまいそれ以上の工夫がなくなるのではないでしょうか。
『消費者に価値を正確に伝えるのは難しい』
または『消費者には正確な価値が伝わりにくい』
じゃないですかね。「だからもっと消費者の立場で物を見てガンバレ」ってことでないと、溝は埋まらないと思いますけど?
そもそも記事の内容が「消費者は絶対価値は判断できないから、相対価値でお得感を出すか、ストーリー性を持たせて気に入らせることが必要」ってことなので、タイトルはちょっと合ってない印象です。

あ、釣り?RMAD(2017/02/15 08:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長